不動産の集客にInstagramがおすすめな理由とは?アカウント運用のコツも紹介

ブログ 不動産のデジタルマーケティング

不動産instagram

写真や画像などのビジュアルをメインとしたInstagramは、不動産の集客にもおすすめのツールです。魅力的な物件を紹介すれば、ユーザーが興味を示してくれるかもしれません。本記事では、不動産の集客にInstagramがおすすめな理由とアカウント運用のコツについて解説します。

不動産の集客にInstagramがおすすめな理由とは?

Instagramは、画像や動画などのビジュアル投稿に特化したSNSツールです。プライベートで利用する方がほとんどですが、飲食店や美容系などさまざまな企業が集客のために活用しています。不動産業界でも導入している企業があり、集客にはおすすめのツールといえるでしょう。

ビジュアルで物件の魅力が伝えられる

Instagramは画像や動画などに特化したツールであるため、物件の魅力をビジュアルで宣伝できます。単純に画像のみの紹介でもよいですが、臨場感溢れる演出にしたい場合は動画での投稿もおすすめ。例えば動画で物件内見のような演出をしてみたり、物件購入後のお客様の生活風景を伝えてみたりすることで、ユーザーの印象に残りやすい投稿ができます。

さらにInstagramには、ストーリーやリール、IGTVなどほかのSNSにはないさまざまな機能が備わっているので、物件の宣伝に積極的に活用してみてください。

不特定多数のユーザーにアプローチしやすい

不動産の集客でInstagramを活用する理由は、不特定多数のユーザーにアプローチできることです。Instagramのユーザーは日本国内で約3,300人いるため、不特定多数のユーザーに向けて物件の魅力を宣伝できます。

とくに20代のユーザーが約9,000人、30代のユーザーが約7,000と若いユーザーの数が多いので、若い世代に物件購入の訴求を図るにはぴったりのツールといえるでしょう。

※“Social Media Lab 公式HP”参照

拡散しやすい

Instagramは、拡散力があるのがメリットです。幅広いユーザー層が利用しているので、顕在層から潜在層にかけて物件の魅力を宣伝できます。ストーリーやリール、ハッシュタグなどさまざまな機能が備わっていますが、情報の拡散に有効なのがハッシュタグです。

ハッシュタグ機能とは、投稿内容に関するキーワードを「#」付きで投稿できる機能のこと。ユーザーの中にはハッシュタグ機能で調べる方もいるので、不動産関連のユーザーを獲得したい方は、ぜひ「#」付きの投稿を積極的に試してみてください。

ユーザーとのコミュニケーションが取りやすい

Instagramのメリットは、ユーザーとのコミュニケーションが取りやすいところです。公式サイトでも問い合わせを通してコミュニケーションが取れますが、顧客の中にはハードルの高さを感じる方もいることでしょう。

しかしInstagramは普段から使用しているツールであるため、ユーザーは気軽にメッセージを送信できます。直接投稿に対してコメントを送ることはもちろんのこと、「@+ユーザー名」で送信相手を明確にしてやり取りをすることも可能です。

不動産会社がInstagramを運用するポイントとアイデア

Instagramは拡散のしやすさや不当的多数のユーザーのアプローチなど、さまざまなメリットがあります。しかし不動産会社の中にはInstagramの運用方法が分からず、苦戦している方もいることでしょう。ここからは不動産会社がInstagramを運用するポイントとアイデアを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1. アカウント情報を充実させる

Instagramを運用する際は、アカウント情報を充実させましょう。どんなに魅力的な投稿をしたとしても、アカウント情報が充実してなければユーザーからはどんな不動産会社なのか把握しにくくなります。ユーザーの中には、もしかしたら怪しい会社と認識されるかもしれません。

ユーザーから少しでも信頼が得られるようにするためにも、どんな会社でどのような事業を展開しているのかプロフィールを充実させましょう。宣伝っぽい堅苦しさよりも、少しラフなテキストでプロフィールを作成するのがポイントです。

2. 定期的に情報発信する

Instagramを運用する際は、ストーリーや投稿、配信など定期的に情報発信しなければなりません。投稿に日にちを空けてしまうと、インプレッションが下がってしまいユーザーへの不動産会社の認知拡大が乏しくなってしまいます。

新しい物件を紹介したり、不動産に関するコラムコンテンツを配信したりするなどして、定期的に情報発信しましょう。

3. 動画や写真などを積極的に活用する

Instagramで情報発信をする場合は、動画や画像などを積極的に活用しましょう。Instagramにはストーリーやリール、IGTVなどさまざまな機能が備わっているので、これらの機能をうまく使いこなすことで、クオリティーのよい投稿ができます。

魅力的なコンテンツであれば、バズるチャンスがあるかもしれません。

4. ハッシュタグを付ける

Instagramで投稿をする際は、ハッシュタグを付けましょう。効果的なハッシュタグを付ければ、物件購入を検討しているユーザーを顧客として獲得できるかもしれません。

ハッシュタグを付けるポイントは、複数のキーワードを活用することです。例えば「#渋谷 #物件」というようなハッシュタグを付けた場合、渋谷で物件を探している方に向けておすすめの部屋を紹介できます。

不動産の場合は駅名やエリア名、部屋などで検索する傾向があるので、ぜひ活用してみてください。

5. Instagram広告で宣伝してみる

Instagram広告とは、Instagram内で配信できる広告のことです。タイムラインや発見タブなどさまざまな機能が備わっており、視覚的なビジュアルで物件の宣伝ができます。

さらに写真広告や動画広告、カルーセル広告などバリエーション豊富な広告手法があるので、目的に合った広告投稿が実施できるでしょう。広告で物件紹介をしたい方は、ぜひInstagram広告を試してみてください。

6. SNSやホームページのリンクを設ける

ユーザーの中には、不動産会社の詳細について知りたい方もいます。そのようなニーズに向けて、SNSやホームページのリンクを設けましょう。プロフィールに記載することはもちろんのこと、投稿時に掲載するとユーザーが公式リンクを探す手間が減らせます。

さらに、X(旧Twitter)やLINEなどほかのSNSツールも運用している場合は、連携させて認知度を向上させましょう。

7. インフルエンサーとコラボしてみる

魅力的な投稿をしたい場合は、インフルエンサーとのコラボもおすすめです。インフルエンサーとは、多数のユーザーにフォローされている人気のある投稿者のこと。情報拡散力があるため、インフルエンサーが投稿すれば多くのユーザーに不動産会社や物件などの情報が認知されやすくなるでしょう。

インフルエンサーが物件案内を紹介する動画を投稿したり、キャンペーンの宣伝をしてもらったりして、さらなる自社の知名度アップを図ってみてください。

8. インサイト分析を行い運用を最適化させる

インサイト分析とは、Instagramに備わっている解析機能のことです。リーチやインプレッション、プロフィールアクセス、いいね数などユーザーの具体的な行動を分析ができ、今後の運用で改善するべきポイントが把握できます。

インサイト分析はInstagram運用を続けるには欠かせないツールなので、ぜひ活用してみてください。

不動産会社がInstagram運用で注意するべきポイント

不動産会社がInstagram運用をする際は、注意しなければならないポイントがいくつかあります。誤った方法でアカウント運用をしてしまうと、思わぬトラブルに発展するかもしれません。具体的にどのようなポイントに注意するべきか、1つずつ見ていきましょう。

炎上対策を徹底する

不動産会社がInstagramを運用する際に注意するべきなのが、炎上対策です。とにかく物件をアピールしたいということで過激な投稿をしてしまったり、誤った投稿をしてしまったりすると炎上の原因になりえます。

大規模に炎上すれば、不動産会社の信頼低下にもつながるかもしれません。このような実態に陥らないためにも、炎上対策は徹底しましょう。

正確な情報を伝える

Instagramを運用する際、物件について紹介する不動産会社がほとんどでしょう。物件に関する情報を発信する場合は、物件情報を正確に記載することが重要です。記載されている情報が不正確だと、不動産会社の信頼低下にもつながりやすくなってしまいます。

Instagramに物件情報を記載する際は、記載内容に誤りがないか事前に確認しましょう。

人的コストに配慮する

不動産会社でInstagramのアカウント運用をする場合は、運用するスタッフが必要です。画像や動画などを使ったコンテンツの投稿はもちろんのこと、ユーザーからの問い合わせ対応や広告運用、インサイト分析などさまざまなアカウント運用に労力を割かなければなりません。

もし人手不足によってInstagramのアカウント運用が難しい場合は、Instagram運用代行がおすすめです。企業の代わりにInstagramの公式アカウントを運用してくれるので、自力でアカウント運用をするのが難しい場合は活用してみてください。

不動産向けのInstagramアカウントの代行依頼をするなら『吉和の森』

不動産向けのInstagramアカウントの代行依頼をするなら、『吉和の森』がおすすめです。『吉和の森』は、東京都港区にあるデジタルマーケティング企業で、WEB集客を強みにさまざまなサービスを展開しています。SNS集客のサポートも行っており、Instagramの運用も可能です。

さらにSNS集客のほかにもWEB広告やWEBサイト、LPなどWEB集客に関するサポートを行っているので、不動産会社でWEB集客に力を入れたい方は、『吉和の森』を利用してみてください。

株式会社吉和の森の公式HPはこちら

Instagramを開設して不動産の魅力を伝えよう

本記事では、不動産の集客にInstagramがおすすめな理由とアカウント運用のコツについて解説しました。

不動産向けのInstagramのアカウント運用で成果を出すためには、アカウント情報を充実させ、定期的に情報発信することが重要です。

投稿はもちろんのこと、ストーリーズやリール動画などInstagramならではの機能を活用すれば、物件の魅力が伝わりやすくなるでしょう。不動産向けのInstagramを開設予定の方は、ぜひ参考にしてみてください。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。

著書:日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」(https://amzn.asia/d/4fMhaK8)

株式会社吉和の森:https://yoshikazunomori.com/

関連記事

カテゴリー

アーカイブ