不動産業界の業種とは?仕事内容や種類の違いを詳しく解説!

③不動産のデジタルマーケティング ブログ

不動産業界の業種とは?仕事内容や種類の違いを詳しく解説!

不動産業界には様々な業種や職種があります。業種や職種ごとにそれぞれ仕事内容が異なるため、不動産業界に足を踏み入れようと考えている方は、業種や職種の違いについて理解しておきましょう。本記事では、不動産業界の業種について仕事内容や年収などの違いを詳しく解説します。

不動産業界の主な業種は3種類

不動産業界の主な業種は3種類

不動産業界の主な業種は以下の3種類です。

  • 不動産の開発・建築
  • 不動産の売買
  • 不動産の管理

それぞれ詳しく解説します。

不動産の開発・建築

不動産を開発したり、建築したりするのは、不動産業界の根幹となる仕事です。実際に現場で手を動かして作業を行うことが多いですが、デスクワークで設計だけを行う方や耐震テストを担当する方など、様々な仕事があります。

不動産業界は、取り扱う不動産が存在しないと成立しません。そのため、不動産の開発や建築は不動産業界におけるベースとなる仕事といえるでしょう。

不動産の売買

不動産の売買を専門に行っている会社も数多くあります。街の不動産会社の多くは、不動産の売買を主に行っています。

資産さえあれば、多くの不動産を取り扱うことは難しくありません。しかし、不動産の売買を主な事業内容にするためには、多額の費用が必要になります。不動産業界で独立を考えている方には、ハードルが高い業種といえるでしょう。

不動産の管理

賃貸マンションやアパートの管理を行い、家賃収入で利益を得ている方もいます。不動産の管理は、取り扱う不動産が1つだけあれば事業として成立します。そのため、不動産業界の中でも、独立を検討しやすい業種といえるでしょう。

不動産業と宅建業の違い

不動産業と宅建業の違い

不動産業と似ている業種に宅建業が存在します。宅建業は宅地と建物の売買・交換・貸借の取引などを行う仕事です。不動産業と類似していますが、不動産業は先ほど紹介したように管理業務も行います。

そのため、宅建業は不動産業の一部といえるでしょう。対応している業務の幅は、不動産業の方が広いです。

不動産業界の主な職種

不動産業界の主な職種

不動産業界の主な職種は、以下の4つに分けられます。

  • 営業
  • 事務
  • 物件の管理
  • 建物の企画・開発

それぞれ詳しく解説します。

営業

営業は不動産の販売に関する仕事です。お客様に不動産の案内をしたり、契約を取ってきたりするのが主な仕事内容となります。不動産会社の利益のほとんどは、営業の成果に影響されます。

そのため、営業は不動産会社においては欠かせない仕事の1つといえるでしょう。要求されるスキルは他業種の営業と大きく変わらないため、営業のノウハウがある方は不動産業界への転職を検討してみても良いかもしれません。

事務

不動産会社では様々な事務作業が発生します。売上や経費の計算をしたり、顧客の情報を整理してデータとしてまとめたりといった作業は欠かせません。それらの作業を行うための事務作業員も不動産業界の職種の1つです。

営業と同じく、他業種の事務作業員と求められるスキルは大きく変わりません。そのため、ノウハウがある方は比較的容易に不動産業界への転職が可能でしょう。

物件の管理

先ほども述べたようにマンションの住民からの問い合わせを受け付けたり、入居の申し込みがあった際に案内をしたりといった物件の管理は、不動産業界の職種の1つです。一般的には大家やオーナーという呼び方をするケースが多いです。

物件の管理を行う方は、取り扱っている物件に関する事務作業全般に対応しなければいけません。物件に関する基本的な知識も求められるため、上記の2つと比べると不動産業界の知識が必要とされるといえるでしょう。

建物の企画・開発

大手の不動産会社では、建物の企画や開発も積極的に行っています。不動産業界に関する知識はもちろんですが、建物の構造や組み立て方に関する高い専門知識が要求されます。

そのため、未経験から建物の企画や開発職に転職するのは難しいといえるでしょう。大学の建築学科を卒業しているといった経歴が重視されやすい傾向にあります。

不動産業界で役立つ資格

不動産業界で役立つ資格

未経験から不動産業界に転職するのは、ハードルが高めです。少しでも成功率を上げるために、下記の資格の取得を検討しましょう。

  • 宅地建物取引士
  • 賃貸経営不動産管理士
  • マンション管理士

それぞれ詳しく解説します。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は不動産業界を代表する資格の1つです。不動産の売買や契約を結ぶ際に必要となる国家資格であり、多くの不動産会社では従業員にこの資格の取得を求めています。

不動産業界で戦力として働く上で、欠かせない資格といえるでしょう。決して簡単な資格ではありませんが、ゼロから不動産業界を目指すのであれば取得を検討するのがおすすめです。

賃貸経営不動産管理士

賃貸経営不動産管理士は賃貸物件の管理や運営に関する専門知識があることを証明する資格です。先ほど紹介した不動産業界の業種のうち、不動産の管理をメインに行いたいと考えている方は取得するのがおすすめです。

特に、今まで不動産業界で勤務したことのない方が、ゼロから不動産管理を行う場合はこの資格が必須となります。必ず取得するようにしましょう。

マンション管理士

マンション管理士とは、マンションの管理や運営の相談役として業務が可能になる資格です。ゼロから不動産管理を始めた方は、専門知識が乏しいケースもあります。その際に助言をする立場になれるのがマンション管理士です。

マンションのオーナーとしてある程度の知識が身についてきたら、業務の幅を広げるという目的で資格の取得を検討しても良いでしょう。

不動産業界は独立も多い

不動産業界は独立も多い

先ほども述べたように不動産業界は独立して開業する方も多いです。そのため、不動産業界の業種を選ぶ際は「独立のしやすさ」も視野に入れるのをおすすめします。

不動産業界において最も独立しやすい業種は「不動産の管理」です。不動産会社である程度専門的な知識を身につけることができれば、独立しても十分に業務を行えるでしょう。

一方で、不動産の開発は複数人で作業を行わなければいけません。そのため、独立を視野に入れている方には不向きな業種といえるでしょう。

不動産業界で働くメリット

不動産業界で働くメリット

不動産業界で働くメリットは、以下の2つです。

  • 高年収を狙いやすい
  • 多額のお金を動かせる

それぞれ詳しく解説します。

高年収を狙いやすい

業種によっても異なりますが、一般的に不動産業界は高収入を狙いやすいです。なぜなら、人間が生きていく上で不動産というのは必要不可欠な存在であり、今後も一定の需要はあると考えられるからです。

例えば、営業で優れた実績を出せば、若くても年収1,000万円を超えるケースもあるでしょう。仕事における成果次第では、早く高収入を目指せるというのは不動産業界で働くメリットの1つです。

多額のお金を動かせる

不動産業界で取り扱うお金は、他の業界と比べて多いです。一般の方でも、家を購入する際には数千万円の支払いを行います。マンションを購入する場合は、数億円以上かかるケースも珍しくありません。

多額のお金を動かせるのは不動産業界ならではの特徴であり、やりがいを感じやすい部分です。今までの仕事とは違った経験ができるため、仕事そのものに夢中になりやすく、注力できるといえるでしょう。

不動産業界で働くデメリット

不動産業界で働くデメリット

不動産業界で働くのはメリットがある一方で、デメリットも存在します。

  • 土日休みではないケースが多い
  • 価値が変動しやすい

それぞれ詳しく解説します。

土日休みではないケースが多い

業種によっても異なりますが、不動産業界は土日休みではない場合があります。なぜなら不動産の購入を検討しているお客様の多くは、土日にしか不動産会社を利用できないからです。土日休みにしてしまうと、顧客を逃してしまうかもしれません。

そのため、不動産業界は火曜や水曜といった平日が休みになっている場合があります。友人や家族が土日休みで働いていると、予定を合わせるのに苦労するかもしれません。

しかし、平日休みには、渋滞を避けられたり家族がいない1人の時間を過ごせたりといったメリットもあります。自分のライフスタイル次第では、むしろ平日休みの方が好ましいかもしれません。

価値が変動しやすい

不動産の価値は一定ではありません。社会情勢によって大きく変化する場合があります。例えば、社会全体の景気が悪くなると、新しく家を建てたりマンションを買ったりする人が少なくなります。

その結果、高額な不動産の価値は大きく下がってしまうかもしれません。逆に賃貸の需要は高くなる傾向にあります。このように価値が変動しやすいのも不動産業界のデメリットといえるでしょう。

不動産業界で安定した利益を出し続けるためには、社会情勢の変化にも機敏に対応しなければいけません。

不動産業界で働くなら「吉和の森」に相談!

不動産業界で働くなら「吉和の森」に相談!

不動産業界で独立したいと考えている方は、『吉和の森』にご相談ください。『吉和の森』では、デジタルマーケティングによって集客のサポートを行っています。

他にも不動産会社の広告作成や、Webサイトを活用した集客、メールやSNSの運用など幅広く対応しているのも特徴です。集客プランは顧客の状況に合わせて作成しています。

不動産業界で独立する上で欠かせないのが集客です。ぜひ、不動産業界で働きたい、独立したいと考えている方は、『吉和の森』を利用してみてください。

吉和の森の詳細

不動産業界は業種ごとに仕事内容が大きく異なる

不動産業界は業種ごとに仕事内容が大きく異なる

不動産業界は業種が違うと、仕事内容が大きく異なります。不動産業界で働こうと考えているのであれば、自分に合った業種を見つけることが大切です。自身が培ってきたスキルや経験を踏まえた上で、どの業種に挑戦するべきか考えましょう。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。
特に不動産業が強く、デジタルマーケティングを使って、不動産投資クラウドファンディングで25万人の会員・出資額50億円を1年間で集めたり、不動産投資の累計販売額は100億を記録する。

◆著書◆
日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」…第3刷
https://amzn.asia/d/4fMhaK8
自社サイトをコストで終わらせないために ウェブ解析士の事例発表集(47) Kindle版
https://amzn.asia/d/br065Wk

◆株式会社吉和の森◆
https://yoshikazunomori.com/

関連記事

カテゴリー

アーカイブ