不動産動画広告の事例まとめ|メリットも解説!

ブログ 不動産のデジタルマーケティング

不動産動画広告

不動産動画広告を利用すれば、今までよりも幅広い層に不動産会社や物件の魅力を伝えることができます。本記事では、不動産動画広告の事例やメリットについて紹介。不動産動画広告の導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

不動産動画広告の事例5選

動画広告は数多くの不動産会社で用いられています。ここでは不動産動画広告の事例について詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

1.LIFULL HOME’S

LIFULL HOME’SはYouTubeチャンネルを運用しており、会社の広告だけではなく、住まい探しのノウハウやオーナー向けの情報なども発信しています。

広告には知名度のある俳優を起用しており、視聴した方の印象に残りやすいのが特徴です。チャンネル登録者数も1万人を超えており、不動産会社の中では多めといえるでしょう。

以下の動画では、短い時間でLIFULL HOME’Sの特徴を漏れなく伝えています。

物件更新篇|【公式】ホームズ

2.SUUMO

SUUMOもYouTubeチャンネルを運用しており、取り扱っている物件のルームツアーを公開しています。タワーマンションのルームツアーは再生数が20万を超えており、SUUMOの認知度向上に貢献したといえるでしょう。

SUUMOはイメージキャラクターがいるため、テレビCMで視聴者の印象に残りやすいのも特徴です。また、以下の住みたい街ランキングのようなエンタメ性のある動画を配信しているのもSUUMOの特徴といえるでしょう。

【2024年最新版】住みたい街ランキング首都圏TOP10_大宮が躍進!秋葉原&北千住が急上昇|【公式】SUUMO(スーモ)

3.アパートメントラボ

アパートメントラボではYouTubeでアパートのルームツアーを行っています。内見の予約をしなくても、アパートの様子を知ることができるため、利用者にとっては嬉しいサービスといえるでしょう。

一人暮らし向けやファミリー向けで再生リストが別れているため、希望しているアパートの動画を見つけやすいのも特徴です。アパートメントラボでは以下のようなアパート紹介動画が公開されています。

理想的な一人暮らし!?賃貸アパートの常識をぶち壊す1LDKのお部屋【物件紹介】

4.三井不動産

三井不動産はYouTube上で会社の魅力や仕事の様子などを発信しています。CMには有名な俳優を起用し、つい見たくなってしまうような内容になっているのが特徴です。

環境への取り組みについても紹介しており、社会に「三井不動産がどういう存在か」をアピールするために、動画広告が使われているといえるでしょう。以下の動画では三井不動産のオフィスの雰囲気を紹介しています。

三井のオフィス「集まることで生まれる力」篇

5.エイブル

エイブルはYouTube上で新生活をサポートするための動画を投稿しています。エイブルではエイブルでんきやエイブルガスといったライフラインサービスを提供しており、それらの宣伝に用いられているのが動画広告です。

一人暮らしを初めてする方にとってはわからないことも多いため、嬉しいサービスといえるでしょう。以下の動画では新生活サポートプランについて紹介しています。

エイブル新生活サポートMOVIE「エンジョイプラン」篇|エイブル

不動産動画広告を配信するメリット

不動産動画広告を配信するメリットは主に3つです。

  • 視覚と聴覚で物件の魅力を伝えられる
  • 競合の不動産会社と差別化できる
  • 幅広い層に広告を配信できる

それぞれ詳しく解説します。

視覚と聴覚で物件の魅力を伝えられる

インターネット上の文字の情報だけでは、どのような住まいかイメージがしづらい場合があります。動画を利用すれば、視覚的に物件の魅力を伝えられます。

さらに音声によるアナウンスも利用することで、視覚的に情報を伝えることもできるのも動画広告のメリットといえるでしょう。

競合の不動産会社と差別化できる

不動産会社で動画広告を利用しているのはまだ多くありません。動画広告を利用することで、競合の不動産会社よりも効率良く、効果的に情報を発信できます。

競合の不動産会社と情報の発信力において明確な差別化ができる点は、動画広告を利用するメリットといえるでしょう。

幅広い層に広告を配信できる

YouTubeで動画広告を配信する場合は、ターゲット層を選定することができます。今までリーチしづらかった層に狙って配信することもできるため、利用者層の拡大が見込めるのもメリットの1つです。

不動産会社が動画広告を活用できるシチュエーション

不動産会社は以下のようなシチュエーションで動画広告を利用しているケースが多いです。

  • 物件紹介
  • 会社紹介
  • サービス紹介
  • 採用活動

それぞれ詳しく解説します。

物件紹介

アパートの内装や戸建ての外観などを動画で紹介しているケースは多いです。内見の手間を削減できるため、お客様にとっては嬉しいサービスといえるでしょう。

内見の対応が少なくなれば、従業員の工数削減に繋がる点もメリットです。

会社紹介

会社紹介を動画で行っているケースも多いです。これから入社を考えている方に対してアピールになるのはもちろん、取引先の企業に対しての印象を良くするのにも利用できます。

サービス紹介

自社で独自のサービスを実施している場合は、それをアピールする際にも動画広告が利用できます。サービスの具体的な内容については知られていないケースが多いため、視聴者の心を掴むことができれば、新規顧客の獲得に繋げられるでしょう。

採用活動

採用活動の一環として動画広告が用いられる場合もあります。「会社がどのような人材を求めているか」「どういった仕事を一緒にしていきたいか」などを発信すれば、志望者とのミスマッチを減らすことができるでしょう。

不動産動画広告を作成する際のポイント

不動産動画広告を作成する際は、以下のポイントが重要になります。

  • 明るく見やすい動画を撮る
  • 適宜テロップを入れる
  • 要点をまとめる
  • 動画を制作する目的を明確にする

それぞれ詳しく解説します。

明るく見やすい動画を撮る

動画広告において重要なのは見やすさです。なるべく日中の明るい時間帯に撮影を行い、何が写っているのかはっきりとわかるようにしましょう。

夜間に撮影を行う場合は、ライトを設置して見やすくなるように工夫してください。

適宜テロップを入れる

動画の情報量を増やすために重要なのはテロップです。音声だけだと情報が伝わりづらくなってしまうため、重要な箇所にはテロップを入れましょう。

音声をそのまま文字起こしするだけだと、見づらいテロップになってしまいます。どのようにテロップを入れれば良いかは、他の動画広告を見て参考にするのがおすすめです。

要点をまとめる

動画は長すぎると、見づらいものになります。そのため、伝えたい情報を整理して、要点をまとめることが重要です。

動画を作る前に絶対に伝えたい情報をピックアップしておきましょう。

動画を制作する目的を明確にする

先ほども紹介したように、動画を作る目的は数多くあります。1本の動画に会社紹介や物件紹介といった様々な要素を盛り込んでしまうと、見づらい動画になるため、1本1本の動画をどういった目的で制作するか明確にしましょう。

不動産動画広告のルール

不動産動画広告は以下のルールを守る必要があります。

  • 著作権や個人情報の取り扱いには注意
  • 誤解を招く表現は避ける

それぞれのルールについて詳しく解説します。

著作権や個人情報の取り扱いには注意

著作権や個人情報の取り扱いには注意しましょう。動画の中で一般人が写っている場合は、モザイクをかけたり一般人が写っていない動画を使用したりする配慮が必要です。

個人情報についても同様で、他人の家の表札が写っていないか、住所が特定できるような情報がないかなどは、必ずチェックしてください。

誤解を招く表現は避ける

物件を良く見せたいと思い、誇張した表現を行ってしまう場合があります。しかし、誤解を招く表現はトラブルの原因となるため、避けるようにしましょう。ありのままの情報を誇張せずに伝えることが重要です。

不動産動画広告に悩んだら吉和の森に相談!

不動産の動画広告に悩んだ際は、吉和の森にご相談ください。動画広告をどのように活用すれば良いのか、どういった内容にすれば良いのかなどがわからない方に向けて、吉和の森では無料で相談を受け付けています。

現在の状況に応じて最善のプランを提案してくれるため、費用対効果が高いのも吉和の森の特徴の1つです。もちろん、動画広告以外のデジタルマーケティングのサポートも行っているため、不動産会社の集客にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

公式HPはこちら

不動産動画広告で物件や会社の魅力を伝えよう

不動産動画広告は物件や会社の魅力を視覚的に伝えられるため、よりユーザーの心を動かしやすいです。今まで以上の売上を目指せるかもしれません。集客がうまくいっていないと悩んでいる方は、ぜひ、不動産動画広告を活用してみてください。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。

著書:日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」(https://amzn.asia/d/4fMhaK8)

株式会社吉和の森:https://yoshikazunomori.com/

関連記事

カテゴリー

アーカイブ