【初心者向け】ホームページ集客!これだけはやっておきたいポイント

デジタルマーケティング ブログ

ホームページを新規に作成する方へ向けて、集客に欠かせないポイントを解説します。

初心者はホームページ作成で挫折してしまうパターンも多いため、ポイントを押さえた運用が大切です。

初心者はホームページ集客で挫折する

新しく店舗を解説して、いざホームページを作成しても、集客ができずに挫折するパターンは多くあります。初心者は集客方法の方法が分からず苦戦するのです。上手くいかない日々が続くと、ホームページの更新頻度が下がり、今までに作ったせっかくのコンテンツが無駄になる可能性もあります。

ホームページ集客のポイントを押さえて、ホームページ運用を楽しみましょう。

ホームページ集客に欠かせないポイント

この章では、初心者でできるホームページ集客のポイントについて解説します。

以下のポイントを押さえることで、新規顧客の獲得につながるでしょう。

SEO対策を徹底する

ホームページを運用する上では、SEO対策が重要です。SEO対策とは、検索エンジンの最適化を図り、サイトへのクリック数が増えるようにWebサイトの構成を作ることです。

SEOコンテンツを作成するためには手間と工夫が必要です。しかし、この対策によってホームページの表示が上位に入れば、無料で集客できます。

扱っている商品・サービスと地域性など、キーワードを組み合わせることで対象顧客を絞れます。

SNSとの連携

自社ホームページとSNSを連携させることで、新規顧客からの発注や、問い合わせ件数の向上を見込めます。

ホームページとSNSを連携させる際は、運用しているSNSからホームページに飛べるように設定しましょう。

企業が運用しているSNSとして代表的なものには、Instagram・Twitter・Facebook・TikTokなどがあります。

また、SNSで広告を出す方法も非常に有効です。広告が表示されるユーザーを詳細設定できるため、自社が求めるターゲットに届きやすい仕組みがあります。

リスティング広告へ参入する

リスティング広告とは、検索エンジン上部に出てくる広告です。ユーザーが自社広告に当てはまるキーワードを検索した際に、「広告」の文字が入った上で表示されます。

リスティング広告も、ターゲットを設定できるため、自社が求める顧客層に届きやすい利点があります。

ただし、費用は有料なため予算や運用期間の設定が必要です。キーワードを広く設定すると広告は表示されやすくなります。ただし、ターゲットへの到達率は下がります。

キーワードを細かく設定するとピンポイントで広告を出せますが、表示回数が減るでしょう。

ホームページ集客力が高いホームページの作成方法

この章では、集客力の高いホームページの作成方法について解説します。

他の媒体からホームページへの流入があったとしても、ホームページ内のコンテンツが不足していれば顧客が離れてしまう可能性もあります。

商品の購入やサービスの契約につながるように、質の高いホームページを作成しましょう。

ターゲットを明確に設定する

集客力の高いホームページを作るためには、ターゲット設定の明確化が重要です。

  • 年齢層
  • 性別
  • 職業
  • どのような悩みを持っているか

など、売り込みたいターゲットを明確にしましょう。あまりにもターゲットを広く設定してしまうと、メッセージや目的が曖昧になってしまい、上手く伝わらないことがあります。

ターゲットを明確にすることで、ホームページ内でどのようなアクションを求めるかが決定します。

  • 商品の購入
  • サービスの契約
  • 問い合わせ
  • 会員登録

など、顧客に取ってもらいたいアクションにつながるようにターゲットを明確に設定しましょう。

サービスや商品に合ったコンテンツを作成する

自社製品の強みを分かりやすくするために、他社との差別化を図ります。

自社サービスにしかない強みが分かるようなコンテンツの作成は、他者との差別点を示すうえで最も重要です。

例えば、ホームページのデザインや文体を工夫したり、自社商品の特徴について表すようなグラフを作成したりします。

もし、自社商品・サービスを利用したユーザーからの意見や感想があれば、それらをデータとして掲載してもよいでしょう。

ホームページ内の使いやすさを重要視する

ユーザーファーストの考え方のもと作られた、扱いやすいホームページであることは、ユーザーの離脱率を下げるために有効な手立てです。

  • 紹介している商品が分かりやすい
  • 操作がしやすい
  • 購入までの導線が示されている
  • PC、スマートフォンどちらからもアクセスできる

など、利用した人にストレスがかからないように作成しましょう。特に、商品の購入や問い合わせページへの誘導が分かりにくい場合、顧客はホームページから離脱してしまいます。

ユーザー目線での利便性を高めることは、コンバージョンを得るための重要な施策です。

こまめに更新する

ホームページは定期的に更新をしましょう。更新頻度が極端に下がると、運用企業が機能していないと捉えられる可能性もあります。

ホームページは、常に最新の情報が掲載されていることが望ましいといえます。毎月の更新やイベント開催の告知など、会社が機能していることをアピールしましょう。

集客方法の選び方

ホームページへの集客方法には、さまざまな方法がありますが、自社サービスを宣伝するために最も適した宣伝方法とは一体何なのでしょうか。

この章では、集客方法の選び方について解説します。

ホームページの内容との相性

ホームページ内のコンテンツとの相性を考慮したうえで、集客方法の選定を行います。

この際考えるべきは、自社が目的としているターゲット層と、集客方法との相性です。

  • ターゲットの世代
  • 性別
  • 日常的に使用しているツール、SNS

これらの要素を念頭に置いて、集客方法を選定することをおすすめします。

例えば、企業に対するサービスや商品は、SNSよりも検索経由での流入が考えられるため、SEO対策・優良コンテンツの作成が必要です。

一方で、個人の買い物や若い世代をターゲットにする場合は、SNSの強化や連携も視野に入れるとよいでしょう。

集客方法を選ぶ際は、おすすめしたい商品と広告との相性を検討して、優先順位を決めます。

運用予算を設定する

ホームページの運用・顧客獲得に対して、予算とゴールを設定します。

初心者の方は、無料の集客方法からスタートすることがおすすめです。初めから有料の広告や運用方法を選択しても、まだターゲットを絞りきれておらず、成果を上げられない可能性があります。

ある程度のデータが蓄積され、ターゲットが明確になったあとに、SEO対策の外注やホームページの改良を行いましょう。

始めるときにゴール・目標を決めておくことで、その目標につなげるためにどのような工夫をすればよいかを話し合えます。

PDCAサイクルを意識する

ホームページへの集客方法の改善は一度しただけで完了ではありません。

計画・実行・点検・改善のPDCAサイクルを意識して運用することで、ターゲット層に最適化されるため、見直しを繰り返すごとにホームページの集客力が改善されます。

一度に全ての欠点を解決しようとせず、少しずつ改善することを意識しましょう。

全ての問題をなくそうと頑張りすぎると、努力が長続きしない可能性があります。毎日少しずつ改善する方法がおすすめです。

まとめ

ホームページを初めて作成した方へ向けて、集客のポイントを解説しました。

集客力を改善させるための方法としては、時間をかけてホームページの構成自体を見直す方法から、SNSとの連携のようにすぐにできる方法までさまざまにあります。

費用こそ掛かりますが、広告を使用する方法や、自社だけで対応ができないと思った場合には、SEO対策やホームページの作成を外注するという手段を選ぶこともおすすめです。

自社のサービスや商品に合った集客方法を選びましょう。

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。

著書:日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」(https://amzn.asia/d/4fMhaK8)

株式会社吉和の森:https://yoshikazunomori.com/

関連記事

カテゴリー

アーカイブ