住宅業界でおすすめの集客アイデア10選|集客のポイントも紹介

③不動産のデジタルマーケティング ブログ

住宅業界でおすすめの集客アイデア10選|集客のポイントも紹介

ハウスメーカーや工務店などの住宅業界では、集客アイデアが思い浮かばず顧客獲得に苦労している方もいることでしょう。本記事では、住宅業界でおすすめの集客アイデアを紹介します。さらに集客のポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

住宅業界での集客は難しい?実施する際のポイント

住宅業界では、エネルギー事情の高騰や物価高、人口減少、少子化などさまざまな要因で集客が難しいです。注文住宅や分譲住宅の購入は、一生涯で大きな買い物ともいわれているので、より戦略的に集客プランを練らないと顧客獲得は厳しいでしょう。

しかししっかりとした集客プランを練れば、顧客を獲得することは可能です。具体的に住宅業界での集客では、どのようなポイントを押さえるべきなのか見ていきましょう。

ターゲット層の明確化

住宅業界で集客を実施する際は、顧客層を分析しターゲット層を絞り込むことが必要です。ターゲット層を決めることで、誰に向けて情報発信するべきなのか定まりやすくなります。

注文住宅や分譲住宅などの場合は、ある程度ニーズが決まっているのでターゲット層は絞りやすいでしょう。

もしターゲット層が絞りにくい場合は、ペルソナを設定するのがおすすめです。ペルソナとはターゲット層を具体的にした人物像のことで性別や年齢、職業、ライフスタイル、趣味、悩みなど細かく設定することで、具体的なターゲット像がイメージしやすくなります。

ペルソナの具体例を下記にまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

【注文住宅の購入を検討しているファミリー層の場合】

・年代:30~40代

・職業:会社員

・ライフスタイル:2人の子どもがおり育児に専念中

・理想の注文住宅:都心からのアクセスがよくインテリアを活かした住まい

・悩み:今の賃貸に不満がある。将来的に自分の持ち家で幸せな家庭を構築したい

競合分析をする

住宅業界で集客を成功させるためには、競合分析をすることが重要です。競合分析とは同業種の企業やサービスの集客戦略を分析する手法のこと。同業種でどのような集客やマーケティングが実施されているのか分析することで、どのような方法で顧客にアプローチするべきなのか把握しやすくなります。

もしかしたら、競合他社の集客手法で、顧客獲得につながるヒントが得られるかもしれません。

よりスマートに競合分析をしたい場合は、SWOT分析と呼ばれる手法がおすすめです。「強み(Strength)」「弱み(Weakness)」「機会(Opportunity)」「脅威(Threat)」の頭文字を取った分析のことで、4つの要因を調べることで多角的な視点から具体的な集客戦略が練りやすくなります。

「BtoBマーケティング フレームワークテンプレート」というツールを使うと、簡単にSWOT分析が実施できるので、気になった方は試してみてください。

BtoBマーケティング フレームワークテンプレートの詳細

複数の集客プランを練る

住宅業界の集客を成功させるためには、複数の集客プランを練ることがポイントです。住宅業界のみならず、集客方法にはWEBサイトやWEB広告、SNS、チラシ、看板などさまざまな施策があります。これらの施策を同時並行で実施することで、1つの施策のみよりも効率よく顧客を獲得しやすくなります。

万が一1つの施策が駄目だったとしてもほかの施策でカバーできるので、集客失敗のリカバリーがしやすくなるでしょう。

集客にかける予算を費用を把握する

住宅業界で集客を実施する際は、どれくらいの費用をかけるべきなのか事前に予算を決めることが必要です。費用の事を考えずに集客を実施してしまうと、思わぬ出費にもつながりやすくなります。

このような失敗を防ぐためには、複数の集客プランを練った上で費用がどれくらいかかるのか想定し予算を決めましょう。

もし低コストで集客を実施したい場合は、コストがかかりにくいSEOやSNSなどの施策から取り掛かるのがおすすめです。

定期的に効果測定の実施と施策の見直しを実施する

住宅業界での集客で成功させるためには、定期的に施策の見直しをする必要があります。

代表的な施策の見直しの例は、アクセスツールを活用した効果測定による分析です。例えばWEBサイトで効果測定をかけた場合、サイトのアクセス率や滞在時間、成約率などを数値やデータなどで分析できます。

もしサイトへのアクセス率が乏しい場合は、なぜリンクにアクセスしないのか原因を模索し改善策を練る必要があるでしょう。チラシやパンフレットなどのオフラインでの集客でも、URLを添付すればアクセス分析でどれくらいの成果が得られたのか分析できます。

「Google Analytics(グーグルアナリティクス)」であれば、無料で効果測定を実施することが可能なので、ぜひ活用してみてください。

Google Analyticsを使ってみる

住宅業界でおすすめの集客アイデア10選

住宅業界での集客方法は、オンラインとオフラインの大まかに2つに分類されます。オンライン集客はWEBサイトやWEB広告、SNSなどのオンラインツールを活用した手法で、オンラインはチラシや看板、展示会などが代表的です。

住宅業界でも効率よく顧客を獲得したい場合は、オンラインとオフラインを同時並行で実施するのがおすすめです。住宅業界では、どのような集客アイデアが導入されているのか見ていきましょう。

1. ホームページ

多くの住宅業界の会社では、すでにホームページを開設しているところがほとんどでしょう。ホームページでの集客を成功させるためには、常に最新情報を更新することが必要です。例えば、イベントの紹介や建売販売情報、顧客のインタビューなど常に新しい情報を更新することによって、訪問者から積極的に活動してくれる会社と認識されやすくなります。

情報の更新次第で集客の成果が変わってくるので、新しい情報を発信しましょう。

2. ブログ

ブログと聞くとホームページと混同してしまう方がいますが、ブログ集客は情報発信が目的です。ユーザーが興味を抱くようなコラムを作成し、顧客獲得につなげていきます。

ブログに訪れるユーザーは住宅購入について興味があるので、魅力的なコンテンツを作成すれば見込み客として獲得できる可能性があります。

ブログ集客で成功させるためには、以下のポイントがコツです。最初はコンテンツの作成に苦労するかもしれませんが、多くのコンテンツを作ると徐々に慣れてくるでしょう。

【ブログ作成のポイント】

・読者に有益な情報を届ける

・シンプルかつ分かりやすい文章で伝える

・テーマは1記事1つにする

・画像や動画、表などを活用しコンテンツの見栄えをよくする

・リンクを設置する

・情報を詰め込みすぎない

・定期的にブログを更新する

3. SEO対策

SEO対策とは、サイトの上位表示を狙った施策のことです。GoogleやYahooなどで検索されるキーワードをWEBサイトやブログなどに入れ込むことで、上位表示が狙いやすくなります。

住宅業界の場合は窓口での相談を目的に検索をかけている方がほとんどなので、「渋谷区 注文住宅」「新宿区 分譲住宅」というようにエリア名を混ぜたキーワードでSEO対策を練った方がよいでしょう。

さらにSEO対策は、キーワードの選定のみならず質の高いコンテンツ作りが欠かせません。キーワードのみを入れたとしてもコンテンツの質が低いと、上位表示を狙うのは厳しいです。

サイト内容の質の高さやリンクの設置、ページの読み込み速度、モバイル対応最適化などさまざまな工夫でSEO対策を徹底してみてください。

4. SNS

認知拡大を目的とした集客を実施したい場合は、SNSが有効です。X(旧Twitter)やInstagram、LINE、Youtube、TikTokなどさまざまなツールが充実しており、多くの企業でも集客ツールとして活用しています。

SNSによってユーザー数は異なりますが多くの人が利用しているので、魅力的なコンテンツを発信すれば住宅購入に対して興味を持ってもらえるかもしれません。

SNS集客で成功させるためには、SNSの特徴や機能を把握した上で運用するのがポイントです。例えばX(旧Twitter)の場合はテキスト投稿に特化したツールで、イベントや相談会開催の告知に活用できます。

ほかにもInstagramやTikTokなどのビジュアルに特化したSNSの場合は、展示会で紹介される家の雰囲気を投稿してみるとよいでしょう。

SNSによって機能が異なるので、特徴を理解した上で運用してみてください。

5. リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahooなどで表示されるWEB広告のこと。検索キーワードに応じて表示されるため、SEOよりも効率よく集客したい方におすすめです。

リスティング広告のメリットは、ユーザーの目に留まりやすい場所に広告が表示されるところです。検索すると上部または下部に広告が表示されるので、魅力的なコンテンツであれば注目される可能性があります。

【リスティング広告のメリット】

・ユーザーに視認されやすい

・新聞広告や看板広告と比較して出稿しやすい

・高い費用対効果が見込める

ただしリスティング広告を実施する際は、どれくらいの予算をかけるべきなのか事前に決めることが重要です。費用のことを考えずに実施してしまうと、思わぬ出費につながりやすくなります。

リスティング広告の場合は途中で費用を調整することが可能なので、成果に応じて予算を変更するのも1つの手段です。

6. メルマガ

住宅業界の集客には、メルマガも有効です。メルマガと聞くとブログと混同してしまう方もいることでしょう。情報発信を目的としている部分ではブログと共通していますが、メルマガは顧客のメールアドレスを登録しなければならないので、すでにサービスを利用したユーザーに向けて情報発信できます。

メールアドレスに登録したユーザーはサービスの利用に対して本気で考えている傾向にあるので、有力な情報を発信すれば住宅購入につながりやすくなるでしょう。

7. ポータルサイト

住宅業界での集客には、ポータルサイトもおすすめです。ポータルサイトとは同業種の店舗情報を集めたサイトのことで、代表的なサイトだと「suumo(スーモ)」や「homes(ホームズ)」などが当てはまります。

これらのポータルサイトは物件探しのイメージが強いですが、サイトによっては住宅購入に関するコンテンツが充実しています。

例えば「suumo」の場合は注文住宅の相談サービスを展開しており、サイトから対象店舗での相談予約ができます。もし相談での顧客獲得を目的としている場合は、ポータルサイトに登録してみるのも1つの手段です。

8. ポスティング

住宅業界での集客には、チラシや新聞折込などのポスティングもおすすめです。ポスティングはWEB集客と比べて集客できる範囲が狭まってしまいますが、地域住民に向けてアプローチできます。

より魅力的なチラシを配布すれば、地域エリアでの集客で成果が出るかもしれません。魅力的なチラシを作成するためには、以下のポイントを押さえることが重要です。魅力的なチラシを作成し、多くの人に住宅購入に対する興味を持ってもらいましょう。

【チラシ作りのポイント】

・バランスの整ったレイアウト

・テキストの読みやすさ

・会社情報の掲載

・メリハリのあるデザイン

・会社情報の詳細が分かるQRコードの掲載

9. 看板

住宅業界の集客には、看板の設置もおすすめです。店舗前や展示会場にて看板を設置することで、歩行者に向けてアピールできます。より魅力的な看板であれば、住宅購入に関心がなかった方でも足を運んでもらえるかもしれません。

より大々的に住宅の魅力を伝えたい場合は、大きめの看板が望ましいです。大きな看板で家の魅力を伝えて、顧客を獲得しましょう。

10. 勉強会・セミナー

住宅購入を検討している方の中には、「いまいち住宅購入について分からない」という方もいます。

そのようなニーズにアプローチするためには、勉強会やセミナーの開催もおすすめです。勉強会やセミナーで知識を提供することで、住宅購入に対するハードルが下がりやすくなります。

よりスムーズに顧客を獲得したい場合は、勉強会・セミナーの際に相談会や展示会への案内を実施するのがおすすめです。顧客に住宅購入に関する知識を身に着けた上で相談会や展示会に足を運んでもらうことで、具体的な暮らしのイメージがしやすくなります。

店舗や会場での開催はもちろんのこと、オンラインでも勉強会やセミナーの開催は可能なので、ぜひ有効活用してみてください。

集客後に住宅購入の契約につなげるためのポイント

せっかく顧客を獲得したにもかかわらず、住宅購入につながらないのはもったいないです。ここからは、集客後、住宅購入の契約につなげるためにはどのようなポイントを押さえるべきなのか見ていきましょう。

顧客の悩みを聞き出す

住宅購入を考えている顧客のほとんどは、手続きの進め方やローン、土地探し、将来設計などさまざまな悩みを抱えています。悩みの本質を知らずに最初からプランを提案してしまうと、途中から顧客とスタッフとの間で認識のずれが生じやすくなります。

このような認識のずれを減らすためには、まずは顧客の話を聴くことが必要です。悩みを聞き出すことで、顧客からは信頼されやすくなります。顧客との信頼関係が構築するためにも、住宅購入でどのような悩みがあるのか詳細に聞き出しましょう。

多角的な視点からプランを提案する

住宅購入では、住宅ローンや購入後のライフプランの立て方、土地探しなどさまざまな問題が生じます。そのため、多角的な視点から顧客に向けてアドバイスをすることが重要です。もし納得のいく説明をしたい場合は、FPや住宅ローンアドバイザー、宅地建物取引士など

さまざまな分野の専門家に協力依頼をするとよいかもしれません。

多角的な視点からアドバイスすると顧客も住宅購入に対して具体的なイメージがしやすくなるので、納得のいく説明を心がけましょう。

展示会や見学会への案内をする

顧客の中には、「いまいち住まいのイメージが持てない」と感じている方もいます。顧客に住まいに対して具体的なイメージを持ってもらうためにも、積極的に展示会や見学会への案内をしましょう。

窓口でアナウンスをするのもよいですが、LINE公式アカウントやSMSなどのツールを活用して案内するのもおすすめです。

相談後もコミュニケーションを取る

住宅購入に結び付けるためには、相談後のコミュニケーションが欠かせません。しっかりコミュニケーションを取ることで、顧客との信頼関係が構築されやすくなります。

しかしスタッフによっては、電話やメールなどでのやり取りで苦戦している方もいることでしょう。

よりスムーズにコミュニケーションを図りたい場合は、LINE公式アカウントやSMSなどのツールがおすすめ。LINE公式アカウントの場合は普段使っているツールであり、やり取りがしやすいです。一方SMSは通知機能によって円滑なコミュニケーションが取りやすくなります。

ぜひLINE公式アカウントやSMSなどのツールを活用し、顧客との信頼関係を構築してみてください。

住宅業界での集客に苦戦したら『吉和の森』

もし思うように住宅業界での集客がうまくいかない場合は、『吉和の森』がおすすめです。『吉和の森』は東京都港区にあるWEB集客を得意とする広告運用代行会社で、WEBサイトやWEB広告、SNS、ブログなどさまざまな媒体での集客をサポートしています。

媒体の状況や予算に合わせたプランの提案はもちろんのこと、アクセス解析や改善案の提案も実施。デジタルマーケティングにも強みを持っているので、住宅業界でWEB集客に力を入れたい方は利用してみてください。

公式HPはこちら

複数の集客アイデアで住宅業界で顧客を獲得しよう

本記事では、住宅業界でおすすめの集客アイデアを紹介しました。住宅業界で集客を成功させるためには、具体的な集客プランを練った上で複数の施策アイデアを実施するのがポイントです。さらに、集客後の顧客対応も住宅購入に結び付けるために欠かせません。住宅業界で集客を成功させたい方は、ぜひ本記事で紹介した施策を試してみてください。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。
特に不動産業が強く、デジタルマーケティングを使って、不動産投資クラウドファンディングで25万人の会員・出資額50億円を1年間で集めたり、不動産投資の累計販売額は100億を記録する。

◆著書◆
日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」…第3刷
https://amzn.asia/d/4fMhaK8
自社サイトをコストで終わらせないために ウェブ解析士の事例発表集(47) Kindle版
https://amzn.asia/d/br065Wk

◆株式会社吉和の森◆
https://yoshikazunomori.com/

関連記事

カテゴリー

アーカイブ