不動産の集客でYouTubeがおすすめな理由とは?メリットや運用のコツを紹介

ブログ 不動産のデジタルマーケティング

不動産 Youtube

普段当たり前のように使用しているYouTubeは、不動産の集客におすすめです。動画を使うことで、不動産に関する知識やおすすめの物件などを簡単に紹介ができます。本記事では、不動産の集客でYouTubeがおすすめな理由について解説。さらにメリットや運用のコツも紹介します。

不動産業界でもYouTubeをおすすめする理由とメリット

日常的に使用しているYouTubeは、不動産業界での集客におすすめです。テキストでは伝わりきれない物件の魅力を発信できたり、難しい不動産に関する知識を動画を通して解説したりとさまざまな側面で活用できます。

より魅力的なYouTubeコンテンツを作成すれば、集客ツールとしても有効活用できるでしょう。

分かりやすいビジュアルで情報発信できる

不動産業界でYouTubeを使うメリットは、分かりやすいビジュアルで情報発信できることです。WEBサイトやSNSなどでもテキストを使って情報発信できますが、かなりの情報量を盛り込むとなると限界が出てきます。コンテンツの内容次第では、かなりの長文量になるかもしれません。

しかしYouTubeの場合は、動画1本で情報発信することが可能です。テキストでは伝わりきれない情報も映像で伝えられます。

多くのユーザーに認知されやすい

YouTubeは、SNSの中でも代表的なツールの1つです。スマホユーザーのほとんどは日常的に使っているSNSツールでもあるため、YouTubeで積極的に情報発信すれば、顧客獲得にもつながりやすくなります。

さらにYouTubeのメリットは、不動産に興味があるユーザーのみならず不特定多数のユーザーにも情報発信できることです。たまたま再生された動画が不動産に関するコンテンツであれば、見てもらえる可能性があるでしょう。

バズりやすくブランドの認知拡大が図りやすい

YouTubeの魅力は、バズりやすさです。ユーザーにとって魅力的なコンテンツであれば、多くの人に情報が拡散されやすくなります。

とくにほかの不動産では取り扱っていないような情報を発信すると、もしかしたら注目されやすくなるかもしれません。

不動産業界でYouTubeを運用する際のデメリット

不動産でYouTubeを活用すると、ブランドの認知拡大や情報拡散などさまざまなメリットがあります。しかしYouTubeを運用するにあたってさまざまな課題もあり、人によっては苦労してしまうかもしれません。

動画制作に時間がかかる

YouTubeのデメリットは、動画制作に時間がかかることです。YouTubeで情報発信する際は、機材の準備や撮影、編集など何かと労力がかかります。

動画編集の経験がないと、もしかしたらコンテンツ1本作るだけでも時間がかかってしまうかもしれません。

簡単に収益化するのは難しい

不動産業界の中には、YouTubeを使って収益化を目指している方もいることでしょう。しかしYouTubeを始めたばかりだと、そう簡単に収益化させるのは難しいです。多少有名なインフルエンサーであれば成果が得られやすいですが、無名の状態から始めるとなると短期間で収益につなげるのは厳しいでしょう。

もしYouTubeを使って収益化を目指す場合は、長期のプランで運用をすることを念頭に置いた方が望ましいです。

炎上リスクがある

YouTubeの運用で注意しなければならないのが、炎上リスクです。ユーザーにとって不愉快に感じる動画を投稿したり、トラブルに繋がりそうな動画を投稿してしまったりすると、ユーザーから批判が殺到し炎上する可能性があります。

個人の場合は自己責任で済みますが、会社の看板を抱えているとなると今後の不動産会社のブランドにも傷をつけてしまうかもしれません。場合によっては取引している会社との契約解消の可能性もあるため、運用する際は炎上対策を徹底することが必要です。

不動産のYouTube運用で成功させるポイント

不動産会社でYouTubeの運用を始める際、「何から始めればよいのか分からない」と頭を抱えている方もいることでしょう。ここからは、不動産のYouTube運用で成功させるポイントを紹介します。

テーマを決める

まずはYouTubeを利用する前に、テーマを決めましょう。テーマを決めるポイントは、YouTubeを使った情報発信を行う目的を決めることです。例えば「会社のブランド認知を図りたい」「不動産に関する知識でユーザーを集めたい」など具体的な目的が決まっていると、動画のテーマが決まりやすくなります。

さらにブランド認知を図りたい場合は、自社コンテンツを混ぜてみるのがおすすめ。例えば賃貸物件を取り扱っている不動産会社であれば、おすすめの賃貸物件を紹介しつつも不動産会社のサービスを最後に紹介するようなイメージです。

自社コンテンツを混ぜつつも、決まったテーマで情報発信していきましょう。

ターゲットを決める

YouTubeで情報発信する際は、狙いたいターゲット層を決めましょう。ターゲット層を決めると、どのようなユーザーに情報発信するべきなのか定まりやすくなります。

ターゲット層を決めるポイントとしては、ペルソナを決めることです。ペルソナとはターゲット層を具体的にしたモデルのことで、性別や年齢、職業、趣味、悩みなどを具体的に設定をして獲得したいターゲット層を絞りやすくします。

もし思うようにターゲット層の絞り込みができない場合は、ぜひペルソナを決めてみてください。

定期的に投稿する

不動産会社でYouTubeの運用を成功させるためには、定期的に動画を投稿し続けることです。動画投稿が途絶えがちになってしまうと、ユーザーから忘れられやすくなります。より多くのユーザーにブランドを知ってもらうためには、定期的に投稿することが重要です。

毎日の投稿が難しい場合は、週に2〜3回、月に5〜6回というように投稿頻度を決めてみてください。

目を引くようなタイトルやサムネイルにする

より多くの人に動画を見てもらうためには、目を引くようなタイトルやサムネイルを設定しましょう。タイトルやサムネイルを設定するコツは、目を引くようなキーワードを左に寄せてシンプルな形にすることです。

例えば初心者向けの賃貸物件の選び方を紹介する際に、「初心者必見!賃貸物件の選び方を不動産のプロが伝授」というように、目を引くようなキーワードを入れることで注目されやすくなります。

魅力的なタイトルやサムネイルを作成し、ユーザーを集めましょう。

不動産YouTubeの成功事例

ここからは、不動産のYouTubeの成功事例を紹介します。具体的なYouTube活動の内容について紹介するので、今後の動画コンテンツ作りの参考にしてみてください。

1. 不動産Gメン滝島

「不動産Gメン滝島」は、不動産会社を経営する滝島一統(たきしまかずのり)さんが運営する人気のYouTubeチャンネルです。約40万人以上のチャンネル登録者数を誇っており、住宅ローンのメリットやデメリット、賃貸物件の選び方、不動産投資など不動産に関する豊富な知識を届けてくれます。

不動産に知識がない方が損をしないためにも分かりやすく解説してくれるので、ユーザーにとっては有益な情報が得られるでしょう。

さらに「不動産Gメン滝島」では、実際に不動産のトラブルにあった方にインタビューと相談を行っているのもポイント。インタビューを通して、不動産のリアルなトラブルの実情が知れます。

不動産Gメン滝島のYouTubeを見てみる

2. ゆっくり不動産

「ゆっくり不動産」は、チャンネル登録数約75万人にも及ぶ人気のYouTubeチャンネルです。このチャンネルでは、狭小ワンルーム物件や間取り不明な部屋などユニークな物件を紹介しています。

一風変わったテロップや音声ナレーションなどで紹介してくるので、ちょっとしたシュールさが感じられるでしょう。

ゆっくり不動産のYouTubeを見てみる

3. YouTube不動産

一級建築士の印南和行(いんなみかずゆき)さんが運営する「YouTube不動産」は、約10万〜100万以上の再生数を誇っている人気YouTubeチャンネルです。住宅ローンや間取りの選び方、設備環境などさまざまな不動産に関する情報を伝えてくれます。

メリットはもちろんのこと、デメリットについても教えてくれるので、不動産に関する知識やノウハウなどを身に着けたい方にはおすすめです。

さらに図やイラストなどを活用して解説してくれるので、不動産の知識が乏しい方でも内容が入りやすいでしょう。

YouTube不動産を見てみる

4. ウラケン不動産

「ウラケン不動産」は、不動産コンサルタントとして活躍している浦田健(うらたけん)さんが運営しているYouTubeチャンネルです。約19万人のチャンネル登録者数を誇っており、不動産投資はもちろんのこと、金融、経済などさまざまな情報を発信してくれます。

分りやすい内容で情報発信してくれるので、不動産に無縁だった方でも内容が理解しやすいでしょう。

最新の不動産情報も発信しているため、不動産や経済の動向などが気になる方は要チェックです。

ウラケン不動産のYouTubeを見てみる

5. いつでも不動産

「いつでも不動産」は、物件紹介をメインに紹介しているYouTubeチャンネルです。一戸建てやマンションなどさまざまな物件紹介を行っており、シンプルなテロップ表示と映像で部屋の魅力を伝えてくれます。

狭小物件や変わった間取りなども紹介するため、今まで発見できなかった物件と出会えるかもしれません。

動画コンテンツを通して物件紹介をしたい不動産会社には、おすすめのチャンネルです。

いつでも不動産のYouTubeを見てみる

不動産会社でのYouTube運用で苦戦したら『吉和の森』

不動産会社でYouTubeの運用がうまく進まない場合は、『吉和の森』を活用してみてください。

『吉和の森』は、東京都港区にあるWEB集客を強みにしている広告運用代行会社です。YouTubeを含めたSNSの運用はもちろんのこと、WEBサイトやリスティング広告などさまざまな集客施策のマーケティングサポートをしてくれます。

とくに不動産の分野はかなり得意としており、不動産会社でのWEB集客で苦戦している方にはぴったりです。

WEB集客の目的や予算などに合わせてプランを練ってくれるので、YouTubeを含めたWEB集客のサポートを受けたい方は、ぜひ『吉和の森』のサービスを利用してみてください。

吉和の森の詳細を見る

YouTubeを有効活用して不動産の魅力を伝えよう

本記事では、不動産の集客でYouTubeがおすすめな理由とメリット、運用のコツについて紹介しました。不動産投資や物件の選び方などボリューム感のある情報を発信する場合は、テキストよりもYouTubeがおすすめです。

魅力的なコンテンツであれば、ユーザー獲得のみならず顧客獲得にも結び付きやすくなります。不動産に関する情報を発信したい方は、ぜひYouTubeを活用してみてください。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。
特に不動産業が強く、デジタルマーケティングを使って、不動産投資クラウドファンディングで25万人の会員・出資額50億円を1年間で集めたり、不動産投資の累計販売額は100億を記録する。

◆著書◆
日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」…第3刷
https://amzn.asia/d/4fMhaK8
自社サイトをコストで終わらせないために ウェブ解析士の事例発表集(47) Kindle版
https://amzn.asia/d/br065Wk

◆株式会社吉和の森◆
https://yoshikazunomori.com/

関連記事

最近の記事

  1. コラムページに新シリーズがスタート!『初級者のためのやさしくLookerStudioを説明する18回』の最初の5回分を追加しました。

  2. 第5回 :Looker StudioでGA4ダッシュボードを作成してみよう「ディメンションと指標をマスターしよう!」

  3. 第4回 :Looker StudioでGA4ダッシュボードを作成してみよう「表作成をマスターしよう!」

おすすめ記事

  1. 【4刷決定】書籍『日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」』

  2. 株式会社吉和の森 青森県DX総合窓口にサポートIT企業として参加

  3. 【メディア掲載】『東奥日報』10月4日(水)朝刊に、代表取締役 森和吉のインタビューが掲載されました(2023年10月4日)

おすすめ記事2

  1. 『DIGICON ACADEMY~デジタルマーケティング・コンサルタント養成塾~』の募集を4月20日(土)よりはじめました

  2. 『Googleビジネスプロフィール運用アドバイスメニュー』を4月8日(月)よりはじめました

  3. 森和吉のオンラインサロン【デジタルマーケティング塾】が1月8日にオープン

ピックアップ記事

  1. 第1回:LookerStudioでGA4ダッシュボードを作成しよう(LookerStudio概論 LookerStudioとは?)

  2. 第1回 Googleアナリティクス4(GA4)とは?

  3. デジタルマーケティングにおすすめ!東京の会社17選

カテゴリー

アーカイブ