不動産マーケティングとは|戦略のポイントや具体的な手法も紹介

ブログ 不動産のデジタルマーケティング

不動産マーケティング

不動産マーケディングでは、他社との差別化やブランドイメージの確立が重要です。本記事では、不動産マーケティングの具体的な手法や、戦略を立てる上で意識したいポイントを解説します。不動産経営でマーケティングにお悩みの方は参考にしてみてください。

不動産マーケティングの現状と課題

人口減少により競争が激化している不動産市場において、マーケティングは欠かせない施策の一つです。まずは、不動産マーケティングの現状と課題を見てみましょう。

不動産マーケティングとは

「マーケティング」とは、自社製品やサービスが売れる仕組みを作ることです。不動産業界においては、賃貸物件の契約や物件売買の取引を促すために、自社サービスの成約の増加を目的にマーケティング戦略が立てられます。

人口減少による競争の激化

2023年(令和5年)9月1日時点の人口は1億2445万人となり、前年同月に比べて約52万人の減少(※)となっています。人口減少や少子高齢化が進む中、特に地方エリアにおいては物件需要の減少が予測できるでしょう。

不動産の需要が減少すれば、競合他社との競争の激化は免れられません。そこで、自社のサービスを売り込むためのマーケティングが重要となります。

“総務省統計局 公式HP” 参照

オンライン集客が主流

不動産の情報収集というと、ポータルサイトや店舗による接客といったイメージが強いかもしれません。しかし、スマートフォンが広く普及したことにより、不動産市場においてもSNSやWebサイトといったオンラインツールを活用した集客が主流になりつつあります。

不動産マーケティング手法【オンライン】

ここからは、不動産マーケティングの具体的な手法を紹介します。マーケティングに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。まずはオンラインによるマーケティング手法を見てみましょう。

・自社サイト・HP

・SNS

・ポータルサイト

・一括査定サイト

・マップエンジンの最適化(MEO)

自社サイト・HP

店舗による直接対応やテレアポでは毎日の対応人数が限られますが、自社サイト・HPから情報を発信すればさまざまな層に情報発信が可能です。自社商品やサービスに関わる情報を掲載することはもちろん、ユーザーが求める有益な情報を発信することで閲覧数が増加し、自社の認知拡大につながります

SNS

オンラインのマーケティングにおいて、SNSの活用も押さえておきたい手法の一つ。日頃SNSから情報収集をおこなう顧客も多く、特に若い世代にリーチしやすい点が特徴です。自社製品や取り扱い物件の情報発信はもちろんのこと、なかにはSNS上でキャンペーンやイベントなどを打つ企業もあります。

具体的なツールとしてはInstagramやfacebook、X(旧Twitter)などが挙げられますが、各ツールによって年代ごとの普及率が異なるため、設定したターゲット層や自社サービスに合ったSNSを選ぶことが重要です。

ポータルサイト

ポータルサイトとは、ユーザーが欲しい情報を収集したいときに「最初にアクセスする」サイトを指します。不動産の情報を探しているユーザーにとって最初の入り口(ポータル)となるため、自社物件を掲載することで成約に直結しやすい点がメリットです。

ポータルサイトといってもさまざまなサービスが展開されているため、予算やターゲット層に合ったサイトを選ぶことがポイントです。

一括査定サイト

不動産一括査定サイトとは、ユーザーが複数の不動産会社にまとめて査定をおこなう際に使用するサイトのこと。査定会社側が集客をおこなってくれるため、自社の集客力が弱い場合や、少しでも多く査定依頼を受けたい場合におすすめです。

また、すぐに購入を検討している顧客だけでなく、「とりあえず金額が知りたい」といった層の顧客情報も得られるため、中長期的なアプローチをおこなうことで顧客化できる可能性があります

マップエンジンの最適化(MEO)

マップ検索エンジン最適化(MEO)とは、GoogleマップをはじめとしたWebマップにおける検索順位を上げるための施策のこと。不動産会社を含む実店舗型のビジネスや、地域に根差したビジネスを展開する場合は効果的なマーケティング手法です。

GoogleマップにおけるMEOでは、Googleビジネスプロフィールから企業情報を登録します。以下に具体的なステップをまとめたので、参考にしてみてください。

GoogleマップにおけるMEOの手順
Googleビジネスプロフィール公式ページ にアクセス新規ビジネスを追加ビジネス名を入力カテゴリの選定住所と所在地の登録企業の電話番号とWebサイトの登録オーナー確認(確認コードによる認証)

不動産マーケティング手法【オフライン】

不動産企業は地域性の高いビジネスのため、オンラインだけでなく従来のオフラインによるマーケティングも組み合わせる必要があります。ここでは、主なオフラインのマーケティング手法をピックアップして紹介します。

・折り込みチラシ

・新聞広告

・看板

折り込みチラシ

近隣住民にアプローチしたい場合は、折り込みチラシによるマーケティングも効果が見込めます。特にオープン仕立ての頃や中小規模の不動産会社であれば、認知度の拡大からはじめなければなりません。紙媒体なら郵送後にも消費者の手元に残るため、何度も目に留まりやすくユーザーが行動を起こしてくれる可能性が高い点もメリットです。

新聞広告

Webの普及により発行部数が減りつつある新聞ですが、高年齢や高所得者は購読しているケースも少なくありません。そのため、購入に際してある程度まとまった資金が必要となる不動産業界とは比較的相性のよい宣伝方法であるといえるでしょう。

また、多様化するメディアの中でも新聞に対して「信頼できる」イメージを持っている方も多いため、掲載先に新聞を選ぶことで企業そのもののイメージアップにつながる可能性もあります。

看板

不動産業界においては、看板によるブランディングもおすすめです。とくに特定エリアに絞って展開している企業であれば、近隣エリアに看板をたくさん出すことで「この近くで家を買うときは相談してみよう」といったように、覚えてもらえる可能性が高まります

不動産マーケティングの戦略で意識したいポイント

ここからは、不動産マーケティングで意識したいポイントを紹介します。マーケティング戦略を立てる際の参考にしてみてください。

・ブランドイメージの確立

・DXの活用

・マーケティングオートメーション(MA)の活用

ブランドイメージの確立

不動産市場全体で競争が激化する中、他社との差別化にあたってブランディングが欠かせません。また、不動産業界全体が「押し売りされそう」「勧誘がしつこい」といったマイナスイメージを持たれやすい現状も。しかし、ブランドイメージの確立により顧客に自社の独自性を認識してもらうことができれば、不動産購入の際に選ばれやすい企業になります。

DXの活用

不動産DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、デジタル技術の活用により、業務効率を改善したり、効率的に利益を上げるための仕組みを構築したりすることです。不動産におけるDXの例としては、以下などが挙げられます。

・電子契約システム

・不動産管理システム

・顧客情報管理システム

・オンライン接客システム

マーケティングオートメーション(MA)の活用

マーケティングオートメーション(MA)とは、マーケティング自体を仕組み化する方法や、仕組み化のために使用されるツールのことです。定型化が可能な顧客育成を自動化・効率化することで、浮いた人件コストを他の業務に当てられるようになります。

デジタルマーケティングなら「吉和の森」

不動産会社によっては、社内にマーケティング担当者を採用していないケースもあるかもしれません。自力で広告宣伝をおこなうことももちろん可能ですが、戦略に悩んだときには専門家を頼ってみるのも一つ。

「吉和の森」は各企業の状況に応じて、マーケティングからWeb集客までをサポートしています。

提供しているサービスの一例

・デジタルマーケティング

・webサイト制作

・ITコンサルティング

・インターネットメディア運営

吉和の森 公式HP

デジタルマーケティングやWeb集客を包括的にサポート

「吉和の森」では、デジタルマーケティングからWeb集客までを包括的にサポート。ただ集客するだけでなく、集客できた顧客をどのように契約まで誘導するかのアプローチや、企業のWebを使ったPRの実施など、多角的な観点からコンサルティングをおこなっています。

ていねいなフォローで初心者にもぴったり

また、サービス利用にあたってていねいなフォローがあるので、マーケティング初心者でも運用に困ることがありません。Webに関する知識を持ち合わせていない場合でも、気軽に相談しやすいところが大きな魅力です。

今後のマーケティングをどのように進めてよいかわからない方は、まず相談してみることをおすすめします。

吉和の森 公式HP

ポイントを押さえて不動産マーケティングを成功させよう

不動産マーケティングの具体的な手法や、戦略を立てるときのポイントを解説しました。人口減少に伴い、各エリアで不動産会社同士の競争は激化しつつあります。本記事で紹介したポイントを押さえて、不動産マーケティングを成功させましょう。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。

著書:日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」(https://amzn.asia/d/4fMhaK8)

株式会社吉和の森:https://yoshikazunomori.com/

関連記事

カテゴリー

アーカイブ