不動産会社向けWEB集客方法7選|成功のポイントや注意点を解説

ブログ 不動産のデジタルマーケティング

不動産web集客

不動産会社向けWEB集客方法7選|成功のポイントや注意点を解説

多くの不動産会社の中から自社をアピールするには、公式HPやブログでのSEO対策、動画サイトやSNSの広告などをはじめとするWEB集客が効果的です。本記事では、動産会社でおすすめのWEB集客方法を解説します。成功のポイントやWEB集客を得意とするおすすめの広告運用代行会社もまとめています。

不動産会社でWEB集客を勧める理由

不動産会社で顧客を獲得するためには、WEB集客が欠かせません。ひと昔前までは飛び込みやテレアポ、ポスティングなどのオフライン集客がメインでしたが、ネットが発達した今はWEB集客がベースとなってきました。

不動産業界のみならず他の業界でもWEB集客の導入が進んでいるので、顧客獲得には重要な施策といえるでしょう。

インターネットとスマートフォンの普及

不動産会社でWEB集客を勧める理由の1つは、インターネットとスマートフォンの普及です。10年前まではスマートフォンユーザーは少なかったのですが、現在ではほとんどの人がスマートフォンを携帯しています。

総務省の調査によるとスマートフォンのユーザーは、2010年の地点では9.7%だったところ、2021年の地点では88.6%にのぼりました(※)。スマートフォンユーザーに向けたWEB集客が効果的でしょう。

※“総務省公式HP”参照

不特定多数のユーザーへのアプローチのしやしさ

WEB集客のメリットは、不特定多数のユーザーにアプローチしやすいところです。テレアポやポスティングなどでも顧客獲得は可能でしたが、アプローチする人数が限られています。

しかしWEB集客の場合は、ネットユーザーに向けてサービスのPRをすることが可能です。オフライン集客よりも、多くの人に物件や不動産の魅力を宣伝できます。

豊富な集客施策

WEB集客のポイントは、集客施策が豊富なところです。SEOやMEO、SNS、リスティング広告などバリエーション豊富な施策が充実しており、これら全てネット上で実行できます。複数の施策を組み合わせれば、さらなる顧客獲得につながるでしょう。

集客の見直しが可能

WEB集客のメリットの1つは、集客の見直しがしやすいところです。専用のアクセスツールを使って顧客の行動を分析することができ、ページの閲覧履歴やアクセス率、購入件数などがチェックできます。

これらのデータをもとに集客の課題が見えやすくなるため、どのようなポイントを改善するべきなのか明確に把握しやすくなるでしょう。

不動産会社向けWEB集客方法おすすめ7選

不動産会社向けのWEB集客には、どのような手法があるのか気になるところです。不動産会社におすすめのWEB集客方法をピックアップしたので、気になる施策があればチェックしてみてください。

1. ホームページやブログなどでのSEO対策

ほとんどの不動産会社では、ホームページやブログなどですでに物件情報やコラム、会社情報などさまざまな情報を提供していることでしょう。しかしより多くのユーザーにサービスの存在を認知してもらうためには、SEO対策が欠かせません。

SEO対策で検索上位を狙うためには、キーワード選定のみならず、サイトのコンテンツの質の高さやリンクの設置、ページの読み込み速度、モバイル対応最適化などさまざまな工夫が必要です。

ホームページやブログのコンテンツのクオリティーを高くし、検索上位を狙いましょう。独学でSEO対策をしても掲載順位が上がらない場合は、プロを頼るのも手です。

2. MEO対策

MEO対策とは、Googleビジネスプロフィールを活用し、Googleマップ上での検索結果において上位表示を狙う施策のことです。MEO対策を徹底することで、特定の地域で不動産会社を探しているユーザーに店舗の存在を認知してもらいやすくなります。

MEO対策で成果を出すためには、Googleビジネスプロフィールのアカウント情報を充実させることが重要です。不動産会社の基本情報はもちろんのこと、どのようなサービスを展開しているのかしっかり記載しましょう。

さらに物件の最新情報を発信したい場合は、投稿機能を活用するのがおすすめです。投稿機能で定期的に情報発信することでユーザーに注目されやすくなるので、新しい物件やキャンペーンなど最新の情報を積極的に投稿してみてください。

Googleビジネスプロフィールを使用してみる

3. SNS

不動産会社の集客には、SNSの活用も有効です。X(旧Twitter)やFacebook、LINE、Instagramなどさまざまなツールがあり、それぞれの機能を活かして積極的に情報発信することでユーザーに注目されやすくなります。

おすすめのSNSは、画像や動画などビジュアルに特化した機能が特徴のInstagramです。画像や動画などを使って物件の魅力を紹介できるので、ぜひ活用してみてください。

4. リスティング広告

リスティング広告は、検索したキーワードに応じて表示されるWeb広告です。SEOよりもトップに表示されやすいため、ユーザーの目に留まりやすくなります。また広告予算の設定が自由に行えるので、広告にどれくらいのコストをかけるべきか調整しやすいのもメリットです。

リスティング広告で成果を出すためには、適切なキーワード選定とコンテンツのクオリティーの高さが重要です。誤ったキーワードで広告を出してしまったり、コンテンツのクオリティーが低いとユーザーから注目されにくくなってしまいます。

より多くの人に不動産会社のサービスを利用してもらうためにも、適切なキーワードでクオリティーの高い広告にしましょう。

5. 一括査定サイト

物件の売買を行っている不動産会社であれば、一括査定サイトを活用しましょう。一括査定サイトは物件の売却査定価格が分かるサイトで、登録すれば物件売買の顧客が獲得しやすくなります。

「SUUMO売却査定」や「すまいValue」などさまざまな一括査定サイトがあるので、物件の売買を取り扱っている事業者はチェックしてみてください。

SUUMO売却査定を使ってみる

すまいValueを使ってみる

6. ポータルサイト

不動産会社でのWEB集客には、ポータルサイトの利用がおすすめです。ポータルサイトとは、同じ業種の店舗情報を集めたサイトのこと。不動産業界の場合だと「suumo(スーモ)」や「homes(ホームズ)」「athome(アットホーム)」などが挙げられます。

ポータルサイトを利用するほとんどのユーザーは物件探しに対する感度が高いので、魅力的な物件であれば契約してくれる可能性があります。

少しでも多くの顧客に物件契約を結ばせるためには、物件情報を詳細に記載することがポイントです。情報が薄いと、顧客は契約を躊躇してしまいます。情報を記載することはユーザーの信頼感獲得にもつながりやすくなるので、物件の詳細は具体的にしましょう。

suumoを使ってみる

homesを使ってみる

athomeを使ってみる

7. 動画サイト

不動産会社でのWEB集客には、YouTubeやTikTokなどの動画サイトの活用もおすすめです。動画サイトはテキストでは伝わりきれない情報を発信することができ、魅力的なコンテンツであれば注目されやすくなります。

物件紹介はもちろんのこと、物件契約のポイントや不動産売買のコツ、専門家を交えたコラボ動画など、さまざまなコンテンツを発信できるので、ぜひ活用してみてください。

不動産会社で集客を成功させるポイント

SEOやMEO、SNSなどさまざまなWEB集客がありますが、施策で成果を出すためにはどうすればよいのか頭を抱えている方もいることでしょう。ここからは、不動産会社で集客を成功させるポイントを解説します。

集客目的の明確化

不動産会社でWEB集客を実施する際は、集客目的を明確にすることが重要です。ただ何となく“新規顧客を獲得したい”というようにざっくりとした目的だと、何のために集客をしているのか見失いやすくなってしまいます。

このような失敗に陥らないためにも、集客目的の明確化が必要です。“新しい物件に顧客に住んでもらいたい”“物件を買い取ってくれる顧客を増やしたい”というように具体的な集客目的を明確にしましょう。

ターゲット層の絞り込み

不動産会社のWEB集客を成功させるためには、ターゲット層の絞り込みが重要です。物件に興味がないニーズに無作為に宣伝したとしても、心に刺さらなければスルーされてしまいます。

ターゲット層を絞り込むポイントは、ペルソナを決めることです。ペルソナとはターゲット層を具体的にしたもので、性別や年代、職業、趣味、ライフスタイルなど具体的な特徴を明確にします。具体的な顧客層を明確にすれば、どのようなターゲット層にアプローチすればよいのか明らかになるので、ぜひ試してみてください。

集客にかける予算と費用の把握

WEB集客を実施する際は、集客にかける予算と費用を把握しましょう。費用のことを考えずにWEB集客を実施してしまうと、思わぬ出費がかかってしまいます。施策の仕方次第では、不動産経営にも支障をきたしてしまうかもしれません。

WEB集客の施策によっては膨大な費用がかかることもあるので、どれくらいの予算をかけるべきなのか事前に整理しましょう。

定期的な効果測定の実施と施策の見直し

不動産のWEB集客で成果を出すためには、定期的な効果測定の実施と施策の見直しが欠かせません。専用のアクセスツールを活用してサイトのアクセス率や滞在時間、成約率などを分析し、集客の課題を見つけましょう。

効果測定ツールは「Google Analytics(グーグルアナリティクス)」がおすすめです。自動分析機能やレポート機能、データのグラフ化などさまざまな機能が充実しており、無料で活用できます。気になった方は、ぜひチェックしてみてください。

Google Analyticsを使ってみる

不動産会社でのWEB集客に苦戦したら『吉和の森』

もし不動産会社のWEB集客で苦戦したら、『吉和の森』のサービスがおすすめ。web集客を得意とする広告運用代行会社で、WEBサイトやWEB広告、SNSなどさまざまな施策のサポートを行ってくれます。

さらに予算に応じて集客プランを練ってくれるのもポイント。背伸びをすることなく、集客のサポートが受けられます。また改善案の提案もしてくれるため、WEB集客初心者の方でも施策の軌道修正がしやすいでしょう。

不動産会社でのWEB集客のサポートを受けたい方は、ぜひ吉和の森のサービスを利用してみてください。

詳細はこちら

不動産向けのWEB集客を成功させよう

本記事では、不動産会社でおすすめのWEB集客方法を紹介しました。不動産会社で効率よく顧客を集めるためには、複数の集客手法を実施するのがポイントです。これから不動産会社で本格的にWEB集客に取り組む方は、ぜひ参考にしてみてください。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。

著書:日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」(https://amzn.asia/d/4fMhaK8)

株式会社吉和の森:https://yoshikazunomori.com/

関連記事

カテゴリー

アーカイブ