不動産会社でLINEの活用がおすすめな理由や注意点を徹底解説!

ブログ

不動産line

身近に使用されているLINEですが、不動産業界でのビジネスツールとしておすすめです。LINE公式アカウントに登録するだけで運用でき、顧客とコミュニケーションのやり取りが円滑にできるようになります。本記事では不動産会社でのLINE公式アカウントを活用するメリットや注意点などについて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

不動産業界でLINEがおすすめな理由

LINE公式アカウントは、飲食や旅行などさまざまな業界で活用されています。不動産業界でも活用することができ、顧客とのコミュニケーションにおすすめです。円滑にやり取りが進めば、物件契約のチャンスが掴めるかもしれません。

顧客が気軽に問い合わせできる

不動産業界でLINEを活用するメリットは、顧客が気軽に問い合わせできることです。公式サイトから問い合わせをする際、心理的ハードルの高さを感じることは少なくありません。

LINEはリアルタイムで1対1のクローズドな対話ができるツールであるため、公式サイトよりも顧客は気軽に問い合わせがしやすくなります。また問い合わせに対してもスムーズに受け答えができるので、話の流れから物件の契約も進みやすくなるでしょう。

高い開封率で目に留まりやすい

メールで顧客に向けて情報発信した場合、通知に気がつかずスルーされることがあります。しかしLINEの場合は、プッシュ通知でメッセージの存在に気づいてもらいやすくなります。

物件契約や内見など重要なお知らせでも、見逃すリスクは低くなるでしょう。

スムーズにコミュニケーションが取れる

LINEの魅力は、スムーズにコミュニケーションが取れるところです。LINEは日常会話のようにコミュニケーションが取れるため、メールよりも話が進みやすくなります。

また過去に話した情報についてスクロールでチェックできるので、わざわざメールの履歴を探す必要がないのもポイントです。

低コストから始められる

LINE公式アカウントのメリットは、低コストから始められるところです。コミュニケーションプランの場合は0円、ライトプランであれば月額5,500円(税込)から始めることができ、低コストから無理することなくLINE公式アカウントが運用できます(※)。

料金の詳細についてはLINE公式HPでチェックできるので、ぜひ目を通してみてください。

LINE公式アカウントの料金プランの詳細

AI応答機能で業務効率化が図れる

LINE公式アカウントのメリットは、AI応答機能で業務効率化が図れることです。万が一業務に追われていて顧客対応ができない場合は、AI応答機能が代わりに問い合わせ対応してくれます。

顧客からのメッセージ内容をAIが判別して回答してくれるので、業務に追われている方にとってはありがたい機能といえるでしょう。

顧客情報を管理しやすい

LINE公式アカウントには、顧客情報を保管できるメモ機能とタグ機能が備わっています。顧客情報をLINE内で蓄積できるため、わざわざ顧客管理のソフトを別で用意する必要がありません。

さらに顧客情報には「要対応」「対応済み」といったラベルを付与することも可能です。ラベルを付与することで、優先するべき顧客が判別しやすくなります。多くの顧客と対応している不動産会社にとっては、便利な機能でしょう。

写真や動画などで情報発信ができる

例えば顧客に向けて物件案内をする場合、具体的な間取りについて写真や動画などで紹介できます。お問い合わせに対して、写真や動画でより詳細な回答ができるのもポイントです。

個人でのやり取りはもちろんのこと一斉送信で写真や動画などを送ることもできるので、ぜひ活用してみてください。

不動産会社がLINE公式アカウントを運用するポイント

LINE公式アカウントには、顧客とのコミュニケーションの取りやすさや開封率の高さなど

さまざまなメリットがあります。しかし、LINE公式アカウントの運用方法が分からず苦戦している方は少なくありません。

ここからは不動産会社がLINE公式アカウントを運用するポイントについて解説するので、ぜひチェックしてみてください。

LINE公式アカウントに登録する

まずLINEでの運用を始めるためには、まずはアカウント登録が必要です。アカウント登録は、公式サイトにある「アカウント開設」というボタンから作成することが可能。公式アカウントを開設し、運用に向けて準備を進めましょう。

LINE公式アカウントを開設する

顧客にLINE公式アカウントの登録案内をする

店舗に訪れた顧客に向けて、LINE公式アカウントの詳細をアナウンスしましょう。掲示するタイミングは、物件紹介やヒアリングなどサービス提供をした後にするのが望ましいです。

不動産会社のサービス内容を理解した上でLINE公式アカウントの存在をPRすると、登録してくれる可能性が高くなるので、いきなり提示するのではなくサービス提供してから案内をしてみてください。

問い合わせに親身になって対応する

不動産会社でLINE公式アカウントを運用する際は、顧客からの問い合わせ対応がベースとなります。顧客に少しでも物件に興味を抱いてもらうためにも、常に親身になって対応するようにしましょう。

しかし不動産会社の中には業務が多忙であるが故に問い合わせしにくい状況があるかもしれません。問い合わせに応じられないことが想定される場合は、AI自動応答システムでいつでも対応できる体制を整えましょう。

定期的に情報発信する

顧客に物件購入の機会を与えるためにも、定期的に物件情報を発信しましょう。顧客の目に留まらせたい場合は、リッチメニューとカードタイプメッセージという機能がおすすめです。

リッチメニューはトーク下部に固定表示できる画像機能で、カードタイプメッセージは画像と説明文を組み合わせた機能が特徴。どちらも画像を活用した機能となっているので、ビジュアルで物件の魅力を伝えたい方は、ぜひ活用してみてください。

不動産会社が活用する公式LINEの機能

公式LINEには、さまざまな機能が備わっています。機能の使い方次第では、さらなるアカウント運用の最適化につながるかもしれません。代表的な機能を下記にまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

・メッセージ配信:ユーザーに向けてメッセージを送信する機能。テキストのみならず画像や動画、音声などの送信ができます。

・チャット機能:顧客と直接コミュニケーションを取ることが可能。場所や時間を問わずメッセージのやり取りができ、会話がスムーズに進みやすいです。

・LINE VOOM投稿:動画コンテンツをメインに投稿内容が閲覧できる機能。目を惹くようなコンテンツを配信することで顧客に注目されやすくなります。おすすめの物件紹介やキャンペーンなどにおすすめです。

・LINEコール:ユーザーと直接通話できる機能。チャットでは伝えにくい連絡や内見案内、物件契約などのシーンにおすすめです。

・レポート機能:アカウント全体を分析できる機能。友達追加の割合やブロック数、投稿内容のクリック数の高さなどが分析できます。

不動産会社がLINE公式アカウントを活用した事例

ここからは、不動産会社がLINE公式アカウントを活用した事例を紹介します。気になった方は、ぜひチェックしてみてください。

1. SUUMO

不動産総合ポータルサイト『SUUMO(スーモ)』では、物件探しや物件の査定などさまざまな機能がお役立ち機能が充実しています。個別での問い合わせには対応していませんが、物件に関するさまざまな情報を発信しているのがポイントです。

2. アットホーム

不動産情報総合サイトであるアットホームでは、公式サイトと同様にLINE公式アカウントでも住まい探しが可能です。またLINE公式アカウントにて定期的に情報発信しており、住まいに関する有益な情報が得られます。

LINEでの問い合わせ対応も整っているので、ユーザーにとっては使用しやすいでしょう。

3. いい部屋ネット

『いい部屋ネット』は、賃貸マンションや賃貸アパートなどをメインに取り扱っている不動産総合情報サイトです。約1,839万人のユーザーが登録しており、公式サイトと同様に公式LINEでも物件探しができます。

個別での問い合わせには対応していませんが、キャンペーンや暮らしに役立つ情報など、さまざまなコンテンツが充実しているのがポイントです。

不動産会社でLINE公式アカウントの運用で苦戦したら『吉和の森』

もし不動産会社でLINE公式アカウントの運用に苦戦したら、『吉和の森』のサービスを活用してみてください。吉和の森は東京都港区にあるWEB集客を強みとするデジタルマーケティング企業です。

WEBサイトやWEB広告、SNSなどのWEB集客のサポートを行っており、LINEの運用方法についても手厚くサポートしてくれます。

予算に応じてプランを練ってくれるので、LINE公式アカウントの運用で分からないことがあれば相談してみてください。

株式会社吉和の森の公HPはこちら

不動産会社でLINE公式アカウントを運用してみよう

本記事では、不動産会社でのLINE公式アカウントの運用ポイントについて解説しました。顧客との円滑なコミュニケーションを取りたい場合は、LINE公式アカウントの活用がおすすめです。さらなる顧客獲得を狙っている方は、ぜひこの機会にLINE公式アカウントを活用してみてください。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。

著書:日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」(https://amzn.asia/d/4fMhaK8)

株式会社吉和の森:https://yoshikazunomori.com/

関連記事

カテゴリー

アーカイブ