【業界別】ホームページのリニューアルを成功させるために

デジタルマーケティング ブログ

ホームページを適切な時期にリニューアルすることで、閲覧数の増加や顧客の獲得が見込めます。ホームページのリニューアルをして成果を出すためには、どのような点を意識すればよいでしょうか。

ホームページをリニューアルする適切なタイミング、リニューアル時に押さえておきたいポイントを紹介します。

ホームページリニューアルのタイミング

ホームページのリニューアルを成功させるためには、ホームページの改善が必要になる時期や理由をみきわめることが大切です。ここでは、リニューアルすることに適したタイミングを5つ紹介します。

1つでも当てはまっている場合は、ホームページのリニューアルを検討してよいでしょう。

デザインが古いと感じる

ホームページの見た目や機能性はデザインで決まり、企業に対する信頼感にもつながります。

ホームページが競合他社に比べて古いデザインのままである場合、ユーザーに放置された印象や使いにくさを感じさせてしまう恐れがあり、その印象はそのまま企業のイメージ低下も引き起こす危険性があります。

構成が煩雑化している

コンテンツが増えすぎて見たい内容に中々たどり着けないホームページは、ユーザーに使いにくさを感じさせます。

カテゴリーの分け方や階層の深さ、リンクの数などが適切でないホームページは、リニューアルの必要性があるといえます。

スマホ対応ができていない

ホームページを閲覧するとき、多くの人がスマートフォンを利用しています。

ホームページがスマートフォンに対応していない場合、ホームページのレイアウトが崩れて表示される可能性があるのです。

ホームページの閲覧に問題が生じると、ユーザーは離脱してしまうでしょう。

SSL対応ができていない

SSL(Secure Sockets Layer)の対応ができていないWebサイトでは、通信が保護されていないことを警告するメッセージが表示されます。そのためユーザーに避けられ、Googleからの評価は下がるリスクがあります。

SSL化できていないホームページは、リニューアルすることがおすすめです。

目に見える効果がなくなった

ホームページが検索エンジンに表示されにくくなった・アクセス数が減少傾向にあるなどのケースでは、ホームページ自体が原因の可能性があります。

ホームページを運営しているにも関わらず、狙った効果が得られないときは、ホームページの修正やリニューアルを行いましょう。

ホームページリニューアルのポイント

ホームページをリニューアルして成果を出すためには、押さえておきたいポイントが5つあります。ここで紹介する5点を明確にして進めることで、リニューアルを成功させられるでしょう。

現在のページの問題点を洗い出す

ホームページの現状や問題点を明らかにすることで、使いにくさや不満を解消できます。主にどのような点に着目するとよいかについて、以下にまとめたので参考にしてください。

  • ホームページのデザイン
  • コンテンツやカテゴリーの内容
  • SEO対策の結果
  • Webサイトの使いやすさ
  • 表示・閲覧の回数

ホームページが現在抱えている問題を解決することが、リニューアル成功のポイントといえます。

ホームページの対象とするペルソナなどを再設定する

ホームページのリニューアルに成功するためには、ユーザー視点で考えてユーザーのニーズを満たすコンテンツを用意することが重要です。ホームページに訪れる人の像を具体的にして設定しなおすことで、ユーザーの満足度がより高いWebサイトを作れます。

ホームページの対象であるターゲットやペルソナは、できる限り詳しく設定しましょう。

ホームページをリニューアルするときは、ターゲット・ペルソナを再設定し、満足度の高いコンテンツを作ることが大切です。

目的を定め目標を数値化する

ホームページのリニューアルを行う際は、目的を明確にし、数値化した目標を定めましょう。「どのようなホームページにするのか」「ホームページで成し遂げたいことは何か」を設定することは、リニューアルの成功につながります。

ホームページにおける目的の例は、以下の通りです。

  • 商品のPR
  • 企業のブランディング
  • 新しい顧客の獲得
  • 閲覧数の向上

ホームページで達成したい目標は、最終的に辿りつきたい成果から逆算して求めます。例えば「半年後に月5件を受注する」「そのために月3件を提案する」などです。

効果的なSEO対策を行う

ホームページをリニューアルするときは、SEOを意識してコンテンツ作成することが重要です。SEO対策を怠った場合、検索エンジンで上位に表示できず、ホームページにアクセスできるユーザー数が減ってしまう恐れもあります。

Webサイトの表示や構造・キーワードの盛り込み・内部リンクの設置など、ユーザーにとって最適な状態にしておきましょう。

また、リニューアル時にURLを変える際は、新しいURLに誘導するためのリダイレクト設定をする必要があります。

リニューアル後の運営を含めたスケジュール設定

ホームページのリニューアルは、終えたあとの運営が大切です。スケジュールを組むときは、リニューアル後にやることを把握して、余裕のある日程を選びましょう。

ホームページのリニューアルが完了してからは、以下のことを主に行います。

  • リニューアルのお知らせ
  • アクセス・表示状況の確認
  • 課題の発見と解決
  • SEO対策の改善

ホームページは、新しくすることがゴールではありません。リニューアル後は問題が起きていないか・成果は出ているかを確認し、改善することが重要です。

まとめ

ホームページがユーザーに最適な状態であることは、企業に対する信頼度を上げることにつながります。使いにくさがある場合は、リニューアルを検討することがおすすめです。

ホームページのリニューアルを成功させるためには、押さえておきたい重要なポイントが5つあります。ホームページのリニューアルが決まったときの参考にしてください。

  • 抱えている問題点・不満点を探る
  • ターゲット・ペルソナを設定しなおす
  • 果たしたい目的と数値化した目標を立てる
  • SEO対策を意識して内容を作成する
  • リニューアル後にやることを把握する

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。

著書:日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」(https://amzn.asia/d/4fMhaK8)

株式会社吉和の森:https://yoshikazunomori.com/

関連記事

カテゴリー

アーカイブ