【業界別】SNS集客で使えるテクニック9選 X(元twitter)編

デジタルマーケティング ブログ

近年では、非常に多くの方がSNSを利用しているため、上手く活用すれば自社店舗への集客ツールとして大きな効果が得られます。しかし、ノウハウがない状態でSNSを運用しても集客が上手くいかず、どのようにすれば効果的な集客ができるのかを知りたいという方もいるのではないでしょうか。

本記事では、不動産・美容・ECサイトという3種類に分けて、X(元Twitter)を使ったSNS集客のコツについて解説します。

X(元Twitter)がSNS集客向きな3つのポイント

XがSNS集客向きのプラットフォームだとされる理由は、以下の通りです。

  • 顧客のターゲティングがしやすい
  • 無料で扱え、拡散力に優れている
  • 店舗のブランディングができる

ここでは、これらのポイントについて、詳しく解説します。

顧客のターゲッティングが行いやすい

Xのユーザーは、アカウント同士が趣味や仕事などの属性でつながっているため、顧客のターゲティングをしやすいことが特徴です。1人のユーザーに拡散してもらえれば、趣味の似たほかのユーザーに対してもアプローチができることは、大きなメリットだといえるでしょう。

Xは、自分の属性をはっきりと提示して活動しているユーザーが多いSNSです。

広告運用や検索をするときも、ユーザーの属性を絞って集客できます。

無料だが拡散力に優れている

Xには有料プランもありますが、基本的な機能は全て無料で利用できます。そのため、登録者数が4500万人と非常に多く、上手く拡散してもらえたときの広告力は非常に高いといえるでしょう。

Xの基本機能、リポストを使えば、ユーザーは簡単に情報を拡散できます。前述の通り、Xでは同じあるいは似た趣味の人同士がつながりやすいため、一度拡散された情報が、その先で他の方に再度拡散されるという可能性もあります。

このような点から、Xは非常に拡散力に優れたプラットフォームだといえます。

店舗のブランディングが可能

Xは、他のSNSよりも店舗のブランディングが得意なプラットフォームです。

顧客との距離が近いため、商品やサービスに関するアピールはもちろん、店舗そのもののブランディングにも向いているといえるでしょう。

例えば、広報担当や店舗のイメージキャラクターを設定すれば、顧客との交流を通じて、キャラクターや店舗について印象を強く与えられます。

不動産店舗がX(元Twitter)でSNS集客をするコツ

不動産会社の投稿を見る層は、引っ越し先を考えている人や不動産投資に興味がある人がほとんどでしょう。そのため、地域に関する情報のように、有益なものを投稿することが重要です。

ここでは、不動産会社がXでSNS集客をするためのコツについて解説します。

情報は有益なもの優先で

不動産店舗がXでSNS集客をするコツは、読者にとって有益な情報を優先して発信することです。有益な情報を発信することで、ユーザーがリツイートし拡散されやすくなるためです。拡散されることで、自社の存在を認識してもらいやすいといえます。

特に、ユーザーが不動産店舗に期待していることは、よい関係が築けるかという点です。そのため、有益な情報を提供している会社は、信用してもらいやすいといえるでしょう。

個人アカウントの活用

企業アカウントとして、企業を前面に押し出した運用をすると、元々その企業のファンだった人にファン層が固定化されてしまいます。そのため、自社の社長や営業担当などが顔を出した、個人アカウントを活用するとよいでしょう。

個人アカウントは、社長の人柄や会社への思いなどを見込み客に直接伝えられるため、ファンマーケティングの効果も得られます。

地域ネタをつぶやく

地域ならではのネタを投稿することもおすすめです。なぜなら、引っ越しや不動産投資を考えている人にとって、地域の情報は非常に重要だといえるためです。

地域情報を発信することで、大手サイトや競合他社との差別化が測れるでしょう。

投稿する内容に迷ったときには、以下の情報がおすすめです。

  • 近所の人気店
  • 地域での取り組み活動
  • 地域の物産品

これらの情報があれば、ユーザーがその地域に物件を持つことでどのようなメリットが得られるかを、具体的に想像できます。

美容室がX(元Twitter)でSNS集客をするコツ

美容室の投稿を見る層は、予約を取りたいと考えていたり、お店の雰囲気が知りたいと考えていたりするなど、その店舗に対して興味を示していることが多いといえるでしょう。そのため、店舗に訪れるきっかけになるような投稿が重要です。

ここでは、美容室がXでSNS集客をするときのコツについて解説します。

リアルタイムの情報をつぶやく

リアルタイムの情報は、ユーザーが美容室を予約する際に役立ちます。営業時間の変更や、キャンセルが出た時間の通知などがあれば、どのタイミングで予約を取ればよいかが分かりやすいでしょう。

このほかにも、キャンペーンを実施するときには、Xでのお知らせがあると、ユーザーが店舗に訪れやすいといえます。

美容情報を発信する

難しいヘアアレンジの方法や、ヘアケアの情報など、髪に関するエキスパートだから教えられるような知識に関する投稿をすることもおすすめです。思わず拡散したくなるような内容を投稿すると、店舗のことを知ってもらうために役立つでしょう。

クーポンを配布する

X限定でクーポンを発信することも、美容院の集客にはおすすめです。

美容院の施術料金は、カットだけでも4000円程度がかかります。カラーやパーマが入るとシャンプーやトリートメント代込みで10000円を超えることもあるため、行ったことがない美容院に行くくらいなら馴染みの店に行くという方も多いでしょう。そのようなときに、配布されているクーポンが利用できれば、初来店時のハードルが大きく下がります。

また、来店したお客様に、Xでクーポンを配布している旨を伝えれば、ファンマーケティングとしても役立つでしょう。

ECサイトがX(元Twitter)でSNS集客をするコツ

ECサイトは、サイトのターゲット次第で何を扱っているかが大きく異なります。そのため、自社がどの層をターゲットにして訴求をするかが、非常に重要です。

ここでは、ECサイトがSNS集客をする際のコツについて紹介します。

ターゲットユーザーを設定する

自社が扱っている商品やサービスはどの層をターゲットにしたものなのかを明確にし、ターゲット層にあった集客やSNS運用をすることは、ECサイトの集客で最も重要です。

以下の項目を選定し、ターゲット層のペルソナを作ってからSNS運用をすることをおすすめします。

  • 商品・サービスを売りたい相手の明確化
  • 年齢
  • 仕事
  • 性別
  • 性格や価値観

ペルソナとは、商品を購入してほしい人物像のことです。ECサイトは実店舗とは違い、道を通りがかった際に見かけるということがありません。そのため、どのような層に届けたい、見つけてもらいたいかは詳細に決めておくことが望ましいでしょう。

ポスト(ツイート)のタイミングを意識する

Xを見ている時間はユーザーごとに異なるため、ポスト(ツイート)のタイミングを意識しましょう。

Xは利用者が多いことが大きなメリットです。しかし利用者が多いことが原因で、投稿がターゲットのユーザーに見られず、埋もれてしまうこともあります。ターゲットユーザーがアクティブな時間帯を把握してポストすることで、より集客効果を高められるでしょう。

企業より個人を押し出す

ECサイトの場合も、前述の不動産店舗と同じく、個人アカウントを上手く活用することが望ましいでしょう。Xでは企業を前面に押し出した、堅苦しいイメージのアカウントよりも、担当者や社長個人が押し出された人間味のある投稿が好まれる傾向にあります。

それらの投稿からは、人柄や考え方が分かるため、ユーザーに親近感を抱いてもらえ、ファン化につながる可能性があります。

まとめ

Xはアクティブユーザー数が4,500万人と非常に多く、層も幅広いSNSです。そのため、多くの業種での集客に向いているといえるでしょう。

利用にもお金がかからないため、すぐに始められるというところも魅力的です。ただし、集客にはいくつかのコツがあります。

今回紹介した内容を、SNS運用に活用していただけると幸いです。

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。

著書:日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」(https://amzn.asia/d/4fMhaK8)

株式会社吉和の森:https://yoshikazunomori.com/

関連記事

最近の記事

  1. コラムページに新シリーズがスタート!『初級者のためのやさしくLookerStudioを説明する18回』の最初の5回分を追加しました。

  2. 第5回 :Looker StudioでGA4ダッシュボードを作成してみよう「ディメンションと指標をマスターしよう!」

  3. 第4回 :Looker StudioでGA4ダッシュボードを作成してみよう「表作成をマスターしよう!」

おすすめ記事

  1. 【4刷決定】書籍『日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」』

  2. 株式会社吉和の森 青森県DX総合窓口にサポートIT企業として参加

  3. 【メディア掲載】『東奥日報』10月4日(水)朝刊に、代表取締役 森和吉のインタビューが掲載されました(2023年10月4日)

おすすめ記事2

  1. 『DIGICON ACADEMY~デジタルマーケティング・コンサルタント養成塾~』の募集を4月20日(土)よりはじめました

  2. 『Googleビジネスプロフィール運用アドバイスメニュー』を4月8日(月)よりはじめました

  3. 森和吉のオンラインサロン【デジタルマーケティング塾】が1月8日にオープン

ピックアップ記事

  1. 第1回:LookerStudioでGA4ダッシュボードを作成しよう(LookerStudio概論 LookerStudioとは?)

  2. 第1回 Googleアナリティクス4(GA4)とは?

  3. デジタルマーケティングにおすすめ!東京の会社17選

カテゴリー

アーカイブ