オウンドメディアで集客を成功させるには?4つの鉄板集客方法も紹介

①デジタルマーケティング ブログ

オウンドメディアとは、運用することで長期的に集客をできるマーケティング施策の1つです。ただし、オウンドメディアは単に運営すればよいというわけではなく、集客に成功するためのコツがあります。

そこで今回は、オウンドメディアで集客するためのポイントや手段、オウンドメディアのメリットとデメリットをご紹介します。

オウンドメディアとは?

オウンドメディアとは、自社が運営するメディアの総称です。具体的には企業ブログや顧客へのメールなどのことを指し、オウンドメディアを経由して顧客を集めることができます。

もちろんオウンドメディアを運営すれば必ずしも顧客を獲得できるわけではなく、効果を得るためにはコツがあります。本記事でご紹介するポイントを実践し、オウンドメディアで顧客を獲得しましょう。

オウンドメディアで集客するためのポイント

オウンドメディアで集客をするためには、以下のポイントを実践する必要があります。

・運用目的を明確にする
・ターゲットに応じたコンテンツを企画する
・複数のメディアを連携させる

ここでは、それぞれのポイントについて詳しく解説します。

運用目的を明確にする

オウンドメディアを扱うときは、運用目的を明確にしておきましょう。目的が売上向上かブランディングか次第で、運用すべきメディアが異なるためです。

オウンドメディアの運用目的の多くは、売上向上かブランディングのどちらかです。運用するメディアごとに特徴やターゲット層が異なるため、目的に適したメディアを運用しましょう。

また、目標達成までの過程を想定しながら運用することも大切です。

ターゲットに応じたコンテンツを企画

ターゲット次第で需要のあるコンテンツは異なるため、ターゲットに応じたコンテンツを企画しましょう。

サイトを訪れる人の行動や心理に応じたコンテンツを作ることは、ターゲットに興味を持ってもらうために必要不可欠です。ターゲットとしたい人がどのようなデバイスで、かつどのような経緯でコンテンツにたどり着くかを想定し、どのような情報に好印象を抱くのかを的確に把握してコンテンツを企画しましょう。

複数のメディアを連携させる

コンテンツ同士を連携させることで顧客がより詳しい情報を知ることができるため、メディア同士を連携させることも重要なポイントの1つです。

複数のメディアを連携させることは、継続的な関係強化に有効です。また、画像やテキストなど素材の有効活用にもつながります。

オウンドメディアで集客する手段

オウンドメディアで集客する手段は複数ありますが、主な手段は以下の通りです。

・SEO対策
・Web広告
・SNS運用
・紙媒体

それぞれの手段について、概要や特徴をご紹介します。

SEO対策

SEO対策は、集客を図るための手段の1つです。実際、多くの人が検索エンジンからWebサイトを探しています。検索上位のサイトは訪れる人が増えるため、効率的に集客ができるでしょう。

検索エンジンからWebサイトを探す人は、何かしらのキーワードを入力しています。ターゲットがどのようなキーワードを入力するかを想定し、見やすいWebサイトにするなどの工夫をしてSEO対策をしましょう。特に、Webサイトに関連するキーワードを入れることでそのキーワードが検索された際、上位表示されやすくなってターゲットの獲得につながります。

Web広告

インターネット上に広告を出稿するWeb広告も、人気の集客手段です。他のサイトにアクセスした人の目にWeb広告が触れることで、自社製品やサービスに興味を持ってもらうきっかけを作り、その広告をクリックすれば自社サイトに飛びます。

また、Web広告はターゲットを絞って、興味を持ちそうな人のもとにのみ表示できます。そのためターゲットの目に留まりやすく、潜在顧客の獲得につながるでしょう。

ただし、Web広告にはそれなりの費用がかかるというデメリットもあります。集客につながらなければマイナスになるという点には注意が必要です。

SNS運用

近年は何かしらのSNSを利用している人が多いため、SNS運用もおすすめです。SNS運用は、アカウントの運用費用だけで広告できることから宣伝コストが低く、同じWeb上の広告であるWeb広告と比較しても非常にコスパがよいといえます。

また、情報拡散力が高くターゲット層以外の目に留まる可能性があったり、アカウントを通して対話ができたりすることから、固定ファンを獲得しやすいメリットもあります。

紙媒体

チラシやパンフレットなど、紙媒体で集客するという方法もあります。

インターネットが普及する以前は紙媒体が主流でしたが、最近ではインターネットを活用した集客が増えました。とはいえ紙媒体は、インターネットを利用しない層に有効で、現在でも需要があります。

また、報告会や展示会に設置しておくと多くの人が手に取ってくれて、不特定多数の人に宣伝できます。

オウンドメディアで集客するメリット

集客をする方法は複数ありますが、オウンドメディアで集客するメリットは主に以下の通りです。

・企業価値の向上
・ユーザーへの柔軟なアプローチ
・採用強化

ここでは、それぞれのメリットについて詳しく解説します。

企業価値の向上

オウンドメディアでの集客には、企業価値が向上するというメリットがあります。ユニークなオウンドメディアを運用している会社は、注目されやすくなります。

ただし、オウンドメディアを運用している企業は現在は多数あり、効率的に集客をするには差別化を図ることが必要です。

また、サイトのアクセス数やSNSのフォロワー数などは会社の注目度の指標になります。アクセス数やフォロワー数が多いと企業価値が上がり、信頼度が高いと判断されて顧客を獲得しやすくなるでしょう。

ユーザーへの柔軟なアプローチ

オウンドメディアはユーザーの反応を見ながらアプローチができるため、ユーザーへの柔軟なアプローチができるというメリットもあります。

ユーザーに柔軟なアプローチができれば、企業への好感度や親近感の向上につながります。好感度や親近感が向上すれば、サイトを訪れた人が自社に魅力を感じて顧客になる可能性が高くなるのです。

採用強化

求人サイト内にオウンドメディアを掲載することで興味を持たれやすくなるため、採用を強化できるというメリットもあります。

現代において、就職のための情報収集はインターネットが主流になりつつあります。オウンドメディアを運用して求人サイトに掲載することで、多くの人の目に留まりやすくなるのです。

顧客の獲得だけではなく、優秀な人材の獲得にもオウンドメディアを活用できます。

オウンドメディアで集客するデメリット

オウンドメディアで集客することには、メリットだけではなく以下のようなデメリットもあります。

・Webサイトを作れば終わりというわけではなく、運用にリソースやコストがかかる
・運用の目的とそれに適したメディアを事前に把握しておかなくてはならない

特に、メディアごとに利用しているターゲット層や特徴が異なることから、運用の目的に不適切なメディアを使うと、思うように集客できません。運用の目的を明確にした上で、最適なメディアを活用しましょう。

まとめ

オウンドメディアは有効に活用することで、効率的に集客できます。しかし、オウンドメディアと一言で言っても複数のメディアがあり、それぞれで特徴やターゲット層が異なります。

オウンドメディアで集客できるように、目的やターゲットを明確にしたり、適切なメディアを利用するといった工夫をしましょう。

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。

著書:日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」(https://amzn.asia/d/4fMhaK8)

株式会社吉和の森:https://yoshikazunomori.com/

関連記事

カテゴリー

アーカイブ