不動産開業で失敗する理由とは?成功するコツを紹介!

ブログ 不動産のデジタルマーケティング

不動産開業で失敗する理由とは?成功するコツを紹介!

本記事では、不動産開業で失敗する理由について解説します。不動産会社を開業しても失敗してしまうケースは少なくありません。多額の負債を抱えてしまう可能性もあります。本記事では、不動産会社の開業が成功するコツも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

不動産開業で失敗する理由

不動産開業で失敗する理由は、以下の7つです。

  • 開業・経営資金が不足している
  • 集客が上手く行えない
  • 支出管理ができていない
  • 競合と比べて優位性がない
  • 将来的な見通しが甘い
  • 契約締結にたどり着かない
  • スキルがあると過信している

それぞれ詳しく解説します。

開業・経営資金が不足している

開業前には当然ですが、ある程度の経営計画を考えるはずです。しかし、その経営計画が甘いと、実際に不動産会社を開業してから資金不足に陥ってしまいます。特に、自分で会社を経営するという経験が初めての方は、見積もりの甘い経営計画を作成してしまいやすいので注意しましょう。

集客が上手く行えない

不動産開業が失敗する原因をまとめると「経営を続けるだけの売上がない」点にあります。その直接的な原因といえるのが集客です。お客様を集めることができなければ、不動産会社は経営を続けられません。

不動産会社は数多く存在します。様々な不動産会社がWebやチラシなどを活用して集客を行っています。集客が上手くいかない場合は、他社と比べて集客施策が見劣りしているのかもしれません。

支出管理ができていない

資金不足に陥ってしまう原因の1つが支出管理の甘さです。不動産会社の経営を続けるためには、売上も重要ですが経費を減らす必要もあります。売上以上に経費として支出が多くなってしまうと、赤字になってしまうため経営を続けられません。

自社がどれくらい経費を使っているのか把握できていないケースは多いです。徹底した支出管理は不動産会社の経営を続ける上で欠かせない要素といえるでしょう。

競合と比べて優位性がない

不動産会社は数多く存在するため、競合と比べた際の強みが重要になります。何らかの強みがないと、他の不動産会社に流れてしまうでしょう。自身では強みと思っているポイントが、客観的に見ると強みになっていないケースも多々あります。

強みは容易に見つけられるものではありません。開業前にしっかりと考えておくことが大切です。

将来的な見通しが甘い

不動産会社を開業して1年は、開業資金があるため経営を続けられます。そのため、経営の問題点に気づかずにそのままにしてしまう可能性があります。

当然ですが、売上がないと開業資金はいずれなくなってしまうため、厳しい目で将来的な見通しを立てなければいけません。見通しが甘くなってしまうのも、不動産開業が失敗する要因の1つといえるでしょう。

契約締結にたどり着かない

不動産会社を新規でオープンすると、物珍しさからお客様が足を運んでくれるケースがあります。来店数が多いとそれだけで満足してしまいがちですが、利益を得るためには契約を締結してもらわなくてはいけません。

集客自体は順調に行えていても、契約締結にたどり着かないというのも不動産開業で失敗する理由の1つです。お客様が契約をしたいと思えるような交渉スキルが必要といえるでしょう。

スキルがあると過信している

不動産会社の開業を考えている方の多くは「自分なら問題なく不動産会社を経営できる」と考えているはずです。自信を持つのは良いことですが、過信しすぎてしまうと失敗の原因になってしまいます。

自分のスキルを正確に判断できない場合は、第三者にチェックしてもらうのがおすすめです。常に客観的な視点を持つことを心がけましょう。

不動産開業で成功するコツ

不動産開業で成功するコツは以下の通りです。

  • 開業前に市場調査を行う
  • 余裕を持って開業資金を準備する
  • 他社と比べた強みを見つける
  • 集客方法を考えておく
  • 業務効率化につながるツールを導入する
  • 資金繰り表を活用する
  • Webを活用した施策に力を入れる

それぞれ詳しく解説します。

開業前に市場調査を行う

不動産会社を開業する前に、開業するエリアにおける不動産の需要について考えておかなければいけません。例えば、過疎が進んでいる地域で不動産会社を開業したとしましょう。当然ですが、新規で不動産を購入しようと考える人は少ないため、経営を続けるのは難しくなります。

不動産会社を開業する際は、人が集まりやすく不動産の需要も高いエリアを選ばなければいけません。競合の不動産会社が強すぎないかも調べておくようにしましょう。

余裕を持って開業資金を準備する

開業資金が多すぎて困ることはありません。経営計画を策定したら、必要金額よりも多めに開業資金を準備しましょう。開業資金に余裕がないと、何らかのトラブルが発生した際に対応できなくなってしまいます。

最低限開業ができるだけの金額が集まったら、不動産会社のオープンに向けて動きがちです。しかし、余裕を持って開業できるだけの資金が集まるまで、我慢することも失敗を防ぐ上では大切です。

他社と比べた強みを見つける

不動産を開業前に他社と比べてどういった点を強みにして、経営を行うかを考えておきましょう。強みが見つからない場合は、開業をするべき状況ではないかもしれません。競争に勝てるだけの強みを明確にした上で、開業を行えば失敗しづらくなるでしょう。

集客方法を考えておく

不動産会社を開業してから集客方法を考えるのでは遅いです。不動産開業で失敗しないためには、開業前に集客方法について考えておかなければいけません。Webやチラシなど、複数の方法で顧客にアプローチができると、失敗しづらくなるでしょう。

業務効率化につながるツールを導入する

不動産会社は営業やお客様の対応以外にも様々な業務が発生します。経費の計算や給与の計算などの事務作業に時間をかけすぎると、不動産会社としての活動に力を入れることができません。

そのため、煩雑な作業を効率良く進められるツールの導入は必須です。特に事務作業専門のスタッフを雇う予定がない場合は、ツールを活用して業務を進めるようにしましょう。

資金繰り表を活用する

不動産開業に失敗する理由の1つに支出管理ができていない点が挙げられます。支出管理を効率的かつ正確に行うためには、資金繰り表を活用するのがおすすめです。資金繰り表を正しく運用すれば、不動産会社の経営状況を見誤る心配はないでしょう。

Webを活用した施策に力を入れる

集客の施策の中でも効果が高いと考えられるのが、ホームページやオウンドメディアなどを活用したWeb施策です。現代はスマートフォンを活用して情報収集を行うケースが多いです。

そのため、Webを活用した施策に力を入れるのは、集客の効果を高める上で欠かせないといえるでしょう。Web施策は費用もかかりますが、それに見合った効果を得やすいのでおすすめです。

不動産会社を開業する前に行うべきこと

不動産会社を開業する前に行うべきことは以下の通りです。

  • セミナーに参加する
  • 経営計画書を作成する
  • 銀行に融資の相談をする
  • 不動産以外の必要な知識を身につけておく

それぞれ詳しく解説します。

セミナーに参加する

不動産会社の開業を考えている方の多くは、会社の経営経験が乏しいでしょう。そのため、会社を経営する上でわからないことが数多くあるはずです。そういった不明点をなくすためにおすすめなのが、経営者向けセミナーの参加です。

独学で知識を得たという方でも、自分で気づかない知見を得られるかもしれません。視野を広げておくためにも、セミナーに参加するのはおすすめです。

経営計画書を作成する

不動産会社を開業する前には、必ず経営計画書を作成しておきましょう。経営計画書がない状態で開業を始めると、予期せぬトラブルに対応できなくなります。どこにどれくらいの費用を使えば良いかもわからなくなり、経営がスムーズに進まなくなる可能性も高いです。

後述しますが、銀行から融資を受ける場合は経営計画書が欠かせません。しかし、銀行から融資を受けない場合でも、経営を円滑に進めるために経営計画書は丁寧に作成しておいた方が良いでしょう。

銀行に融資の相談をする

余裕のある開業資金を準備するためには、時間がかかるケースも多いです。開業までに時間がかかりすぎてしまい、ビジネスチャンスを逃してしまう可能性もあります。そのため、早期に資金調達を行うことは重要です。

資金調達の方法として、おすすめなのが銀行からの融資です。銀行から融資を受けることができれば、資金繰りにおいて困ることは少なくなります。当然ですが、返済する負担が増えるというリスクはありますが、経営者になる上で銀行との関係は欠かせません。

経営計画書の確認も行ってくれるため、開業前に一度銀行に相談をしておくのがおすすめです。

不動産以外の必要な知識を身につけておく

不動産会社を経営する上で必要なのは、不動産に関する知識だけではありません。税務関係の知識も必要になります。他にも人材の採用や社内規定の策定など、様々な業務において専門的な知識が必要になります。

開業してから学び始めるのではなく、必要な知識はあらかじめ身につけておくように心がけましょう。

不動産開業をお考えの方は吉和の森に相談

不動産開業をお考えの方は、ぜひ吉和の森にご相談ください。吉和の森では、Webを活用した集客のサポートを行っています。

不動産開業において失敗しやすいポイントは集客です。集客施策を考えた上で開業をしたとしても、想定よりもお客様が集まらないケースは少なくありません。そういった状況を防ぐ上で、吉和の森のサポートは効果的です。

ぜひ、これから不動産開業をお考えの方は、吉和の森にご相談ください。

▶︎お問合せはこちら

不動産開業で失敗しないためには準備が大切

不動産開業で失敗する理由の多くが準備不足です。見切り発車で開業を行うのではなく、しっかりと準備を整えて行動するようにしましょう。開業をすると業務に追われて勉強をする時間も確保しづらくなるため、集客や税務関係の知識を前もって身につけておくのも重要です。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。
特に不動産業が強く、デジタルマーケティングを使って、不動産投資クラウドファンディングで25万人の会員・出資額50億円を1年間で集めたり、不動産投資の累計販売額は100億を記録する。

◆著書◆
日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」…第3刷
https://amzn.asia/d/4fMhaK8
自社サイトをコストで終わらせないために ウェブ解析士の事例発表集(47) Kindle版
https://amzn.asia/d/br065Wk

◆株式会社吉和の森◆
https://yoshikazunomori.com/

関連記事

最近の記事

  1. コラムページに新シリーズがスタート!『初級者のためのやさしくLookerStudioを説明する18回』の最初の5回分を追加しました。

  2. 第5回 :Looker StudioでGA4ダッシュボードを作成してみよう「ディメンションと指標をマスターしよう!」

  3. 第4回 :Looker StudioでGA4ダッシュボードを作成してみよう「表作成をマスターしよう!」

おすすめ記事

  1. 【4刷決定】書籍『日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」』

  2. 株式会社吉和の森 青森県DX総合窓口にサポートIT企業として参加

  3. 【メディア掲載】『東奥日報』10月4日(水)朝刊に、代表取締役 森和吉のインタビューが掲載されました(2023年10月4日)

おすすめ記事2

  1. 『DIGICON ACADEMY~デジタルマーケティング・コンサルタント養成塾~』の募集を4月20日(土)よりはじめました

  2. 『Googleビジネスプロフィール運用アドバイスメニュー』を4月8日(月)よりはじめました

  3. 森和吉のオンラインサロン【デジタルマーケティング塾】が1月8日にオープン

ピックアップ記事

  1. 第1回:LookerStudioでGA4ダッシュボードを作成しよう(LookerStudio概論 LookerStudioとは?)

  2. 第1回 Googleアナリティクス4(GA4)とは?

  3. デジタルマーケティングにおすすめ!東京の会社17選

カテゴリー

アーカイブ