不動産会社のWEB広告のポイントとは?おすすめの媒体と注意点を解説

ブログ 不動産のデジタルマーケティング

不動産web広告

不動産会社の中には効率よく集客するために、WEB広告の出稿を検討している方もいることでしょう。本記事では、不動産会社のWEB広告のポイントについて解説します。さらにおすすめの媒体と注意点も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

不動産会社でWEB広告を出すメリット

WEB広告とは、WEB上で公開する広告のことです。リスティング広告やディスプレイ広告などさまざまな広告媒体があり、ネットユーザーに向けてサービスの宣伝ができます。

不動産業界はもちろんのこと、飲食店や美容系、自動車などさまざまな業界がWEB広告を導入しており、ネットを活用した集客をしたい場合におすすめです。

幅広いユーザーに向けて情報発信できる

WEB広告のメリットは、幅広いユーザーに向けて情報発信できることです。雑誌広告や街頭広告などのオフラインの広告でも十分な顧客獲得は見込めますが、宣伝範囲が限られてきます。

しかし、WEB広告はオフラインの広告のような限りがないため、日本全国または海外のネットユーザーに向けて不動産の魅力を配信することが可能です。

視認性が高く成果が出しやすい

WEB広告の魅力は、SEOと比較して視認性が高く成果が出しやすいところです。SEOの場合は、サイトを上位表示させることで顧客の獲得がしやすくなりますが、競合サイト同士での競争やアルゴリズムの変更の影響を受けやすく、常に上位をキープすることは厳しいでしょう。

しかし、リスティング広告やディスプレイ広告などは、人目につきやすい場所に広告が掲載されるため、SEOよりも多くのユーザーに注目されやすくなります。魅力的なコンテンツであれば、即日で結果が出せるかもしれません。

細かいターゲティングがしやすい

WEB広告のメリットは、細かいターゲティングがしやすいところです。ターゲティングとは、商品やサービスなどをPRする際にどの顧客層をターゲットするか選定すること。年齢や性別、地域、趣味、ライフスタイルなど具体的なターゲット層を絞り込むことで、狙ったターゲット層に向けて広告を発信できます。

例えば住宅ローンに関するWEB広告を配信する場合、「30代サラリーマンで結婚を控えている男性」「4人家族で新しいマイホームを求めているファミリー」というようなイメージです。

具体的なターゲット層を決めて、狙った層に向けて効果的なWEB広告を配信しましょう。

広告にかける予算のコントロールが取りやすい

WEB広告は、低コストで始めやすく広告費のコントロールがしやすいのがメリットです。WEB広告によって課金のシステムは異なりますが、例えばリスティング広告の場合は、1クリック約10円〜100円というように広告費用は抑えられます。

かなりのアクセス数が見込める場合は、1,000回表示で広告費用が発生するインプレッション課金がおすすめです。

WEB広告ごとにかかる費用を下記にまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

WEB広告の種類費用相場
リスティング広告・1クリック約10~100円
ディスプレイ広告・1クリック約10~数百円・1,000回表示で数十円
動画広告1再生:数円インプレッション課金型:1,000回表示で約10~数千円
SNS広告【Instagramの場合】・クリック課金型:1クリック約40~100円・インプレッション課金:1,000回表示で約500~1,000円

効果測定によってデータ測定が図れる

WEB広告のメリットは、効果測定によってデータ測定が図れるところです。サイトへのアクセスはもちろんのこと、購入や問い合わせ、申し込みというようなコンバージョンをリサーチでき、ユーザーの具体的な購買行動が把握できます。

さらにサイトの離脱率もチェックできるので、何が原因でページを離れたのか詳細に分析することが可能です。

不動産会社でおすすめのWEB広告媒体4選

WEB広告には、リスティング広告やディスプレイ広告などさまざまな広告媒体があります。その中でも不動産会社におすすめのWEB広告媒体を紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

1. リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!JAPANの検索結果の上位に表示させる広告のことです。不動産に関するキーワードを指定して広告を出すことで、検索時に表示されやすくなります。検索時にはトップにリスティング広告が表示されるため、SEOよりも多くのユーザーの目に留まりやすくなるのがメリットです。

リスティング広告のポイントは、SEOと同様に適切なキーワード設定を行うことです。例えば渋谷にある物件を広告で紹介したい場合は、「渋谷 物件」というようなキーワード設定を行い広告を作成します。また、サブキーワードとして地域名を入れるとターゲット層が絞りやすくなるため、狙った顧客層を獲得するには有効です。

リスティング広告の運用はGoogle広告アカウントを開設すれば可能なので、ぜひ試してみてください。

リスティング広告を始めてみる

2. バナー広告・ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、WEBサイトやアプリの広告枠に表示される広告のことです。画像や動画などの視覚的なビジュアルを活用した広告となっており、バナー広告とも呼ばれています。

ディスプレイ広告は、物件の紹介におすすめです。物件内部を画像や動画などで紹介することができ、ユーザーは住まいのイメージが想像しやすくなります。より魅力的に物件を紹介したい場合は、入口から入り、部屋を見渡すといったような見せ方をしてみるのもよいかもしれません。

ディスプレイ広告は、リスティング広告と同様にGoogle広告アカウントを開設すれば可能なので、ぜひ試してみてください。

ディスプレイ広告を始めてみる

3. SNS広告

幅広いユーザーに不動産の魅力を配信したい場合は、SNS広告がおすすめです。Facebook広告やLINE広告、Instagram広告など各媒体に備わっており、それぞれのツールを活用して広告投稿できます。各媒体多くのユーザーが利用しているので、効率よく宣伝するにはぴったりでしょう。

SNS広告の魅力は、その媒体ならではの機能を活かして広告宣伝が行えるところです。例えばX(旧Twitter)であればテキストで物件の紹介ができたり、Instagramであれば写真や画像などで物件の魅力を発信したりできます。

さらに、SNS広告はほかのWEB広告と比較して広告らしさが少ないため、魅力的なコンテンツであればユーザーに受け入れやすいのもポイントです。

4. 記事広告

記事広告とは、WEBサイトやブログなどに掲載される記事タイプの広告のことです。記事のような体裁となっているため、広告感が少ない状態で不動産関連のコンテンツを発信できます。

さらに記事広告の魅力は、ほかの広告と比べて情報量が盛り込みやすいところです。かなりのボリュームのコンテンツにしてもテキストで読み通せるため、不動産に関する深い情報を掲載できます。より見栄えのよいコンテンツにしたい場合は、画像や動画などの素材を積極的に活用してみるとよいでしょう。

不動産会社のWEB広告で成果を出すためのポイント

不動産会社でWEB広告で成果を出すためには、以下のポイントを押さえることが重要です。具体的にどのようなポイントを押さえるべきなのか、1つずつ見ていきましょう。

・目的とターゲットの明確化

・広告にかける予算の明確化

・正確な物件情報の記載

・魅力的なコンテンツ作り

・効果測定の実施と施策の見直し

目的とターゲットの明確化

不動産会社でWEB広告を出稿する際は、目的とターゲットを明確にすることが重要です。何も目的を決めずに無作為に広告を投稿したとしても、広告で何を伝えたいのかユーザーには伝わりにくくなります。

少しでも多くのユーザーに不動産に対する興味関心を抱いてもらうためにも、“ファミリー層に新築物件に住んでほしい”“取り扱っている物件を購入してほしい”というように、広告を出稿する具体的な目的を立てましょう。

さらにターゲット層を決める際は、ペルソナを設定するのがポイントです。ペルソナとはターゲット層を具体的にしたユーザー像のことで、性別や年齢、ライフスタイル、悩みなどを細かく設定することで、ターゲット層がイメージしやすくなります。

ペルソナを設定して、ターゲット層の心に刺さる広告を配信しましょう。

広告にかける予算の明確化

不動産会社でWEB広告を出稿する際は、広告にかける予算を明確にしましょう。WEB広告は数十円規模から始められますが、予算のことを考えずに広告を出してしまうと思わぬ出費の発生につながりやすくなります。

このような失敗に陥らないためにも、WEB広告にどれくらいの予算をかけるべきか事前に明確にしましょう。媒体ごとにコストの内訳を比較すると、どれくらいの費用がかかるのか把握しやすくなるためおすすめです。

正確な物件情報の記載

不動産会社でWEB広告を出稿する際は、物件に関する情報を掲載することがほとんどでしょう。物件に関するコンテンツを作成する場合は、正確な物件情報を記載することが重要です。記載されている情報が不正確だと、広告の質の低下のみならず、不動産会社の信頼低下にもつながりやすくなってしまいます。

このようなトラブルに発展しないためにも、物件情報は正確に記載しましょう。

魅力的なコンテンツ作り

不動産関連のWEB広告を作成する際は、クオリティーの高いコンテンツ作りが必要です。テキストが読みにくかったり、掲載している画像が見えにくかったりすると、ユーザーはコンテンツを閲覧するのにストレスを感じやすくなってしまいます。質の悪いコンテンツであれば、すぐに離脱してしまうかもしれません。

WEB広告は、読みやすさと見やすさも重要です。少しでも多くのユーザーに興味を持ってもらえるよう魅力的なWEB広告に仕上げましょう。

効果測定の実施と施策の見直し

WEB広告で成果を出すためには、定期的に効果測定を行いPDCAサイクルを回すことが必要です。ユーザーの閲覧履歴やコンバージョン率などを細かく分析し、改善できるポイントを模索しましょう。

効果測定でおすすめのツールは、Google Analyticsです。豊富な機能でユーザーの具体的な行動パターンが詳細に分析できるので、WEB広告の効果測定に活用してみてください。

Google Analyticsの詳細

不動産向けのWEB広告での注意点

不動産向けのWEB広告を出稿する際は、いくつか注意しなければならないポイントがあります。もし誤った掲載方法でWEB広告を出してしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれるかもしれません。

トラブルに巻き込まれないためにも、広告ルールを今一度確認しましょう。

誇大広告に注意する

不動産向けのWEB広告で注意するべきポイントは、誇大広告です。建物の立地や広さ、写真や金額など、事実とは異なる情報を記載してしまうと、広告違反になってしまいます。また、入力ミスによる表記ミスも誇大広告と見なされる可能性があるため、注意が必要です。

誇大広告による広告違反は不動産会社の信用低下にもつながりやすくなるので、広告を出す前に情報に誤りがないか見直しを徹底しましょう。

広告開始時期に期限がある

不動産の広告には、広告開始時期の制限が設けられており注意が必要です。例えば建築確認前の分譲住宅や、造成前の土地などの未完成物件を広告に出してしまうと、広告違反になってしまいます。

もし宣伝する物件の中で工事中であったり、工事完了が不透明だったりする場合は、広告出稿を控えるようにしましょう。

取引態様の明示が義務付けられている

不動産向けの広告を出す際は、取引態様の明示が義務付けられているので注意が必要です。取引態様には、自己取引と代理取引、媒介の3つの宅地建物の取引形式があり、これらの記載がなかったり内容が異なっていたりする場合は広告違反につながりやすくなります。

不動産向けの広告を出す際は、取引態様の詳細を必ず明示しましょう。

不動産広告のルールを確認する

不動産のWEB広告で苦戦する場合は広告運用代行がおすすめ

もし不動産向けのWEB広告で苦戦する場合は、広告運用代行がおすすめです。WEB広告に詳しいプロに依頼すれば、質の高いWEB広告運用をサポートしてくれます。

WEB広告の運用代行には月約10〜20万円のコストがかかってしまいますが、広告運用の業務負担軽減につながりやすくなるでしょう。

企業によって運用代行の料金が異なるので、複数の会社ごとに費用相場を見積もり確認しましょう。

不動産のWEB広告を代行依頼するなら『吉和の森』

不動産会社のWEB広告を代行依頼するなら、吉和の森がおすすめです。吉和の森は、東京都港区にあるWEB集客を強みとするデジタルマーケティング企業。WEB広告はもちろんのこと、WEBサイトSNS集客、LPなどWEB集客に関するサポートを行っており、手厚くサポートしてくれます。

媒体の状況や予算に応じて集客プランを組んでくれるため、しっかりとしたWEB広告の支援が受けられるでしょう。

不動産会社のWEB広告を代行依頼したい方は、吉和の森を利用してみてください。

株式会社吉和の森の公式HPはこちら

魅力的な不動産向けのWEB広告で顧客を集めよう

本記事では、不動産会社のWEB広告のポイントについて解説しました。不動産会社向けのWEB広告で成果を出すためには、具体的なプランを練った上で魅力的なコンテンツで情報発信することが重要です。ただし広告発信する際は、誇大広告や広告開始時期の制限など法律やルールなどが定められているので注意しなければなりません。これから不動産向けのWEB広告の施策を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。

著書:日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」(https://amzn.asia/d/4fMhaK8)

株式会社吉和の森:https://yoshikazunomori.com/

関連記事

カテゴリー

アーカイブ