不動産業界でリスティング広告を成功させるためには?おすすめの手法を紹介

ブログ 不動産のデジタルマーケティング

不動産リスティング広告

不動産業界では、効率よく集客するためにリスティング広告の運用を検討している会社もいることでしょう。本記事では、不動産業界でリスティング広告を成功させるためのポイントを解説。さらに、おすすめの手法を紹介します。

そもそもリスティング広告とは?

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!で検索した際に表示される広告のことです。ユーザーが検索したキーワードに対して表示され、特定のターゲット層に向けて不動産に関する情報発信ができます。

例えば「新宿 賃貸マンション」というキーワードで検索した場合、上位に新宿の賃貸マンションに関する広告が表示されるようなイメージです。

リスティング広告は検索上部や下部などに掲載されるため、ユーザーの目に留まりやすくなります。ユーザーが求める魅力的なコンテンツであればクリック率が高くなることもあるので、集客手法として有効です。

不動産会社でのWEB広告にリスティング広告がおすすめな理由

ディスプレイ広告やSNS広告などさまざまなWEB広告がありますが、不動産業界ではリスティング広告がおすすめ。不動産会社のターゲット層となるユーザーのほとんどは、物件や不動産に関する情報を集める際は、GoogleやYahoo!などでの検索エンジンを活用する傾向にあるためです。

ほかのWEB広告で集客することは可能ですが、特定のターゲット層を狙う場合は、検索エンジンを使って能動的に調べているユーザーに焦点が当てられるリスティング広告がぴったりでしょう。

注目されやすい

リスティング広告のメリットは、ユーザーに視認されやすいことです。

リスティング広告の特徴は、検索時のページの上部と下部の目立つ場所に広告表示されるところ。SEOよりも優先的に広告ページが表示されるため、魅力的なコンテンツであればユーザーに認知してもらいやすくなります。

スムーズに出稿できる

リスティング広告の魅力は、スムーズに出稿できることです。新聞広告や看板広告などの場合は、媒体の準備や作成などに時間がかかりますが、リスティング広告の場合はタブレットを使うだけで済むため、スピーディーに広告作成ができます。

さらに少ない工数で作成可能なので、出したいタイミングでリスティング広告を出稿できるのもポイントです。

高い費用対効果が見込める

リスティング広告のメリットは、高い費用対効果が見込めることです。リスティング広告はクリックされた回数やコンバージョン数に応じて費用が発生する仕組みとなっており、無駄な出費をかけることなく、広告宣伝ができます。

クリック数に応じて費用は発生するものの十分な顧客を確保できれば、高い費用対効果が見込めるでしょう。

さらにリスティング広告の魅力は、状況に合わせて柔軟に費用を調整できるところです。万が一、十分に顧客を集めることができなかった場合は、リスティング広告の料金を柔軟に変更できます。

よりスマートにリスティング広告の運用をしたい場合は、コンバージョン率に合わせてかける予算を変えてみるとよいかもしれません。

不動産のリスティング広告で抱えるデメリット

リスティング広告には、注目のされやすさや高い費用対効果などさまざまなメリットがあります。しかしリスティング広告ならではのデメリットもあり、広告を掲載する際は課題点を考慮した上で運用することが必要です。

掲載にはコストがかかる

リスティング広告は1クリックあたり数十円から数百円程度ですが、掲載にはコストがかかります。クリックしてそのまま売上に結び付けられればよいですが、クリックしてそのまま終わってしまうと無駄な出費となってしまうかもしれません。

リスティング広告で無駄な出費につなげないためには、事前に広告にかける予算とかかる費用について把握することが重要です。リスティング広告にかける予算を決めることで、無駄な出費をすることなく広告運用がしやすくなります。

もし決めた予算でのリスティング広告の運用が難しくなった場合は、途中で広告料金の調整を検討してみてください。

アプローチできるユーザー層が限られてくる

リスティング広告の強みは、検索するほど意欲的に情報収集している顕在層にアプローチできます。しかし検索しないユーザー層へのアプローチは、リスティング広告では難しいです。

リスティング広告は検索ユーザーに対してコンテンツが表示される仕組みとなっているので、それ以外のユーザー層に不動産の存在を認知させることは厳しいでしょう。

より幅広いユーザー層にアプローチしたい場合は、WEBサイトやSNS、ブログなどさまざまな媒体を活用して宣伝するのが望ましいかもしれません。

専門知識がないと運用が難しい

リスティング広告を運用する際は、SEOや予算設定、ターゲティングなどさまざまな専門知識が必要となります。リスティング広告に関する豊富な知識がないと、うまく広告運用ができず苦戦してしまうかもしれません。

とくに初めてリスティング広告を運用する方は、成果が出るのに半年から約1年以上かかるといわれているので、施策を練る際は長期戦を見積もった方がよいでしょう。

不動産業界でリスティング広告を成功させる手法5選

初めてリスティング広告を運用しようとした場合、どのように作成するべきなのか迷っている方もいるでしょう。ここからは、不動産業界でリスティング広告を成功させるポイントを紹介します。

1. エリアやターゲット層の絞り込みをする

リスティング広告を作成する前に、まずはエリアやターゲット層の絞り込みをしましょう。具体的なエリアやターゲット層を決めることで、誰にどこのエリアの物件を宣伝するべきなのか明確になりやすくなります。

もしターゲット層の絞り込みが難しい場合は、ペルソナを設定するのがおすすめです。ペルソナとはターゲット層を具体的にした人物像のこと。性別や年齢、趣味、ライフスタイルなど具体的な人物像を作ることで、獲得したいターゲット層が決まりやすくなります。

ペルソナの設定事例を下記に記載したので、ぜひ参考にしてみてください。

【住宅購入を検討している家族層を集客する場合】

・年代:30~40代

・職業:会社員

・ライフスタイル:共働きで子育てをしている

・理想の賃貸物件:家族で快適に暮らせる広い住まい

・悩み:初めての住宅購入が不安、自分に合った住宅ローンのプランが見つからないなど

2. キーワード選定をする

リスティング広告を成功させるためには、キーワード選定が重要です。リスティング広告はキーワードに応じて検索表示されるので、選定を怠ってしまうと狙っているターゲット層の獲得が難しくなってしまいます。

より確実にターゲット層を獲得するためには、「渋谷 マンション おすすめ」というようにエリア名や物件名などのキーワードを活用するのがポイントです。もし自社ブランドの拡大を狙っている場合は、会社名を入れてみるのもよいでしょう。

3. 検索キーワードに応じたコンテンツを作る

ターゲット層を逃さないためには、検索したキーワードに応じてリスティング広告を作ることがポイントです。もし検索キーワードとは異なる広告にしてしまうと、ユーザーによっては「納得できる情報が得られなかった」ということで、ページの離脱が起こりやすくなります。

せっかく広告ページにアクセスしてもらったにもかかわらず、検索キーワードとはずれていたことを理由に離脱されてしまうのはもったいないです。

ターゲット層を逃さないためにも、検索キーワードに応じたコンテンツを作りましょう。

4. テキストのみならず画像や動画なども活用してみる

リスティング広告を作成する際は、テキストのみならず画像や写真なども積極的に活用しましょう。不動産について知りたいターゲット層のほとんどは、マンションや一戸建ての物件がどのようなものなのか雰囲気が気になります。

取り扱う物件の外観や間取りなどは、画像や写真などを積極的に使い宣伝しましょう。

5. 定期的に効果測定を実施する

リスティング広告で成果を出すためには、専用ツールを使った効果測定による分析が欠かせません。Googleアナリティクスのように専用ツールを活用することで、ページの閲覧履歴やクリック数、離脱率など、ユーザーの具体的な動向を分析できます。

分析結果で出た数値やデータなどからリスティング広告で改善するべきポイントが見つかりやすくなるので、PDCAを回す上でも重要な作業といえるでしょう。

Googleアナリティクスを使ってみる

リスティング広告の運用を代理店に依頼する際のポイント

もし自社でのリスティング広告の運用が難しい場合は、代理店に依頼するのがおすすめです。広告運用に強い代理店に依頼することで、クオリティーの高いリスティング広告での不動産宣伝が可能となります。

ただし、代理店に依頼する際は、サービスの詳細や料金相場、実績、運用経験などを調べることが重要です。もしサービスの質が低い代理店に依頼してしまうと、思わぬトラブルに発展する可能性があり、選び方には注意しなければなりません。

広告代理店を選ぶ際には、どのようなポイントを押さえるべきなのか見ていきましょう。

広告運用にかかる費用と手数料を把握する

広告代理店に依頼する際は、まずは広告運用にかかる費用と手数料を把握しましょう。広告運用をしてもらう際は、運用する広告費のうち20%が手数料の相場といわれています。例えば月に150万円の広告費をかける場合、そのうちの30万円が手数料がかかるイメージです。

少しでも広告費用を抑えたい場合は、複数社ごとに広告費用の相場を比較するのがおすすめ。広告代理店によって手数料の金額に差があるので、おおよその相場が把握しやすくなります。

複数社の広告費用の相場を比較した上で、利用しやすい企業を選んでみてください。

実績のある広告代理店に依頼する

リスティング広告の運用代行を依頼する際は、実績のある企業を選びましょう。実績が全くない企業を選んでしまうと、思うように成果が出せず無駄な出費で終わってしまうかもしれません。

実績のある企業かどうか見極めるポイントは、GoogleやYahoo!の認定パートナーになっているかどうかです。認定パートナーとして認められている広告代理店は、専門性が高く効果的なコンテンツを作成してくれることが期待されます。

ある程度の実績がないと認定パートナーの称号はもらえないので、広告代理店を探す際はチェックしてみてください。

契約期間や契約条件を把握する

広告代理店に依頼する際は、どれくらいの期間でリスティング広告の運用をしてくれるのか契約期間を把握しましょう。企業によって契約期間は異なりますが、大体数ヵ月であることが一般的です。

さらに企業によっては最低出稿金額を設定したり、限られた媒体で広告運用をしたりというような契約条件を設けているところもあります。条件次第では成果に結びにくくなる場合もあるため、広告代理店を選ぶ際は注意が必要です。

複数社の広告代理店をチェックする際は、契約期間や契約条件なども目を通してみてください。

広告アカウントの情報共有ができる

企業によっては、自社の広告アカウントを移行し広告代理店に代行してもらったり、広告代理店の広告アカウントを使ってコンテンツを発信したりするなど、さまざまな形式で広告アカウントを運用することでしょう。

広告アカウントでスムーズにリスティング広告を出稿する際は、お互いにどのように広告アカウントを運用するべきなのかヒアリングすることが必要です。

広告アカウント運用の仕方でミスマッチが生じてしまうと、サポートを受けることが難しくなってしまいます。

もし広告代理店の方で「アカウントの開示ができない」と言われてしまった場合は、依頼を控えるのが望ましいです。どのような運用をしているのか分からないと、のちのちトラブルにも発展しやすくなります。

リスティング広告で成果を出すためにも、広告アカウントの運用の仕方について広告代理店としっかり情報共有しましょう。

定期的なレポート報告をしてくれる

広告代理店を選ぶ際は、定期的にレポート報告してくれるかどうかも重要なポイントです。出稿したリスティング広告でどれくらいのクリック数が得られたのか具体的に報告してもらうことで、広告の成果が把握しやすくなります。

また広告代理店によっては成果に合わせてプランの練り直しをしてくれるところもあり、初めて広告運用を依頼する方にとってはありがたいでしょう。

担当者としっかりコミュニケーションが取れる

広告代理店に依頼する際は、担当者がしっかりコミュニケーションを取ってくれるかどうか重要です。担当者とのコミュニケーションが不十分だったり、連絡が取りにくくなったりしてしまうと今後の広告運用で支障をきたしやすくなってしまいます。

劣悪な広告代理店の場合は、もしかしたら途中で音信普通になることもあり注意が必要です。

広告代理店を選ぶ際は、コミュニケーション体制がしっかり整っているかどうかもチェックしてみてください。

口コミをチェックする

より詳細に広告代理店の評判を知りたい場合は、口コミをチェックしてみるのがおすすめです。口コミは利用者の生の声でもあるため、広告代理店に対する評判のよさが分かります。口コミの内容から、依頼するべき広告代理店かどうか見極めましょう。

不動産でのリスティング広告の運用に苦戦したら『吉和の森』

不動産のリスティング広告の運用サポートを受けたい場合は、『吉和の森』を利用しましょう。

『吉和の森』は、東京港区にあるweb集客を得意とする広告運用代行会社です。リスティング広告はもちろんのこと、WEBサイトの制作やSNS運用などさまざまな施策のサポートを行っており、目的や予算などに合わせてプランを提案してくれます。

さらに広告コンテンツ作りのみならず、アクセス解析や改善案の提案も実施。リスティング広告で成果が出せるよう、定期的にプランの練り直しをしてくれます。

デジタルマーケティングやリスティング広告が初めての方でも丁寧に対応してくれるので、広告運用のサポートを受けたい方は、ぜひ『吉和の森』を利用してみてください。

吉和の森の詳細を見る

魅力的な不動産リスティング広告で顧客を集めよう

本記事では、不動産業界でリスティング広告を成功させるためのポイントを解説しました。

不動産業界でリスティング広告を成功させるためには、エリアやターゲット層の絞り込み、キーワード選定、質の高いコンテンツ作り、効果測定による見直しなどの手法を活用することが重要です。魅力的な不動産のリスティング広告で集客を成功させましょう。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。
特に不動産業が強く、デジタルマーケティングを使って、不動産投資クラウドファンディングで25万人の会員・出資額50億円を1年間で集めたり、不動産投資の累計販売額は100億を記録する。

◆著書◆
日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」…第3刷
https://amzn.asia/d/4fMhaK8
自社サイトをコストで終わらせないために ウェブ解析士の事例発表集(47) Kindle版
https://amzn.asia/d/br065Wk

◆株式会社吉和の森◆
https://yoshikazunomori.com/

関連記事

最近の記事

  1. コラムページに新シリーズがスタート!『初級者のためのやさしくLookerStudioを説明する18回』の最初の5回分を追加しました。

  2. 第5回 :Looker StudioでGA4ダッシュボードを作成してみよう「ディメンションと指標をマスターしよう!」

  3. 第4回 :Looker StudioでGA4ダッシュボードを作成してみよう「表作成をマスターしよう!」

おすすめ記事

  1. 【4刷決定】書籍『日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」』

  2. 株式会社吉和の森 青森県DX総合窓口にサポートIT企業として参加

  3. 【メディア掲載】『東奥日報』10月4日(水)朝刊に、代表取締役 森和吉のインタビューが掲載されました(2023年10月4日)

おすすめ記事2

  1. 『DIGICON ACADEMY~デジタルマーケティング・コンサルタント養成塾~』の募集を4月20日(土)よりはじめました

  2. 『Googleビジネスプロフィール運用アドバイスメニュー』を4月8日(月)よりはじめました

  3. 森和吉のオンラインサロン【デジタルマーケティング塾】が1月8日にオープン

ピックアップ記事

  1. 第1回:LookerStudioでGA4ダッシュボードを作成しよう(LookerStudio概論 LookerStudioとは?)

  2. 第1回 Googleアナリティクス4(GA4)とは?

  3. デジタルマーケティングにおすすめ!東京の会社17選

カテゴリー

アーカイブ