不動産会社の集客にチラシを活用|作り方のポイントを紹介!

ブログ 不動産のデジタルマーケティング

不動産会社の集客にチラシを活用|作り方のポイントを紹介!

本記事では、不動産会社の集客に活用できるチラシについて解説します。不動産会社の集客を行う上で、チラシは効果的です。集客効果をより高めるためには、配布方法やデザインなどを工夫しなければいけません。集客効果を高めるコツや作り方についても解説しているので、ぜひご確認ください。

不動産会社の集客にチラシは有効?

不動産会社の集客にチラシは有効です。もちろん、現代ではチラシを利用しなくても集客を行う方法は数多くあります。特に、Webを活用した施策を行えば、チラシよりも集客効果が見込める場合もあるでしょう。

しかし、チラシ特有のメリットも数多くあります。集客の方法としてチラシを活用しようと考えている方は、チラシならではのメリットを理解した上で実施することが大切です。

不動産会社がチラシで集客を行うメリット

不動産会社がチラシで集客を行うメリットは以下の3つです。

  • 手元にチラシを残してもらいやすい
  • 特定エリアをターゲティングがしやすい
  • 安価で集客ができる

それぞれ詳しく解説します。

手元にチラシを残してもらいやすい

Webを使った集客施策の場合は、様々な方に閲覧してもらいやすい一方で、別のページに移ると記憶に残りづらいというデメリットがあります。チラシであれば手元に残してもらえるため、一度渡せば何度もチェックしてもらえる可能性があります。

人間は情報を繰り返し見れば見るほど、記憶に定着しやすいです。手元にチラシを残してもらえれば、それだけ相手に強く印象付けることが可能なため、不動産会社への来店や問い合わせに繋げやすくなるでしょう。

特定エリアをターゲティングがしやすい

チラシは配布するエリアを限定することができます。地方の不動産会社の場合は、特定のエリアに特化して不動産販売を行っている場合もあるでしょう。

チラシは配布エリアを限定することで、特定のエリアだけに注力してアプローチを行うことができます。その結果、自身が所有している不動産を求めてくれる可能性の高い顧客にアプローチがしやすくなります。

Webの施策と比べるとアプローチできる範囲は狭いかもしれません。一方で、ターゲットを行動に繋げやすいという点はチラシのメリットといえるでしょう。

安価で集客ができる

Webで集客を行う場合は、広告を出稿したりホームページを作成したりしなければいけません。ホームページを作るだけではアクセスに繋がらないため、SEOの施策を行う必要もあります。

自社にWeb系の業務に詳しい方がいれば問題ありませんが、いない場合は外部に依頼をしなければいけません。そうなると集客を行うためにかかるコストは高くなってしまいます。

一方で、チラシは作成にかかるコストは少ないです。テンプレートを作成してしまえば、紹介する物件を変更することも容易です。安価で集客ができるという点もチラシのメリットといえるでしょう。

不動産のチラシの集客効果を高めるコツ

不動産のチラシの集客効果を高めるコツは以下の5つです。

1. ポスティングで配布を行う

2. 集合住宅を中心にアプローチする

3. チラシを配布する頻度を高める

4. 配布するターゲットを限定する

5. デザインに統一感を持たせる

それぞれ詳しく解説します。

1. ポスティングで配布を行う

先ほど紹介したようにチラシは、特定エリアに限定してアプローチできるのがメリットです。商店街のような様々な場所から人が集まる場所でチラシを配布しても、エリアを限定することはできません。

チラシはポスティングで配布を行うのがおすすめです。ポスティングであれば、チラシを移動中に捨てられてしまう心配もありません。自社が取り扱っている不動産の需要が高そうなエリアをリサーチして、ポスティングでチラシの配布を行いましょう。

2. 集合住宅を中心にアプローチする

ポスティングを行う上で重要なのは効率です。家同士の距離が離れていると、チラシを配布できる数が少なくなってしまいます。より多くのチラシをポスティングするためには、集合住宅を中心にアプローチをするのがおすすめです。

3. チラシを配布する頻度を高める

先ほども述べたように人間は目にする頻度が多ければ多いほど、印象に残りやすくなります。チラシを一度配布しただけでは、チェックされることなく捨てられてしまうかもしれません。

なるべく高頻度でチラシを配布することで、不動産の購入につながりやすくなるでしょう。一方で、不動産を購入するつもりがない方にとっては、迷惑になってしまう可能性もあります。もし、チラシの配布をやめてほしいという要望があった場合は、無理にポスティングをするのは避けましょう。

4. 配布するターゲットを限定する

集合住宅にチラシを配布する場合は、ポスティングする家庭の年齢層や性別などを調べておくのがおすすめです。例えば、年配の方が二人で住んでいるような場合は、新規で不動産の購入は期待しづらいでしょう。

一方で、二世帯住宅の場合は、将来的に自分たちだけの家を持ちたいと考えているかもしれません。配布する家庭の家族構成に着目し、配布するターゲットを限定することでより高い効果を期待しやすくなります。

5. デザインに統一感を持たせる

チラシは不動産会社のブランドイメージに直結します。不動産会社として良い印象をもってもらうためにも、デザインには統一感を持たせるようにしましょう。繰り返しチラシを配布する場合は、前回配布したチラシのデザインを参考にして、新規のチラシを作成するのがおすすめです。

不動産の集客効果を高めるチラシの作り方

不動産の集客効果を高める上で重要なのはチラシのデザインです。不動産の集客効果を高めるチラシの作り方は、以下の通りです。

1. ターゲットに適したデザインを意識する

2. 具体的な数字を盛り込む

3. スタッフの顔写真を掲載する

4. 問い合わせ先を記載する

5. ユーザーの行動を促す文言を入れる

6. キャンペーン情報を盛り込む

7. 物件が魅力的に映る写真を選定する

それぞれ詳しく解説します。

1. ターゲットに適したデザインを意識する

不動産の購入を検討している層は30〜40代が多めです。そのため、カラフルな色合いが目立つデザインよりは、落ち着いていてシンプルなデザインの方が好まれやすいでしょう。

他の不動産会社が配布しているチラシを参考にしてデザインを考えるのもおすすめです。常にターゲットを意識したデザインを作ることを心がけましょう。

2. 具体的な数字を盛り込む

不動産は高額な買い物になるため、不動産会社自体の信頼性が重要になります。信頼してもらうためには、チラシに具体的な数字を盛り込むのがおすすめです。「販売実績〇〇軒」「お客様満足度〇〇%」といった数字を盛り込めば、お客様が安心して問い合わせしやすくなるでしょう。

3. スタッフの顔写真を掲載する

お客様からの信頼を得るために重要な要素がスタッフの顔写真です。スタッフの顔写真があるだけで、お客様は不動産会社に対して安心感を抱きやすくなります。にこやかな顔写真を掲載し、チラシを通して不動産会社の明るい雰囲気を伝えるようにしましょう。

4. 問い合わせ先を記載する

チラシを見たお客様がスムーズに問い合わせができるように、チラシには問い合わせ先を記載しておきましょう。問い合わせ先と合わせて不動産会社の営業時間や休日なども記載しておくとベストです。

5. ユーザーの行動を促す文言を入れる

チラシにはユーザーが問い合わせをしたくなるような文言を入れましょう。「相談だけでもOK」「少しでも興味があるならぜひ」といった気軽に問い合わせをしやすくなる文言が含まれていると、ユーザーは行動に移しやすくなります。

問い合わせのハードルを可能な限り下げることを意識してチラシのデザイン作成を行いましょう。

6. キャンペーン情報を盛り込む

チラシに今しか実施していないサービスの情報が盛り込まれていると、ユーザーは行動を起こしやすくなります。「今、不動産会社にお越しいただいた方に〇〇プレゼント」といったキャンペーンが記載してあるだけで、チラシの効果は大幅に高まると考えられるでしょう。

7. 物件が魅力的に映る写真を選定する

不動産会社において物件を魅力的に見せることは欠かせません。チラシに掲載する物件の写真はなるべくこだわって、魅力的に見えるように工夫しましょう。もちろんですが、周囲の物件を映さないように配慮したり、表札を隠したりといった対応も必要です。

不動産会社のチラシ作成で利用できるテンプレート

ゼロからチラシのデザインを考えるのは容易ではありません。チラシを作成する際は、以下のテンプレートを活用するのがおすすめです。

  • ラクスル
  • PIXTA
  • MEGA SOFT

それぞれのテンプレートについて詳しく解説します。

ラクスル|写真と文字を入れるだけで作れる

ラクスルはチラシやフライヤーのテンプレートが豊富なサイトであり、写真と文字を入れるだけで完成度の高いものを制作可能です。デザインが苦手という方にはおすすめのテンプレートです。

PIXTA|専用ソフト不要で利用できる

PIXTAは32種類のテンプレートがあり、パワーポイントでデザインの制作が可能です。専用ソフトを用意する必要がないという点はメリットといえるでしょう。パワーポイントの取り扱いに慣れている方にはおすすめです。

MEGA SOFT|不動産に特化したテンプレートが豊富

MEGA SOFTはテンプレートの中でも、不動産に特化したものを多く取り扱っているのが特徴です。間取り図や区画図などを活用したチラシを作成したいと考えている方は、ぜひMEGA SOFTをご活用ください。

不動産会社の集客サポートは吉和の森に相談

不動産会社はチラシを活用しても集客が上手くいかないケースもあります。そんな場合はぜひ吉和の森にご相談ください。

吉和の森はWebを使った集客のサポートを行っている会社です。チラシによるアナログなアプローチだけではなく、Webも活用することでさらなる集客を見込めます。もちろん、より効果的なチラシの使い方のアドバイスも行っています。

不動産会社の集客に悩んでいる方は、ぜひ吉和の森にご相談ください。

▶︎お問合せはこちら

不動産会社の集客効果を高めるためのコツを意識して作成しよう

不動産会社のチラシは集客に効果的で、ブランドイメージに直結します。共感できないデザインだと、他の不動産会社に流れてしまうかもしれません。そのため、集客効果を高めるためには、本記事で紹介した方法を参考にしつつチラシを作成するのが大切です。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。
特に不動産業が強く、デジタルマーケティングを使って、不動産投資クラウドファンディングで25万人の会員・出資額50億円を1年間で集めたり、不動産投資の累計販売額は100億を記録する。

◆著書◆
日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」…第3刷
https://amzn.asia/d/4fMhaK8
自社サイトをコストで終わらせないために ウェブ解析士の事例発表集(47) Kindle版
https://amzn.asia/d/br065Wk

◆株式会社吉和の森◆
https://yoshikazunomori.com/

関連記事

最近の記事

  1. コラムページに新シリーズがスタート!『初級者のためのやさしくLookerStudioを説明する18回』の最初の5回分を追加しました。

  2. 第5回 :Looker StudioでGA4ダッシュボードを作成してみよう「ディメンションと指標をマスターしよう!」

  3. 第4回 :Looker StudioでGA4ダッシュボードを作成してみよう「表作成をマスターしよう!」

おすすめ記事

  1. 【4刷決定】書籍『日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」』

  2. 株式会社吉和の森 青森県DX総合窓口にサポートIT企業として参加

  3. 【メディア掲載】『東奥日報』10月4日(水)朝刊に、代表取締役 森和吉のインタビューが掲載されました(2023年10月4日)

おすすめ記事2

  1. 『DIGICON ACADEMY~デジタルマーケティング・コンサルタント養成塾~』の募集を4月20日(土)よりはじめました

  2. 『Googleビジネスプロフィール運用アドバイスメニュー』を4月8日(月)よりはじめました

  3. 森和吉のオンラインサロン【デジタルマーケティング塾】が1月8日にオープン

ピックアップ記事

  1. 第1回:LookerStudioでGA4ダッシュボードを作成しよう(LookerStudio概論 LookerStudioとは?)

  2. 第1回 Googleアナリティクス4(GA4)とは?

  3. デジタルマーケティングにおすすめ!東京の会社17選

カテゴリー

アーカイブ