不動産業務支援システムおすすめ15選|メリットや選び方についても解説

③不動産のデジタルマーケティング ブログ

不動産業務支援システムおすすめ15選|メリットや選び方についても解説

不動産業務の効率化に役立つおすすめの不動産業務支援システムをはじめ、不動産業務支援システムのメリットや料金、企業のタイプに合わせた選び方について解説します。不動産業におけるスタッフの負担軽減や集客力アップに役立つ内容なので、業務効率化を図りたい経営者の方はぜひ参考にしてみてください。

不動産業務支援システムとは

不動産業務支援システムとは不動産業の賃貸管理業務や仲介業務における、以下のような業務を自動化して、効率よく営業活動が行えるようにするシステムです。

  • 顧客管理
  • 書類作成
  • 物件情報の登録

見込み客を獲得するために必要な地道な作業を不動産業務支援システムは効率化してくれます。

不動産業務支援システムのメリット

不動産業務支援システムの以下のメリットについて解説します。

  • 集客力アップ
  • 管理業務の効率化
  • 属人化の防止に役立つ

集客力アップ

不動産賃貸や仲介において扱っている物件を一般の顧客にアピールするために、ポータルサイトといった媒体に掲載する必要があります。

不動産を扱うサイトは数多くあり、手作業で掲載を行うのはスタッフの負担になる上、より多くのサイトに紹介するためには適切な方法ではありません。

不動産業務支援システムを導入することにより、システム画面上から一括で物件情報を掲載できるようになり、登録した顧客への追客メールも自動で送信できるため集客力アップが期待できます。

管理業務の効率化

不動産管理業務における家賃の振込状況の確認や督促、各種連絡といった作業が自動化できるようになります。定常業務が効率化できることにより、社内のリソース確保にもつながります。

属人化の防止に役立つ

不動産業務支援システムを導入することにより業務をシステム化して属人化を防ぐことができます。

業務の標準化を行い、どのスタッフでも対応できるようにするためには業務フローをデジタル化することが有効であり、不動産業務支援システムといったツールは組織のシステム化に役立ちます。

不動産業務支援システムの種類

不動産業務支援システムにはクラウド型とオンプレミス型があり、それぞれの特徴について解説します。

導入が手軽なクラウド型

クラウド型の不動産業務支援システムとは、オンライン環境でクラウド上にあるシステムにアクセスして利用するタイプのツールのことを指します。クラウド型は特別な設定が不要で、費用がオンプレミス型より抑えられる点が特徴です。

セキュリティ面や機能はメーカーの仕様によるため、システムを比較して自社に合ったものを選ぶ必要があります。

カスタマイズ性が高いオンプレミス型

クラウド型に対してオンプレミス型は、自社に合わせたシステムを構築して独自で運用していくタイプのツールのことを指します。セキュリティ面や機能をカスタマイズして自社でバージョンアップできるため、費用はクラウド型よりかかるのが一般的です。

オンプレミス型はクラウド上にあるシステムを利用するのではなく、自社のサーバーやネットワークを利用したシステムなので、インフラ整備費用や保守の手間がかかります。

不動産業務支援システムの選び方

不動産業務支援システムの以下の選び方について解説します。

  • クラウド型はスタートアップや中小企業におすすめ
  • オンプレミス型は大企業におすすめ

クラウド型はスタートアップや中小企業におすすめ

クラウド型は費用が抑えられて、バージョンアップや保守運用の手間がかからないため、社内リソースが限られているスタートアップや中小企業におすすめのシステムです。オンライン環境があれば手軽に導入できる点がおすすめのポイントです。

オンプレミス型は大企業におすすめ

自社でサーバーやネットワークを構築する必要がある、オンプレミス型はビジネスの規模が大きい企業におすすめです。社内のニーズに合わせられるカスタマイズ性に加えて、企業の存続に関わるセキュリティ面を強化できるのが大きなポイントです。

おすすめ不動産業務支援システム「クラウド型」

以下のクラウド型の不動産業務支援システムをそれぞれ紹介していきます。

  • イエセレクト
  • キマール
  • いい生活賃貸管理クラウド
  • いえらぶCLOUD
  • 賃貸名人
  • らくらく賃貸管理(らくちん)
  • Livartクラウド
  • 不動産クラウド
  • FutureVision Plus
  • ITANDI BB
  • Advanceクラウドシステム
  • WealthParkビジネス

イエセレクト

イエセレクトは基本的な不動産業務支援システムの機能はもちろん、販促物件作成機能が備わっており、ワンクリックで簡単にチラシやPOPの作成が可能です。物件紹介に欠かせない間取り図を作成できる間取り作成機能も利用可能です。作成した間取り図はシステム上で共有できるので、その場で物件情報に登録してサイトにアップすることができます。

初期費用:80,000円(税込記載なし)〜

月額費用:26,000円(税込記載なし)〜

公式HPはこちら

キマール

キマールは取得した不動産情報をクラウド上に一元管理し、いつでもどこでも情報の閲覧、物件紹介ができるシステムです。システムに搭載されたAIアルゴリズムにより、顧客に合った物件を瞬時に提案し、成約確率を高めてくれます。顧客管理や物件概要書の作成などの機能も利用可能です。

初期費用:要問合せ

月額費用:要問合せ

公式HPはこちら

いい生活賃貸管理クラウド

いい生活賃貸管理クラウドはクラウド型の賃貸管理サービスです。物件管理、賃貸契約、入出金管理など賃貸管理業務のさまざまな業務を一元管理できます。システムを通じてリアルタイムに仲介会社へ物件情報を共有できるため定常業務が効率化できます。

初期費用:300,000円(税込記載なし)~

月額費用:20,000円(税込記載なし)~

公式HPはこちら

いえらぶCLOUD

いえらぶCLOUDは仲介業務や管理業務を一括で管理できるシステムです。物件登録は物件自動入力やコメント自動生成といった機能を利用して効率化可能です。顧客管理においても不動産向けのメールひな型やオススメ物件の自動選定機能を利用し効率化でき、反響確認から追客メールまで自動化可能です。

初期費用:要問合せ

月額費用:要問合せ

公式HPはこちら

賃貸名人

賃貸名人は物件情報のデータベース化から家賃管理や解約精算など賃貸管理業務全般を一元化できるツールです。導入することで書類の入力ミスや作成工数の削減が期待できます。

初期費用:198,000円(税込記載なし)~

月額費用:要問合せ

公式HPはこちら

らくらく賃貸管理(らくちん)

らくらく賃貸管理(らくちん)は物件管理から収支報告書、クレームの管理まで賃貸管理業務全般を一元化できる賃貸管理サービスです。リーシング機能と呼ばれる電話自動音声対応やWeb契約システムといった顧客応対の機能も利用可能です。

初期費用:要問合せ

月額費用:要問合せ

公式HPはこちら

Livartクラウド

Livartクラウドは売買・賃貸・管理業務を一括で管理することを目的に開発されたサービスです。手間がかかる物件登録はレインズデータを管理画面に取り込んで簡単に入力することが可能で、クラウド環境を活かして端末間で手軽に情報共有することができます。

初期費用:要問合せ

月額費用:44,000円(税込記載なし)~

公式HPはこちら

不動産クラウド

不動産クラウドは開発用地として期待できる築年数が経った不動産や、事業用土地に特化した不動産マッチングサービスで、オンライン環境を活かして不動産売買を効率化してくれます。登録された業者の売りニーズと買いニーズをマッチングさせて、商談に結び付けられるため、業者間の取引を希望する不動産業者におすすめのサービスです。

初期費用:要問合せ

月額費用:要問合せ

公式HPはこちら

FutureVision Plus

FutureVision Plusは賃貸管理業務の現場で求められる物件管理機能や賃貸借契約管理機能や、管理物件以外の他社物件にも対応した賃貸仲介管理機能も実装したツールです。テナントやオーナー、不動産会社や工事業者といった顧客情報をはじめ、請求や支払といった入出金情報の一元化も可能です。

初期費用:要問合せ

月額費用:要問合せ

公式HPはこちら

ITANDI BB

ITANDI BBはオンライン上で内見予約や入居申込ができる業者間取引サービスです。リアルタイムで物件情報が更新され、入出金管理や契約書や帳票の出力、原状回復の工事発注といったことをニーズに合わせてカスタマイズすることができます。

初期費用:要問合せ

月額費用:要問合せ

公式HPはこちら

Advanceクラウドシステム

Advanceクラウドシステムは物件や顧客情報管理に特化した不動産業務支援システムです。不動産ポータルサイトへのデータ入稿も可能で、人工知能(AI機能)を搭載した物件情報管理システムにより入力作業を大幅に軽減することができます。売買仲介業務で発生する商談状況の管理や会員顧客情報の管理も可能で、営業活動をシステム上からアシストしてくれます。

初期費用:要問合せ

月額費用:要問合せ

公式HPはこちら

WealthParkビジネス

WealthParkビジネスは不動産オーナーと不動産管理会社をアプリでつなぐ業務支援システムです。クラウドとアプリを利用し、異なった環境でも物件情報が共有可能です。収支報告書や募集条件の確認といった不動産管理における共有すべき情報をオンライン環境を利用して伝えることが可能なので、物件オーナーとのやり取りが効率化できます。

初期費用:要問合せ

月額費用:要問合せ

公式HPはこちら

おすすめ不動産業務支援システム「オンプレミス型」

以下のオンプレミス型の不動産業務支援システムをそれぞれ紹介していきます。

  • 賃貸管理システムi-SP
  • 賃貸革命10

賃貸管理システムi-SP

賃貸管理システムi-SPはExcel入力によるデータ管理からの脱却や、財務会計ソフトへの連動などさまざまなニーズに応えることができるオンプレミス型の不動産業務支援システムです。セキュリティ面は信頼性が高いとされるGoogle Cloud Platform™でのサーバー環境で運用可能なので、気になる安全性も万全となっています。

初期費用:要問合せ

月額費用:要問合せ

公式HPはこちら

賃貸革命10

賃貸革命10は不動産における募集業務から建物の修繕業務まで ワンストップでカバーできる不動産業務支援システムです。システムに登録した物件情報を一元管理して客付け会社に共有したり、 簡単に自社ホームページに掲載することが可能です。オンプレミス型の特性を活かして入居者用の連絡アプリや電子契約システムなど、さまざまな機能をカスタマイズすることもできます。

初期費用:0円~

月額費用:7,700円(税込)~

公式HPはこちら

不動産業の反響獲得は株式会社吉和の森がおすすめ

ビジネスにおけるマーケティングやWEB制作なら東京都港区にある「株式会社吉和(よしかず)の森」がおすすめです。さらにITコンサルティングやインターネットメディアの運営も対応しているので、事業における、WEB関連の施策立案や運用にお困りの方に役立つ企業です。

公式HPはこちら

ワンストップでマーケティング施策を実施

株式会社吉和の森ならデジタルマーケティングにおける以下の業務を、まるごと依頼することができます。

  • WEBにおける集客・PR・キャンペーン・サイト・メディア運用
  • 広告運用・代理店との窓口業務
  • 広報
  • データ分析・数値のアウトプット
  • サイト改善の提案(SEO施策・顧客管理・開発会社やツールの紹介など)

更新が滞っているサイトの運用や広告代理店との窓口業務まで、WEBに関するありがちな悩みに対応。デジタルマーケティング領域から事業の発展をサポートしてくれます。

不動産クラウドファンディングも可能

株式会社吉和の森では不動産業のサポートにも対応しており、中でも不動産クラウドファンディングやソーシャルレンディングの集客を得意としています。不動産クラウドファンディングでは80,000人の会員を集客した実績を持っているため、資金調達にお悩みの方におすすめです。

クラウドファンディングに関する料金を以下にまとめました。

  • 広告運用のみの場合:広告費の30%(最低110,000円(税込)から)
  • コンサルティング(集客、PR、事業一般、業界全般の調査など):1か月440,000円(税込)より相談可能
  • コンサルティング+広告運用:1か月440,000円(税込)+広告運用費として広告費の20%から相談可能

興味がある方は以下のリンクより問い合わせてみてください。

公式HPはこちら

不動産業務支援システムは企業の形に合わせて選ぼう

不動産業務支援システムは企業規模やメインとなる業務の種類によって選び方が変わります。不動産業務支援システムの種類は一般的にクラウド型とオンプレミス型に分かれますが、主流となっているのは導入が手軽なクラウド型となっています。不動産業務の効率化を目指す経営者の方はぜひ本記事を参考に不動産業務支援システムの導入を進めてみてください。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。
特に不動産業が強く、デジタルマーケティングを使って、不動産投資クラウドファンディングで25万人の会員・出資額50億円を1年間で集めたり、不動産投資の累計販売額は100億を記録する。

◆著書◆
日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」…第3刷
https://amzn.asia/d/4fMhaK8
自社サイトをコストで終わらせないために ウェブ解析士の事例発表集(47) Kindle版
https://amzn.asia/d/br065Wk

◆株式会社吉和の森◆
https://yoshikazunomori.com/

関連記事

カテゴリー

アーカイブ