不動産会社の繁忙期はいつ?成約率アップのためにやるべき対策を解説

ブログ 不動産のデジタルマーケティング

不動産繁忙期

不動産会社の繁忙期は業務量が多く忙しいため、仕事に手が回らなくなりやすいです。しかし、成約率も高くなりやすいため、入居者を確保するために積極的に動かなければいけません。不動産会社は、どのように業務を進めるべきか悩んでいる方もいるでしょう。本記事では、不動産会社の繁忙期にやるべき対策について解説します。

不動産業界の繁忙期はいつ?

動産業界の繁忙期は複数存在します。いつ繁忙期が訪れるのか確認していきましょう。

1番の繁忙期は1〜3月

不動産業界で1番の繁忙期は1〜3月です。1〜3月は就職や進学などで引越しが多く発生します。人の移動が多くなりやすい時期であるため、不動産会社への問い合わせも増加しやすく、忙しくなりやすいです。

不動産会社によっては、問い合わせの数が多すぎて対応しきれない場合もあります。成約するチャンスを逃さないために、11〜12月中に繁忙期に向けた準備をしておくことが重要です。

第2の繁忙期は9〜10月

9〜10月は1年の折り返しのタイミングであるため、人事異動を行う会社が多い傾向にあります。そのため、1〜3月ほどではありませんが、9〜10月も不動産業界は忙しくなりやすいです。

1〜3月よりも進学が理由の引越しは少ないですが、1〜3月とは異なり、進学による引越しは発生しません。サラリーマンの単身での引越しが増加しやすいタイミングであるため、単身向けの物件を多く用意しておくと、成約に繋げやすいでしょう。

12月ごろに忙しくなる場合もある

大学の制度によっては、12月に進学先が決定するケースがあります。そのため、12月中から引越しの準備を始めるケースも増えており、12月ごろに忙しくなる場合も多いです。

12月にも忙しくなることを考えて、早めに準備を行っておきましょう。不動産業界は下半期に忙しくなりやすい傾向にあると考えておきましょう。

繁忙期に不動産会社がやるべきこと

繁忙期にタスクが増えすぎると、お客様の成約を逃してしまう場面が考えられます。繁忙期に成約率を高めるためには、繁忙期にタスクが増えすぎてしまい、お客様に対応しきれず成約に繋げられない不動産会社は少なくありません。繁忙期に利益を高めるためには、以下の点に注力する必要があります。

  • より丁寧な接客を行う
  • 体調管理を徹底する
  • 他店との差別化を図る
  • タスク管理を徹底する
  • 業務の効率化を目指す

それぞれ詳しく確認していきましょう。

より丁寧な接客を行う

忙しいと接客の質が悪くなりやすいです。目の前の業務に追われて、お客様の対応が後回しになってしまう可能性も考えられます。

魅力的な物件を多く取り扱っていたとしても、接客が悪ければお客様は契約したいお客様は成約したいと思ってはくれないでしょう。丁寧な接客は成約に繋げるうえで基礎となる重要なポイントです。

体調管理を徹底する

忙しくなると体調不良にも陥りやすいです。タスクの量が多いと残業をしたり、持ち帰って仕事をしたりして対応をしなければいけない場合もあるかもしれません。

無理して仕事を進めるしかし、無理をして仕事を進めるのではなく、自分だけで処理するのが困難なタスクについては同僚を頼るようにしましょう。体調管理において重要なのは、自身のキャパシティを理解して、それを上回るタスクについては密に相談を行って会社全体で処理をしていくという姿勢です。

他店との差別化を図る

繁忙期に利益を増やすために、他店が魅力的なキャンペーンを打ち出してくる可能性は高いです。他店と同じようなキャンペーンを行うと、取り扱っている物件数や不動産会社の立地(利用しやすさ)などで差別化ができていなければ、お客様が流れてしまうかもしれません。

そのため、他店と比べて自社の強みを見つけるようにしましょう。割引率を他店よりも高くしたり、あえて単身者向けの物件に特化したりすることで、他店と差別化ができ成約に繋げやすくなります。

タスク管理を徹底する

業務量が多くなるとやるべきはずだった仕事が漏れてしまう場合があります。仕事の優先順位がわかりづらくなるケースも多いため、タスク管理を徹底して行うことが重要です。

自分だけでタスク管理を行うのではなく、チーム全体でタスクを共有し、何がどこまで進んでいるのかが一目でわかるような状態にしておきましょう。

業務の効率化を目指す

膨大なタスクをこなすためには、1つ1つの業務を効率良く進めていかなければいけません。やらなければいけない業務がわかっていても、他の業務が終わっていないから手がつけられないという可能性も考えられます。

どうすれば1つ1つの業務を効率良く進めることができるのか、チーム内で一度相談しあっても良いかもしれません。

閑散期に繁忙期の準備を進めておこう

繁忙期に効率良く業務を行い、成約率を高めるためには閑散期に準備を行っておくことが重要です。

  • 多種多様な決済サービスを導入する
  • 新規物件を見つけておく
  • 物件の写真を見直す
  • 自社のホームページを作り直す
  • システムの導入を検討する

それぞれ詳しく解説します。

多種多様な決済サービスを導入する

家賃の支払いが可能な決済サービスは、複数種類導入しておくのが望ましいです。お客様に良いっては銀行引き落としではなく、カード払いで支払いたいと言う方もいます。

お客様は別の不動産会社に流れてしまうかもしれません。そのため、カード払いやキャッシュレス決済などの決済サービスの内容はなるべく充実させておくようにしましょう。

新規物件を見つけておく

新規物件を見つけておくことも重要です。繁忙期になると物件の数が不足してしまい、お客様の希望に沿う物件を提示できないというのはよくあります。

せっかく足を運んでくれたお客様にがっかりされないためにも、なるべく多くの魅力的な物件を閑散期のうちに見つけておきましょう。

物件の写真を見直す

お客様が内見を行う物件を決める際に、ポイントとなるのが物件の写真です。物件の写真が魅力的であれば、お客様は一度足を運んでみたいと思ってくれます。

逆に写真が悪ければ、どれだけ魅力的な物件でも足を運んでもらいづらいでしょう。そのため、物件の写真をより魅力的に撮り直すのは重要です。

自社のホームページを作り直す

お客様は利用する不動産会社を決める際に、ホームページの情報を参考にすることが多いです。ホームページ内で取り扱っている物件の数を多く記載していれば、魅力的な物件が見つかる可能性が高いと考えてもらえるでしょう。

過去の取引実績を公開するのもおすすめです。お客様が利用したいと思えるような情報をホームページに記載しましょう。

システムの導入を検討する

不動産会社の業務をサポートしてくれるシステムは数多く存在します。電子契約や図面や契約書、帳簿類の出力といった業務を楽に行えるシステムやブログの執筆を代行してくれるシステムなど内容は様々です。

例えば「いえらぶCLOUD」であれば、物件情報の取り込みや図面や契約書などの出力が簡単に行えるようになります。このようなシステムを有効に活用すれば、今まで以上に効率良く業務を行えるようになるでしょう。

不動産業界で集客に悩んだら『吉和の森』に相談

不動産会社の集客がうまくいかないと悩んでいる方は、ぜひ東京都港区にある「株式会社吉和(よしかず)の森」に相談してみてください。

集客に関する相談はもちろん、ITコンサルティングやインターネットメディアの運営も対応しています。不動産会社の集客率を高めるためには、WEB施策に力を入れることが欠かせません。

どのように取り組めば良いかわからない方も多いでしょう。ぜひ、「株式会社吉和(よしかず)の森」に相談し、不動産会社のWEB施策に取り組んでみてください。

公式HPはこちら

不動産業界は繁忙期こそ積極的に営業を行おう!

今回は、不動産業界の繁忙期について解説しました。不動産業界で利益増加のため、繁忙期に積極的に活動することが重要です。そのためには、閑散期から繁忙期に向けての準備を進めておきましょう。繁忙期をうまく活用し、自社の利益の向上を目指してみてください。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。

著書:日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」(https://amzn.asia/d/4fMhaK8)

株式会社吉和の森:https://yoshikazunomori.com/

関連記事

カテゴリー

アーカイブ