不動産集客のアイデア7選|成功させるポイントも紹介

ブログ 不動産のデジタルマーケティング

不動産集客のアイデア

不動産の集客では、競合店舗との差別化が重要です。本記事では不動産集客のポイントや、具体的な集客アイデアを紹介します。不動産経営で集客に課題を感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

不動産集客の現状と課題

不動産企業の集客といえば、従来は折り込みチラシやポータルサイトなどを用いた情報発信が一般的でした。しかし、スマートフォンの普及によりWebやSNSが広く利用されるようになったことで、オンラインにおける集客手段は多様化しています。

集客手段はさまざまですが、大きく分けるとアナログ手法を用いた「オフライン集客」と、Web上のオンラインでおこなう「オンライン集客」に分類できます。社会全体ではオンライン集客に注力する企業が増加しているとされるものの、不動産業界においてはエリア性の高いビジネスであるため、オフラインも折り込みながらアプローチすることがポイントです。

不動産集客を成功させるポイント

ここからは、不動産集客を成功させるポイントを紹介します。

・近隣エリアの競合店調査

・鮮度の高い情報発信

・自社ブランド&イメージの確立

・地域密着型の運営

・口コミ&評判対策

それぞれ詳しく見ていきましょう。

近隣エリアの競合店調査

地域性の高い不動産ビジネスでは、効率のよい集客のために近隣企業のリサーチが欠かせません。競合店の集客方法はもちろんのこと、強みや弱みを分析してみましょう。よい点は積極的に取り入れるようにして、競合に足りていない部分を補強することで差別化することが可能です。

鮮度の高い情報発信

不動産が扱う物件情報は流動性が高いため、古い情報を発信していると信頼性が低下してしまう可能性があるので注意しましょう。とくにWebページやSNSアカウントなどを開設した後、作りっぱなしにしていると発信内容の鮮度を維持できなくなります。プロフィールページや成約に関わる情報ページは頻繁に更新をおこない、企業のイメージアップにつなげましょう。

自社ブランド&イメージの確立

人口減少や少子高齢化に伴い不動産市場全体で競争が激化している中、他社との差別化にあたってブランディングや自社イメージの確立は欠かせません。また、不動産業界全体が「押し売りされそう」「勧誘がしつこい」といったマイナスイメージを持たれやすい現状も。しかし、ブランドイメージの確立により顧客に自社の独自性を認識してもらうことができれば、不動産購入の際に選ばれやすい企業になります。

地域密着型の運営

選ばれやすい不動産会社になるためには、地域密着型の運営もポイントとなります。とくに、顧客のうちのほとんどが近隣住民であるような中小規模の不動産会社の場合、オンラインに予算をかけて全国向けの発信をおこなうよりも、オフライン集客やMEO対策(マップ検索エンジン最適化)による集客の方が適している可能性もあるでしょう。

口コミ&評判対策

不動産で扱う商品は高額であるため、検討している不動産会社の口コミや評判に目を通すユーザーも少なくありません。各ポータルサイトやまとめサイト、Googleマップなどの口コミ・評判対策にも力を入れるようにしましょう。

不動産集客のアイデア

ここからは、不動産集客のアイデアの代表的な手法をピックアップして紹介します。効率的に集客をおこないたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

1. 自社サイトやHPの内容を充実させる

2. SNSで情報発信を行う

3. 一括査定サイトに登録する

4. 不動産ポータルサイトを活用する

5. リスティング広告を打つ

6. 折り込みチラシを配布する

7. マップエンジンの最適化(MEO)を行う

1. 自社サイトやHPの内容を充実させる

まずは自社サイト・HPの内容を充実させるようにしましょう。店舗による直接対応やテレアポでは毎日の対応人数が限られますが、自社サイト・HPから情報を発信すればさまざまな層に対して効率的なアプローチが可能です。

また、自社商品やサービスに関わる情報だけでなく、ユーザーが求める有益な情報を掲載することで閲覧数が増加し、自社の認知拡大にもつながります。

2. SNSで情報発信を行う

不動産集客において、SNS活用も押さえておきたい手法の一つ。日頃SNSから情報収集をおこなう顧客も多く、とくに若い世代にリーチしやすい点が特徴です。自社製品や取り扱い物件の情報発信はもちろんのこと、中にはSNS上でキャンペーンやイベントなどを打つ企業もあります。

具体的なツールとしてはInstagramやfacebook、X(旧Twitter)などが挙げられますが、各ツールによって年代ごとの普及率が異なるため、設定したターゲット層や自社サービスに合ったSNSを選ぶことが重要です。

3. 一括査定サイトに登録する

不動産一括査定サイトとは、ユーザーが複数の不動産会社にまとめて査定をおこなう際に使用するサイトのこと。査定会社側が集客をおこなってくれるため、自社の集客力が弱い場合や、少しでも多く査定依頼を受けたい場合におすすめです。

また、すぐに購入を検討している顧客だけでなく、「とりあえず金額が知りたい」といった層の顧客情報も得られるため、中長期的なアプローチをおこなうことで顧客化できる可能性があります。

4. 不動産ポータルサイトを活用する

不動産ポータルサイトとは、ユーザーが欲しい情報を収集したいときに「最初にアクセスする」サイトを指します。不動産の情報を探しているユーザーにとって最初の入口(ポータル)となるため、自社物件を掲載することで成約に直結しやすい点が大きなメリット。

ポータルサイトといってもさまざまなサービスが展開されているため、予算やターゲット層に合ったサイトを選ぶことがポイントです。

5. リスティング広告を打つ

リスティング広告では、Webユーザーの検索する際のキーワードに応じて自動で広告が表示されます。「〇〇市 不動産」「〇〇市 マンション」といったように、設定したキーワードの検索結果として表示されるので、すでに興味をもっている層に対してアプローチできる点が魅力です。

6. 折り込みチラシを配布する

近隣住民にアプローチしたい場合、折り込みチラシによるオフライン集客も効果が見込めます。特にオープン仕立ての頃や中小規模の不動産会社であれば、認知度の拡大からはじめなければなりません。

紙媒体なら郵送後にも消費者の手元に残るため、何度も目に留まりやすくユーザーが行動を起こしてくれる可能性が高い点もメリットです。

7. マップエンジンの最適化(MEO)を行う

マップ検索エンジン最適化(MEO)とは、GoogleマップをはじめとしたWebマップにおける検索順位を上げるための施策のこと。不動産会社を含む実店舗型のビジネスや、地域に根差したビジネスを展開する場合は効果的なマーケティング手法です。

GoogleマップにおけるMEOでは、Googleビジネスプロフィールから企業情報を登録します。以下に具体的なステップをまとめたので、参考にしてみてください。

GoogleマップにおけるMEOの手順
Googleビジネスプロフィール公式ページ にアクセス新規ビジネスを追加ビジネス名を入力カテゴリの選定住所と所在地の登録企業の電話番号とWebサイトの登録オーナー確認(確認コードによる認証)

不動産DXなら「吉和の森」におまかせ

集客に伸び悩んでいる場合や、上手く戦略が立てられないといった場合には、集客・マーケティングのプロに頼ってみるのも一つ。「吉和の森」は各企業の状況に応じて、マーケティングからWeb集客までを包括的にサポートしています。

提供しているサービスの一例

・デジタルマーケティング

・webサイト制作

・ITコンサルティング

・インターネットメディア運営

吉和の森 公式HP

Web集客を包括的にサポート

「吉和の森」では、デジタルマーケティングからWeb集客までを包括的にサポート。ただ集客するだけでなく、集客できた顧客をどのように契約まで誘導するかのアプローチや、企業のWebを使ったPRの実施など、多角的な観点からコンサルティングをおこなっています。

ていねいなフォローで初心者にもぴったり

また、サービス利用にあたってていねいなフォローがあるので、マーケティング初心者でも運用に困ることがありません。Webに関する知識を持ち合わせていない場合でも、気軽に相談しやすいところが大きな魅力です。

今後の集客戦略をどのように進めてよいかわからない方は、まず相談してみることをおすすめします。

吉和の森 公式HP

不動産集客で店舗の売上を向上させよう

不動産集客を成功させるポイントや、実際の集客アイデアを紹介しました。一口に不動産集客といっても、その手段はさまざまです。自社や地域性に合った方法で集客して、効率的に顧客へアピールしましょう。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。

著書:日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」(https://amzn.asia/d/4fMhaK8)

株式会社吉和の森:https://yoshikazunomori.com/

関連記事

カテゴリー

アーカイブ