デジタルマーケティングにおすすめ!東京の会社17選

デジタルマーケティング ブログ

デジタルマーケティングとは、数あるマーケティング戦略の中でも、特にインターネットやIT技術を介して行う戦略のことです。デジタルマーケティングは自社ですることもできますが、デジタルマーケティングの会社に依頼することでより効率的に実施できます。

そこで今回は、東京でデジタルマーケティングの会社を探している企業のマーケティング担当者や、経営者に向けた情報を提供します。

自社の目的に合った会社を見つけたい方や、デジタルマーケティングについて考え方を整理したい方は、ぜひ参考にしてください。

目次

デジタルマーケティングとは?

デジタルマーケティングとは、デジタル機器を通した販売戦略を実施すること、およびデジタル技術を活用して分析して戦略を立案することです。

近年はスマホが普及し市場が拡大しており、デジタルマーケティングは重要度を増しています。

デジタルマーケティングには、チャットを含むWebマーケティングやSNS、SEOデジタルサイネージを含む広告などがあります。それぞれで特徴が異なるため、デジタルマーケティングを行う目的に合ったメディアを選ばなければなりません。

なぜ東京にデジタルマーケティング会社が多いのか

近年デジタルマーケティングが重要視されており、デジタルマーケティング会社は増加しています。その中でも、特に東京はデジタルマーケティング会社が多い地域です。

東京にデジタルマーケティング会社が多い理由は、主に以下の通りです。

・日本の政治と経済(ビジネス)の中心都市だから
・メディアが多く集まり、全国や世界に向けて発信をしているメディアが多いから
・設備・システムが整っているから

一方で、インターネット・ITの普及は、地方でも東京と同じような情報をもとにデジタルマーケティングを行うことを可能にしています。

今後は、地方のデジタルマーケティング会社が増える可能性は十分にあります。

東京のデジタルマーケティング会社を選ぶポイント

東京はメディアが集中しており、最新の情報が集まっていることから、東京にあるデジタルマーケティング会社を選ぶメリットは大きいといえます。

東京のデジタルマーケティング会社を選ぶ際によい会社を見つけるポイントは、以下の通りです。

・自社に近い業界の事例があるか
・費用が適正か
・コミュニケーションが取りやすいか

以下では、それぞれのポイントについて詳しく解説します。

自社に近い業界・目的で実績があること

まずは、自社と同じ業界におけるマーケティングの実績や自社のマーケティング目的や手段・媒体の経験があるかを確認しましょう。

マーケティング会社はそれぞれ得意分野が異なるため、マーケティング会社の得意としていることが、自社の目的に合っているかで選択することが重要です。

費用が適正に感じられること

同じような依頼でも、デジタルマーケティング会社が提示する見積もり費用はさまざまです。費用が適正に感じられるかどうかも、確認すべきポイントです。

見積もりがあいまいだったり、ざっくりしていたり、実施内容に比べて価格が高いと感じたりする場合は、その会社への依頼は避けるべきだといえます。費用面に不明な点があった場合は質問して、信頼できる回答を受けて適正と判断できた場合のみ依頼しましょう。

見積が曖昧だったりざっくりしていたりすると、実際の作業後に見積額より遥かに高い費用を請求されるような危険性があるためご注意ください。

コミュニケーションが取りやすいこと

デジタルマーケティング会社選びには、コミュニケーションが取りやすいことも大切です。

以下のような特徴がある会社は、コミュニケーションが取りにくいと考えられるため、避けたほうがよいでしょう。

・レスポンスが遅い
・回答に具体性がない
・意欲的でない
・説明が簡潔でない

提案・考え方・方向性が納得できたり、長期的な付き合いができそうな関係であると感じられる会社を選びましょう。

東京のデジタルマーケティング会社 おすすめ17選(分野別)

デジタルマーケティングと一言で言っても、複数の種類があります。そこで今回は、東京のおすすめのデジタルマーケティング会社について、Webマーケティング・SNS・SEO・広告それぞれの分野に分けてご紹介します。

総合的におすすめのデジタルマーケティング会社3選

まずは、総合的におすすめのデジタルマーケティング会社です。初めてデジタルマーケティングを施策する場合など、デジタルマーケティングについての知識が少ない場合やどのデジタルマーケティングがよいかわからない場合は、これからご紹介する会社をおすすめします。

株式会社電通デジタル

株式会社電通デジタルは、2016年にネクステッジ電通と電通イーマケティングワンが統合されて設立された国内最大規模の総合デジタルファームです。

デジタルマーケティングの全ての領域に対応しており、コンサルティングから開発・実装、運用・実行のサービスを提供しています。その規模からあらゆるトランスフォーメーションを実現できるため、初めてデジタルマーケティングをする場合には、特におすすめです。

会社概要本社:汐留オフィス〒105-7077 東京都港区東新橋1-8-1
設立:2016年7月1日資本金:4億4250万円
主な実績オフィス家具メーカーのオカムラでECサイト開設支援。オープン初日で売り上げ1,000万円超え など
費用80万円〜

Webサイト https://www.dentsudigital.co.jp/

株式会社マクロミル

株式会社マクロミルは、2000年に創業された年間35,000件、取引社数4,000社を超える豊富な実績とノウハウが強みのマーケティング会社です。

多様な実績から培った高品質でスピーディな市場調査を特徴としており、リサーチ・分析を得意としています。オンラインリサーチやデジタル&データマーケティング、海外調査、オフラインリサーチ、マーケティングプロモーション、データ活用コンサルに関する支援の依頼におすすめです。

会社概要本社〒108-0075 東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー 11F
設立:2000年1月31日資本金:1,090百万円
主な実績セイコーエプソン株式会社(5カ国でのグローバルセグメンテーション)、ヤマハ株式会社(海外市場4カ国同時のペルソナ作成)など
費用180,000円〜

Webサイト https://www.macromill.com/

株式会社吉和の森

株式会社吉和の森は、2019年に設立されたWeb集客を中心とする広告運用代行会社です。

デジタルマーケティング業務の代行はもちろん、企業向けWebサイトの制作・ITコンサルティングにも対応しています。

特筆すべき業務として、不動産クラウドファンディングの集客があります。不動産クラウドファンディングとは、不特定多数の投資家から資金を調達して不動産投資を行い、得た利益を分配する仕組みのことです。

吉和の森は不動産クラウドファンディングの創成期からの経験と実績があり、不動産運用に関するアドバイスも可能です。

会社概要本社〒105‐0013 東京都港区浜松町2-2-15 浜松町ダイヤビル2F
設立:2019年11月6日
資本金:1百万円
主な実績不動産投資クラウドファンディングの集客で3か月で5万人の会員を集客 など
費用400,000円〜

Webサイト https://yoshikazunomori.com/

Webマーケティングに強い東京の会社3選

インターネットが普及して多くの人が日常的に利用している今日、Webマーケティングは特に重要視されています。ここからは、Webマーケティングに強い東京のデジタルマーケティング会社を3社ご紹介します。

株式会社アイ・エム・ジェイ

株式会社アイ・エム・ジェイは「生活者に共感を生むコンテンツ制作」をテーマに、1996年に創設された会社です。アクセンチュアグループの総合力を活かし、Webコンテンツ制作のサポートをしています。具体的なサポート内容は以下の通りです。

・コンサル&クリエイティブ
・データ分析&最新テクノロジー
・最新のDXソリューション
・データ分析・パーソナライズ

会社概要本社:〒108-0073 東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル 9F
設立:1996年7月4日資本金:43億1,046万円
主な実績日本コカ・コーラ株式会社、ファイザー株式会社 など
費用不明

Webサイト https://www.imjp.co.jp/

株式会社イノーバ

株式会社イノーバは、コンテンツマーケティング・マーケティングオートメーション・インサイドセールスの企画・運用までをまとめて依頼できる会社です。「イノーバ」はイノベーションという意味で付けた社名で、自社を実験台にして、革新的なマーケティングを実施したいという意味でつけられています。

500社以上の実績があり、中にはPV前月比120%、問い合わせ数25%増加というものもあり、支援による確かな効果を提供しています。

会社概要所在地〒162-0826東京都新宿区市谷船河原町9-1 NBC アネックス市谷ビル7階
設立:2011年6月28日資本金:1億円
主な実績コニカミノルタジャパン株式会社、株式会社タイトー など
費用1記事6.5万円〜

Webサイト https://innova-jp.com/

株式会社LIG

株式会社LIGは、自社のオウンドメディアで培ったノウハウをもとにコンテンツマーケティングの支援をしている会社です。特徴として、DX支援や世界中のエンジニアと連携しています。共感・共鳴・共創をテーマに、以下を支援しています。

・システム・アプリ開発
・Webサイト制作
・マーケティング支援
・コンサル
・デジタル教育(デジハリ運営)

会社概要所在地:〒111-0056 東京都台東区小島2-20-11
設立:2007年6月資本金:1千万円
主な実績株式会社タイトー、エムトラスト株式会社 など
費用80万円〜

Webサイト https://liginc.co.jp/

SNSに強い東京のデジタルマーケティング会社3選

現在、SNSは多くの人が利用しています。そのユーザー数や拡散力から、SNSマーケティングを適切に行うことで多くの集客が見込めます。そんなSNSマーケティングに強い会社3選をご紹介します。

株式会社スパイスボックス

株式会社スパイスボックスは博報堂グループの1つで、SNSに強いデジタルマーケティング会社です。ソーシャル起点でブランドリフトを起こす独自サービスが特徴で、デジタルマーケティング・ワンストップ支援をしています。

博報堂グループの総合的なマーケティング知見を活かし、戦略の提案もしてくれます。戦略から依頼したい場合に特におすすめです。

会社概要所在地東京都港区六本木 1丁目4-5 アークヒルズ サウスタワー16階 WeWork内
設立:2003年12月15日資本金:2億7143万円
主な実績カンロ株式会社、株式会社トンボ鉛筆 など
費用初期費用80万円、月額5.8円(税別)〜

Webサイト https://www.spicebox.co.jp/

ソーシャルワイヤー株式会社

ソーシャルワイヤー株式会社は「全ての魅力にスポットが当たる社会へ」をビジョンに、以下のサービスを提供している会社です。

・インフルエンサーPR
・クリッピング
・ニュースリリース配信
・取引先リスクチェック
・クラウド翻訳

特に、SNSが普及した今日はインフルエンサーによるPRが重要視されています。インフルエンサーPRに興味がある場合にもおすすめです。

会社概要本社東京都港区新橋1-1-13 アーバンネット内幸町ビル3階
設立:2006年9月6日資本金:354百万円
主な実績Find Model など
費用59,800円〜

Webサイト https://www.socialwire.net/

株式会社グローバルリンクジャパン

株式会社グローバルリンクジャパンは、SNSの効果向上をサポートしている会社です。

SNS運用代行を始め、SNSインバウンド対応サービス、SNSマーケティング&コンサル、インフルエンサーキャスティングなどの事業を展開しています。英語などの外国語にも対応しており、海外に向けて発信したい場合にもおすすめです。

会社概要本社〒103-0027 東京都中央区日本橋1-13-1 日鉄日本橋ビル3階
設立:2002年3月29日資本金:1千1万円
主な実績東芝、Panasonic など
費用月額39,800円〜

Webサイト https://www.globallinkjapan.com/

SEOに強い東京のデジタルマーケティング会社5選

検索時に上位表示されれば、より多くのユーザーの目に留まりやすくなります。上記検索のためにはSEO対策が欠かせません。そこでここからは、SEOに強い東京のデジタルマーケティング会社を3社に厳選してご紹介します。

ナイル株式会社

ナイル株式会社は、独自のSEOノウハウを強みにしている会社です。

Googleガイドラインに準拠した丁寧なコンテンツ作りが魅力で、Googleでのコンテンツ依頼をしたい場合に適しています。主な事業内容は以下の通りです。

・ホリゾンタルDX事業
・DX&マーケティング(SEOコンサルティング含む)
・メディア&ソリューション
・自動車産業DX事業

会社概要所在地141-0022 東京都品川区東五反田1-24-2 JRE東五反田一丁目ビル7F
設立:2007年1月15日資本金:3,632,826,805円
主な実績ヤフー株式会社、株式会社アドウェイズ など
費用不明

Webサイト https://nyle.co.jp/

株式会社ウィルゲート

株式会社ウィルゲートは2006年に創設され、「ベンチャーの可能性を広げ、あらゆる挑戦を支援する」をコンセプトにデジタルマーケティングを総合的に支援している会社です。主な事業内容は以下の通りで、対応範囲の広さから目的に合った支援をしてもらえます。

・Web、SEOコンサル
・SEOツール
・コンテンツ制作ツール
・メディア運営
・M&A

会社概要所在地〒107-0062 東京都港区南青山3-8-38 クローバー南青山3F
設立:2006年6月20日
資本金:6,000万円
主な実績春うららかな書房様:SEOツール提供と内製化支援により、Web経由の売上2倍、セッション数0件から50,000件以上になった。 他
費用月額20万円〜

Webサイト https://www.willgate.co.jp/

サクラサクマーケティング株式会社

サクラサクマーケティング株式会社は、広告に頼らないSEO・コンテンツマーケティングが強みのデジタルマーケティング会社です。

サクラサク流 SEOコンサルティングサービスが特徴で、コンテンツの設計から執筆まで一貫して行なっています。プロコンサル集団による支援によるCROコンサルティング、記事作成チームによる顧客視点のサポートなどが受けられます。

会社概要本社〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目1番9号 YAZAWAビル3階
設立:2005年8月8日資本金:1千万円
主な実績株式会社アイスタイル、株式会社ヤマダ電機 など
費用月額20,000円〜

Webサイト https://www.sakurasaku-marketing.co.jp/

アユダンテ株式会社

アユダンテ株式会社は、SEOと運用型広告を組み合わせたデジタルマーケティングサービスを提供している会社です。

Googleアナリティクス導入・設定・データ活用支援や、Googleアナリティクス360サポート&コンサルティングなどをメインとしていますが、Google検索だけではなくAmazonや YouTubeなどのSEO対策にも対応しています。

会社概要所在地〒102-0083 東京都千代田区麹町2丁目2−4 麹町セントラルビル 6階
設立:2006年2月28日資本金:1千百万円
主な実績株式会社パソナ、株式会社ベネッセMCM など
費用300万円〜

Webサイト https://ayudante.jp/

株式会社CINC

株式会社CINCは、自然言語処理技術や人工知能を用いたSaaSプロダクトの開発・提供とビッグデータをもとにしたコンサルティングサービスを提供している会社です。

SEO・コンテンツ制作を支援する分析ツール「Keywordmap」を提供しております。コンテンツSEOの制作と実行を支援するだけでなく、広告の調査や分析も行えるマーケティングツールです。

会社概要所在地〒105-0001 東京都港区虎ノ門1丁目21-19 東急虎ノ門ビル6階
設立:2014年4月資本金:941,195,324円(資本準備金等含む)
主な実績オークラ東京、株式会社リジョブ など
費用不明

Webサイト https://keywordmap.jp/?utm_campaign=km_lp&utm_source=yoshikazunomori&utm_medium=yoshikazunomori&utm_content=analyticsseo

総合的なデジタル広告に強い東京のデジタルマーケティング会社3選

広告はターゲットを適切に絞って配信することで、潜在顧客の獲得にもつながるなど有効なマーケティングの1つです。そこでここからは、デジタルサイネージを含む広告に強い会社を3社ご紹介します。

株式会社アイレップ

株式会社アイレップは博報堂DYグループの一社で、データ主導型のマーケティングを得意とする会社です。関連会社には、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社があります。

収集した膨大なデータを基に、以下の支援をしてくれます。

・コンサル
・リサーチ&アナリティクス
・コミュニケーション・プランニング
・PDCAマネジメント
・データ&システム基盤整備

Google広告有資格者の在籍数が国内トップクラスであり、安心して任せやすいでしょう。

会社概要〒150-6021 東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号  恵比寿ガーデンプレイスタワー21F
設立:1997年11月資本金:5億5,064万円
主な実績ECサイトにおけるGoogleアナティリクス、Googleタグマネージャーを使用したYouTube始動計画 など
費用月額約20〜50万円

Webサイト https://www.irep.co.jp/

株式会社D2C

株式会社D2CはD2Cグループの一社で、NTTドコモ・電通・NTTアドの共同出資によって創設された世界初の本格的なモバイル広告会社です。特徴として、日本三代キャリアの一つであるドコモのビッグデータを活用しており、膨大なデータを活かした広告運用のサポートをしています。

ドコモ広告・オウンドメディア広告・インターネット広告を3つの柱としており、セールスプロモーション・ソーシャル&PRがメインです。

会社概要本社〒105-7313 東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング
設立:2000年6月1日資本金:34億8000万円
主な実績明治R-1 悩める受験生の親の会(ソーシャル・PR)、SXSW Ambient Weaving WovenGlow(ライブ・イベント演出) など
費用60〜180万円

Webサイト https://www.d2c.co.jp/

株式会社サイバーエージェント

株式会社サイバーエージェントはメディア事業に広告事業、ゲーム事業、DX推進、AI技術研究事業など、幅広く事業展開している日本を代表するインターネット企業の1つです。

具体的には、以下の事業を展開しています。

・主力事業:ABEMAの運営
・AD事業:インターネット広告
・ゲーム事業:スマートフォン向けゲームの提供
・スタートアップ運営
・AI共同研究
・DX支援

幅広い事業展開によって培ったノウハウを活かし、幅広いユーザー層に的確にアプローチするための支援をしてくれます。

会社概要〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町40番1号 Abema Towers
設立:1998年3月18日資本金:7,239百万円
主な実績Abema、タップル など
費用月額500万円〜

Webサイト https://www.cyberagent.co.jp/

デジタルマーケティングを専門家に依頼するメリット

デジタルマーケティングは自社で行うこともできますが、専門家に依頼することで以下のメリットが得られます。

・仕事が早い
・客観的な視点で施策を検討できる

特に、自社に人的資源が乏しい場合は専門家に依頼することで効率的に効果を得やすくなるでしょう。

作業の効率化や社員の負担軽減ができたり、効果を得やすいことがデジタルマーケティングを専門家に依頼するメリットです。

デジタルマーケティングの実施内容

デジタルマーケティングでは、企業の現状分析から戦略立案・効果測定までを一貫して実施します。ここからは、それぞれの内容について詳しく解説します。

現状分析

まずは、自社の現状を分析します。現状を分析し、マーケティングにおける自社の課題を洗い出すことで、適切なデジタルマーケティングの実施が可能になります。

現状分析と課題の洗い出しでは、ターゲット設定に問題ないかどうかや媒体の活用が妥当かどうか、WebサイトのUI/UXの課題などを洗い出しましょう。

戦略の立案と実施

現状を分析して自社の課題が明確になったら、次にその課題とデジタルマーケティングの目的から具体的にターゲットを設定します。デジタルマーケティングの媒体は多数あり、ターゲットを明確化することで最適な媒体の選択が可能です。

また、このタイミングで媒体別の適切な施策をします。オンライン・オフラインの連携など、媒体の特徴やターゲットに適したデジタルマーケティングを施策しましょう。

効果の測定と分析

デジタルマーケティングは施策して実行したら終わりというわけではなく、長期的に効果を得るためには効果の測定と分析が必要不可欠です。

戦略立案時に、数値目標および定性的な目標を設定しておきましょう。一定期間運用後に、あらかじめ設定しておいた目標への達成度合いを確認します。その結果と問題点をフィードバックし、必要に応じて新たな戦略の立案をします。

このように、効果の測定と分析を繰り返していくことで、デジタルマーケティングでの効果を得られるのです。

東京のデジタルマーケティング会社まとめ

東京にはさまざまな分野のマーケティング会社があります。逆に、分野に特化した専門的な会社も多いのが東京のデジタルマーケティング会社の特徴です。

自社の業界やマーケティングの目的を踏まえて、自社に合った会社を選ぶことが大切です。いくつかの会社をピックアップし、コンタクトをとってコミュニケーションしながら、最終的に自社に最も合う会社を見つけましょう。

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。

著書:日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」(https://amzn.asia/d/4fMhaK8)

株式会社吉和の森:https://yoshikazunomori.com/

関連記事

カテゴリー

アーカイブ