不動産会社のホームページ集客のポイントとは?おすすめの施策やサイト作りのコツも紹介

ブログ 不動産のデジタルマーケティング

不動産ホームページ集客

不動産でより多くの顧客を集めるためには、ホームページの製作と運用が欠かせません。しかしサイトに人が集まらず、集客に苦戦している方もいることでしょう。本記事では、不動産会社のホームページ集客のポイントについて解説します。おすすめの施策も紹介するので、サイト作りや運用などに役立ててみてください。

不動産のホームページ集客を成功させるポイント

ほとんどの不動産会社では、多くの顧客を集めるためにホームページを開設していることでしょう。しかしただ単にサイトを開設するだけでは、意味がありません。より多くの顧客にサービスを利用してもらうためには、以下の2つのポイントを押さえることが重要です。

・ホームページに訪れるための集客施策を実施する

・ホームページ内のコンテンツを充実させる

ホームページに訪れるための集客施策を実施する

ホームページにユーザーを集めるためには、集客施策を実施することが必要です。例えばSEOやWEB広告、SNSなどの集客施策を施すことで、ユーザーのサイトへのアクセスが促せられやすくなります。

さらに複数の施策を実施すれば、効率よくユーザーを集められるのでおすすめです。

ホームページ内のコンテンツを充実させる

不動産のホームページ集客を成功させる2つ目のポイントは、コンテンツを充実させることです。どんなに見栄えのよいサイトであっても、コンテンツの内容が薄いとユーザーは離脱しやすくなります。

ユーザーの離脱を抑えるためにも、物件情報はもちろんのこと、会社の概要やサービス内容、独自の強み、お問い合わせフォームなどを充実させましょう。

不動産会社のホームページでおすすめの集客方法

不動産会社のホームページに多くのユーザーを集めるためには、集客施策が欠かせません。とくにおすすめの集客方法は、SEO対策とWEB広告、SNS、MEO対策の4つです。1つの施策を実施するのもよいですが、効率よく集客したい場合は複数の施策を実施するのが望ましいでしょう。

1. SEO対策

SEO対策とは、GoogleやYahoo!などの検索サイトで上位表示を狙う施策のことです。ユーザーが利用しそうなキーワードを明確にし、対象の語句に基づいたコンテンツを作ることで上位表示が狙えます。

例えば「渋谷 物件」というような検索キーワードでサイトを製作する際は、渋谷の物件に関する内容をサイトに記載するようなイメージです。SEO対策のポイントを以下にまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

・「渋谷 一戸建て 安い」というように複数のキーワードでSEO対策を練る

・キーワード検索ツールを活用してキーワードを選定する

・情報収集し質の高いサイトにする

・リンクを充実させる

・ページの表示速度を速くさせる

・定期的に情報を更新する

・効果測定を行いサイトの見直しをする

コラムで情報発信する場合はコンテンツSEOにも力を入れる

コンテンツSEOとは、記事コンテンツで検索の上位表示を目指すSEO対策のことです。ホームページでのSEO対策と同様にキーワード選定を行い、記事コンテンツを通してユーザーに有益な情報を届けます。

例えば「大阪 堺 物件探し方」というキーワードで記事を作成する場合、堺市での物件の探し方のポイントやおすすめ物件を紹介するというようなイメージです。より多くのユーザーに不動産会社のブランドを認知してもらいたい場合は、記事の最後に自社の不動産サービスを紹介して終わるのが望ましいでしょう。

2. WEB広告

不動産向けのホームページ集客には、WEB広告もおすすめです。WEB広告とはWEB上で公開する広告のことで、リスティング広告やディスプレイ広告、SNS広告などさまざまな媒体を活用して不動産会社のサービスを宣伝できます。

さらにWEB広告はターゲティングが行えるため、狙ったターゲット層に向けて不動産の宣伝が図れるのがポイントです。

効率よく集客したい場合は、複数の広告手法を実行してみるのもよいでしょう。代表的なWEB広告を下記にまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

WEB広告の種類特徴
リスティング広告・GoogleやYahoo!の検索結果の上位に表示させる広告のこと・自然検索よりも上位に表示されやすく注目されやすい・多くのユーザー獲得に期待できる
ディスプレイ広告・GoogleやYahoo!の広告枠に表示させる広告のこと・画像、動画などの視覚的なビジュアルを使って広告宣伝ができる
SNS広告・SNSツールを活用した広告手法・X(旧Twitter)やInstagramなど各媒体に対応している・SNSユーザーに向けて宣伝できる

3. SNS

より多くの顧客を集めたい場合は、SNSがおすすめです。X(旧Twitter)やInstagram、Youtubeなどさまざまなツールが充実しており、それぞれのツールの特徴を活かして不動産の魅力を伝えられます。魅力的なコンテンツを発信すれば、さらなるブランド認知拡大が期待できるでしょう。

ただしSNSを運用する際は、炎上リスクに注意しなければなりません。もし不適切な発言で炎上してしまった場合、不動産のブランドイメージにも影響を受けてしまいやすくなってしまいます。

不動産会社の信頼喪失を避けるためにも、SNSアカウントを運用する際は炎上対策も徹底させましょう。

4. MEO対策(Googleビジネスプロフィール)

MEO対策とは、Googleマップやローカル検索で上位表示を狙う施策のことです。ユーザーによってはGoogleマップ上で店舗の場所を探す方もおり、Googleマップエンジンの最適化を図ることで上位表示が狙いやすくなります。またSEOよりも検索上位に表示されやすいため、多くのユーザーに注目されやすくなるのがメリットです。

MEO対策を実施するには、Googleビジネスプロフィールへのアカウント登録が必要です。サービスの内容や会社の概要、WEBサイトへのリンクの設置などアカウント情報を充実させ、上位表示を狙いましょう。

Googleビジネスプロフィールを使用してみる

不動産会社のホームページ集客で成果を出すためのポイント

不動産会社のホームページ集客で成果を出すためには、以下のポイントを押さえることが重要です。もしホームページ集客で苦戦した場合は、以下の項目で問題がないか確認してみてください。

・ターゲットの明確化

・サービスの特徴の表記

・読みやすいサイト作り

・使いやすく見やすいデザイン

・モバイルに対応したサイト構造

ターゲットの明確化

不動産会社のホームページ製作では、ターゲット層の明確化が必要です。ターゲット層が不明確な状態だと、誰に向けて情報発信されているのかユーザーが分かりにくくなってしまいます。

ターゲット層を明確にするポイントは、ペルソナ設定をすることです。ペルソナとはターゲット層を具体的にしたユーザー像のことで、性別や年齢、ライフスタイル、悩みなどを細かく設定することで、ターゲット層がイメージしやすくなります。

ペルソナ設定の具体例を下記にまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

・年齢:20代後半~30代前半

・職業:サラリーマン

・年収:300~400万円

・ライフスタイル:独身で一人暮らし

・悩み:安い物件が見つからない

サービスの特徴の表記

不動産会社のホームページを製作する際は、サービスの特徴を明記しましょう。ユーザーにサービスを利用してもらうためには、不動産会社が売りにしている事を前面に出すことがポイントです。

例えば不動産売却をテーマにしている場合は、売却に関する内容を表示したり、仲介手数料0円を売りにしている場合はトップページで大きく表示したりすることで、ユーザーが一目でどのようなサイトなのか把握しやすくなります。

より多くの顧客を獲得するためにも、サイトに訪れたユーザーがどのような不動産会社なのか一目で分かるように特徴を表記しましょう。

読みやすいサイト作り

不動産会社のホームページ作りには、読みやすさも重要です。どんなに魅力的なコンテンツであっても文章が長すぎたり、難しい表現を使っていたりするとユーザーは読みにくさを感じやすくなってしまいます。サイトに記載されている内容が理解できなければ、そのまま離脱する可能性もあるでしょう。

より多くのユーザーにサービスを利用してもらうには、サイト内のテキストを簡潔かつ分かりやすく表記することが重要です。もし記載する内容がまとまらない場合は、1度リスト化して改めて文章にしましょう。

使いやすく見やすいデザイン

不動産会社のホームページは、使いやすさと見やすさが重要です。情報の詰め込み過ぎによってサイトが見えにくくなったり、サイト内の構造が複雑になっていたりすると、ユーザーは不便さを感じやすくなってしまいます。

ユーザーが気軽にサイトを閲覧できるようにするためにも、使いやすく見やすいデザインを意識しましょう。

モバイルに対応したサイト構造

不動産サイトに訪れるユーザーの中には、スマホやタブレットなどのモバイル端末で閲覧する方も少なくありません。そのようなユーザーでもサイトが利用できるよう、レスポンシブデザインの導入やコンテンツの圧縮、AMPページの作成などでモバイルの最適化を図りましょう。

不動産会社のホームページ集客で苦戦した場合は『吉和の森』

もし不動産会社のホームページ集客で苦戦した場合は、『吉和の森』がおすすめです。吉和の森は、東京都港区にあるデジタルマーケティング企業で、WEBサイトやWEB広告、SNS集客、LPなどWEB集客に関するサポートを行っています。

媒体の状況や予算に応じて集客プランを組み立ててくれるため、ベストなやり方でWEB集客が行えるのが魅力です。

不動産会社向けのホームページ集客にも力を入れているので、集客で苦戦している方は『吉和の森』を利用してみてください。

株式会社吉和の森の公式HPはこちら

ベストな集客アイデアで不動産会社のホームページにユーザーを呼び込もう

本記事では、不動産会社のホームページ集客のポイントについて解説しました。不動産会社向けのホームページに人を集めるためには、SEOやWEB広告などでサイト流入を促すことが重要です。さらにホームページ内での成約率を高めるためには、質の高いサイト作りを意識する必要があります。クオリティーの高いホームページで、ユーザーに不動産のサービスの利用を促しましょう。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。

著書:日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」(https://amzn.asia/d/4fMhaK8)

株式会社吉和の森:https://yoshikazunomori.com/

関連記事

カテゴリー

アーカイブ