空き部屋を活用する方法7選|貸し出す方法も解説

③不動産のデジタルマーケティング ブログ

空き部屋を活用する方法7選|貸し出す方法も解説

今回は、空き部屋を活用する方法を7選紹介します。空き部屋を活用できず、放置したままどうするべきか悩んでいる方は、ビジネスで上手に活用するのがおすすめです。空き部屋は様々な方法で活用できるため、ぜひ本記事をチェックしてみてください。

空き部屋を活用する方法7選

空き部屋を活用する方法7選

空き部屋を活用する方法は数多くあります。具体的には、以下の7つが考えられます。

1.レンタルスペース

2.サロン

3.トランクルーム

4.コワーキングスペース

5.託児所・保育室

6.水耕栽培

7.物置スペース

それぞれ詳しく解説します。

1.レンタルスペース

空き部屋を活用する方法の中で、とても取り組みやすいのはレンタルスペースです。レンタルスペースとは、デスクワークをしたり会議をしたりするためのスペースであり、使い方は利用者がある程度自由に決めることができます。

そのため、室内には机や椅子などの最低限の家具さえ用意しておけば成立します。空き部屋を活用するためには、リフォームや改築が必要になるケースも少なくありません。新しく備品を用意しなければいけない場合もあります。

レンタルスペースであれば、活用する際にかかる費用が少ないため、比較的取り組みやすいといえるでしょう。注意しなければならないのは空き部屋の立地です。レンタルスペースは仕事で活用する方が多く、駅の近くにないと利便性が悪いためそもそも契約者が見つからないかもしれません。

田舎では、レンタルスペース自体の需要が低いのも懸念点です。立地からニーズを把握して、レンタルスペースにするかどうかを決めましょう。

2.サロン

エステや脱毛などのサロンを開業するのもおすすめです。自身がエステティシャンとして働く場合はスキルが必要となりますが、別の方を雇って勤務してもらう場合はスキルがなくてもサロンの開業ができます。

レンタルスペースとは違い、立地が悪くても需要があれば集客が見込める点が特徴です。一方で、サロンに必要な備品を揃えなければいけません。エステマシンや業務用脱毛器などは高額なケースも多いため、ある程度の初期投資が必要と考えておきましょう。

3.トランクルーム

荷物を預けるための施設であるトランクルームとして利用するのもおすすめです。トランクルームとして活用する場合は、荷物を預けることさえできれば良いため、空き部屋を大きく改築する必要はありません。

しかし、預けた荷物に悪影響が及ばないことが前提となります。滅多にはありませんが、空き部屋があるマンションやアパートの状態によっては、トランクルームとしての活用は難しい可能性があるので注意しましょう。

4.コワーキングスペース

コワーキングスペースはレンタルスペースと似ており、仕事をするための空間です。レンタルスペースとは異なり仕事や勉強のみを目的とした空間であるため、机にはパーテーションを設けて集中できるようにしたり、休憩用の部屋を設けたりするとより集客しやすくなるでしょう。

レンタルスペースと同様に空き部屋の活用法の中では、比較的実施しやすいです。コワーキングスペースは数を増やしつつあり、駅には1人で利用できるテレワークブースが増えています。集客を行うためには、それらにはない魅力を設ける必要があるといえるでしょう。

5.託児所・保育室

託児所や保育室として活用するのもおすすめです。幼稚園や保育園を利用したくても利用できないというニュースを見たことがある方は多いでしょう。実際に児童の数に対して幼稚園や保育園は不足している状況にあるため、託児所や保育室の需要は高いです。

人口がある程度多い街であれば、集客も問題なくできるでしょう。しかし、子供を預かるというのは責任のある仕事です。万が一のトラブルが発生した際のリスクも大きくなる点は理解しておきましょう。

6.水耕栽培

水耕栽培とは土を使わずに水と液体肥料のみで植物を育てる方法です。土を必要としないため、空き部屋のスペースがあれば、十分に水耕栽培を始めることができます。

水耕栽培自体もそれほど難しくはないため、空き部屋の活用方法の中でも始めやすい部類といえるでしょう。しかし、他の方法とは異なり、月額費用を徴収することができません。あくまでも自分が育てたい植物を育てるための場所として、空き部屋を活用するという形になります。

そのため、空き部屋を活用してお金を稼ぎたいと考えている方には、不向きな方法といえるでしょう。

7.物置スペース

シンプルな活用方法ですが、マンションやアパートの備品を置いておく物置スペースとして利用するのもおすすめです。防災に関するアイテムや掃除用具などを置いておけば、事務所が圧迫するのを防止できるでしょう。

水耕栽培と同様に利益は期待できませんが、活用しやすい方法の1つです。

空き部屋を貸し出す際の流れ

空き部屋を貸し出す際の流れ

空き部屋を貸し出したり、活用したりする際の流れは以下の通りです。

  • 空き部屋を改装する
  • 広告やSNSで告知をする
  • 応募があったら個別に案内をする

それぞれ詳しく解説します。

空き部屋を改装する

まずは空き部屋を始めるビジネスに合わせて改装します。ここで注意しなければならないのは改装にかかる費用です。

改装にかかる費用次第では、空き部屋の活用自体が多額の負債を抱える行動になる可能性があります。改装費用の見積もりを算出したら、ビジネスによって得られる利益を想定した上で、どれくらい成功しそうかを考えるようにしましょう。

広告やSNSで告知をする

空き部屋を改装しただけではお客さんは集まりません。サロンやレンタルスペースとして活用できる旨を告知する必要があります。その際は広告やSNSなどを活用しましょう。

広告を出稿するのには多額の費用がかかります。そのため、最初はSNSを活用して案内をするのがおすすめです。基本的には地域の方々に案内ができれば良いため、近隣住民のポストにチラシを配っても良いかもしれません。

応募があったら個別に案内をする

利用したいという問い合わせがあったら個別に案内をしましょう。最初は利用者もそれほど多くはないため、自身で十分に対応できます。利用者が増えてきたら自分だけで対応するのは難しくなるため、インターネット上から予約できるシステムを導入するのがおすすめです。

空き部屋を貸し出す注意点

空き部屋を貸し出す注意点

空き部屋を貸し出したり、ビジネスとして利用したりする際は、以下のポイントに注意しなければいけません。

  • 税金の考え方が異なる
  • 近隣住民への配慮を行う
  • 消防署に申請が必要な場合がある

それぞれ詳しく解説します。

税金の考え方が異なる

空き部屋を活用する方法次第では、税金の考え方が異なる場合があります。例えば、空き部屋を事務所として貸し出す場合は、固定資産税と都市計画税の特例が適用されません。そのため、空き部屋のオーナーの税負担が大きくなります。

賃料や礼金、更新料などが消費税の課税対象となる点も注意しましょう。空き部屋として放置する場合と比べて、税負担は高くなります。

近隣住民への配慮を行う

空き部屋として活用をすると、マンションやアパートの住民以外の出入りが増える可能性があります。そのため、近隣住民へは配慮を行うようにしてください。空き部屋の活用を始める前に、挨拶をしておくのが理想的です。

万が一、住民の理解が得られない場合は、無理に活用しないようにしましょう。空き部屋の活用がきっかけで住民が離れてしまっては意味がありません。あくまでも住民の理解を得た上で始めることを心がけてください。

消防署に申請が必要な場合がある

空き部屋の活用方法次第では、消防署に申請をしなければいけない場合があります。具体的には空き部屋に天井まで届くパーテーションを設ける場合です。

エステサロンとして空き部屋を活用する場合は、お客さん同士が見えないようにするために、壁を設置するケースが少なくありません。その場合は消防署に申請を行わないと、違法となってしまうので注意しましょう。

空き部屋になる理由

空き部屋になる理由

空き部屋の活用方法について紹介してきましたが、本来であれば空き部屋が存在しない状態が理想的です。そのため、空き部屋を活用する前に、なぜ空き部屋ができてしまったのかを考えてみましょう。

第一の理由として考えられるのが家賃です。入居者にとって家賃は賃貸における重要な要素であり、高すぎると退去の理由となります。今までと同じ家賃の場合でも、近くのマンションやアパートの家賃が下がると、そこに引っ越されてしまうかもしれません。

適正な家賃を考える際は、近隣のマンションやアパートについては調べておいた方が良いでしょう。他にも住民同士のトラブルや近隣の商業施設の閉店などで空き部屋が生まれる場合があります。

避けられない理由で空き部屋ができてしまう場合もありますが、対策可能なケースも多いです。必ず空き部屋ができた理由を分析するようにしましょう。

空き部屋の活用や集客の相談をするなら「吉和の森」

空き部屋の活用や集客の相談をするなら「吉和の森」

空き部屋の活用方法について悩んでいる方は、ぜひ『吉和の森』にご相談ください。空き部屋を活用する上で、集客は欠かせないポイントです。『吉和の森』はデジタルマーケティングによって集客のサポートを行っています。

そもそも空き部屋ができないようにするために、入居者を増やすための施策の提案も可能です。空き部屋で悩んでいる方は、ぜひ『吉和の森』にご相談ください。

公式HPはこちら

空き部屋を活用したビジネスは注目されている

空き部屋を活用したビジネスは注目されている

空き部屋の活用方法を7選紹介をしました。空き部屋を活用したビジネスは注目を集めており、取り組む方も増えています。空き部屋の使用予定がないのであれば、ビジネスチャンスだと考え、チャレンジしてみるのも良いかもしれません。空き部屋であっても保有しているだけで、維持費がかかってしまうため、本記事で紹介した方法を参考に有効活用しましょう。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。
特に不動産業が強く、デジタルマーケティングを使って、不動産投資クラウドファンディングで25万人の会員・出資額50億円を1年間で集めたり、不動産投資の累計販売額は100億を記録する。

◆著書◆
日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」…第3刷
https://amzn.asia/d/4fMhaK8
自社サイトをコストで終わらせないために ウェブ解析士の事例発表集(47) Kindle版
https://amzn.asia/d/br065Wk

◆株式会社吉和の森◆
https://yoshikazunomori.com/

関連記事

カテゴリー

アーカイブ