不動産投資の集客方法15選!ポイントも紹介!

ブログ 不動産のデジタルマーケティング

不動産投資の集客方法15選!ポイントも紹介!

不動産投資の集客で悩んでいる方は少なくないでしょう。お客様を効率良く集めるためには、不動産投資の集客における課題を理解する必要があります。本記事では、不動産投資の集客方法を紹介。ぜひ、参考にしてみてください。

不動産投資の集客における課題

不動産投資の集客における課題は、以下の通りです。

  • 競合が多い
  • 人口が減少している
  • ターゲットが明確になっていない
  • 親しみやすさがない
  • 掲載している情報が古い

それぞれ詳しく解説します。

競合が多い

不動産会社の数は多く、どの会社も集客には力を入れています。そのため、顧客が競合他社に流れてしまうケースは少なくありません。

競合よりも魅力的なキャンペーンを打ち出したり、不動産の価格を下げたりすると、金銭面での負担が大きくなります。競合が多い点は、不動産投資の集客における課題といえるでしょう。

人口が減少している

人口が減少しているため、不動産会社を利用する数も減りつつあります。競合他社が増えているにも関わらず、不動産会社を利用する見込みのある方は増えていません。

さらに不動産投資を行う層となると、利用数はさらに少なくなります。キャンペーンを打ち出しても、利用者が増えづらく、今までよりも集客は難しくなっているといえるでしょう。

ターゲットが明確になっていない

集客をするうえでターゲットが明確になっていないケースもあります。家族連れや単身向けなど不動産会社が取り扱っている物件には様々な特徴があるため、それに合わせてターゲットも選定しなければいけません。

もし、不動産会社の集客がうまくいっていない方は、ターゲット選定を見直してみてください。

親しみやすさがない

不動産会社に親しみやすさがない点も課題の1つです。お客様はネームバリューのある不動産会社や雰囲気の良い不動産会社を選んで利用する傾向にあります。

不動産会社が入りづらい雰囲気だったり、本当に信頼できるか怪しかったりする場合は、そもそも足を運んでもらえないでしょう。不動産会社に親しみを持たせるのも重要なポイントです。

掲載している情報が古い

不動産会社において情報をこまめに更新することは重要です。情報の更新が遅いと、それだけで信用できない不動産会社と思われてしまう可能性もあります。

成約済みの不動産を未成約として掲載しているような場合は、トラブルに発展する可能性もあります。ホームページに掲載している情報は、こまめに更新しましょう。

不動産投資の集客のポイント

不動産投資の集客のポイントには、以下の5つが挙げられます。

  • 自社の強みを見つけて強化する
  • ターゲット市場を選定する
  • 営業時間が長く定休日がない
  • 車で内見ができる
  • 口コミの評価が良い

それぞれ詳しく解説します。

自社の強みを見つけて強化する

集客を行う上で競合他社との差別化は重要なポイントです。そのためには、自社ならではの強みを見つける必要があります。

取り扱っている物件が多い、仲介手数料が安いなど、他の不動産会社にはない強みを見つけて、ホームページやチラシなどでアピールしましょう。

ターゲット市場を選定する

取り扱っている物件と相性が良いターゲットを選定することも重要です。例えば、家賃が安めのアパートやマンションを多く取り扱っている場合は、単身の男性が利用する可能性が高いと考えられます。

単身の男性向けに備え付けの家電を用意したり、近くにコンビニやスーパーがあるといったアピールをしたりすれば、入居してもらいやすくなるでしょう。特定の層に刺さる集客施策を行うためには、ターゲット選定が欠かせません。

営業時間が長く定休日がない

仕事が忙しく夜遅くや土日にしか不動産会社を利用できない方もいます。幅広い方が利用しやすいように、なるべく営業時間が長く定休日がないことが理想的です。

スタッフが複数人いる場合は、シフト制で休みを取るようにしましょう。そうすれば定休日を設けなくても、不動産会社を営業し続けることができます。

車で内見ができる

内見は基本的に車で行えるのが理想的です。社有車を保有するにはある程度のコストがかかりますが、お客様の満足度を高めるためには欠かせません。

歩いて内見というだけで、お客様に面倒と感じてしまう可能性があります。車で内見ができるような体制を整えておきましょう。

口コミの評価が良い

不動産会社を利用してくれたお客様には、口コミをお願いしましょう。お客様は不動産会社を選ぶ際に、口コミも参考にすることも考えられます。

良い口コミが多ければ、それだけで利用してくれる可能性は高まるでしょう。しかし、良い口コミを書いてもらうように強制するのは禁止されているので注意してください。

不動産投資の集客方法15選

不動産投資の主な集客方法は以下の通りです。

  • 自社ホームページ
  • オウンドメディア
  • SNS
  • リスティング広告
  • チラシ
  • イベント・セミナー
  • 看板
  • 不動産ポータルサイト
  • 不動産一括査定サイト
  • アプリ
  • 新聞
  • 雑誌
  • 口コミ
  • 電話営業
  • ティッシュ配り

それぞれ詳しく解説します。

自社ホームページ

お客様は不動産会社を選ぶ際に、ホームページを参考にします。ホームページは不動産会社の「顔」となる存在であるため、こだわりを持って製作することが必要です。

ホームページがおしゃれで情報量が多ければ、お客様にも安心して利用してもらいやすいでしょう。

オウンドメディア

オウンドメディアを運用して情報発信するのもおすすめです。ホームページだけを運用する場合と比べると、より多くの情報を発信できます。

しかし、オウンドメディアでお客様に情報を届けるには、SEO対策を行わなければいけません。Webに関する知識が豊富でないと、難しい場合もあるでしょう。

SNS

現代の日本では多くの国民がSNSを利用しています。SNSで不動産の情報を発信するのもおすすめの集客方法です。

しかし、オウンドメディアと同様に正しい運用方法を理解しなければ、狙った層に情報を届けることはできません。自社にノウハウがない場合は、運用代行を利用するのもおすすめです。

リスティング広告

リスティング広告を利用すれば、特定の層に対して情報を届けられます。広告費用はかかりますが、不動産会社の認知度向上には繋げやすい手法といえるでしょう。

チラシ

地域に密着して集客を行いたい場合は、チラシを配布するのもおすすめです。しかし、SNSやリスティング広告と比べると、集客には繋がりづらい傾向にあります。

イベント・セミナー

イベントやセミナーを開催するのも効果的です。イベントやセミナーには、そもそも不動産投資に興味がある方が集まるため、集客に繋げやすいでしょう。

一方で、イベントやセミナーを開催しているという情報が伝わらない可能性があります。SNS運用やリスティング広告とはセットで行うべきといえるでしょう。

看板

地域に密着した集客方法には、看板を設置するというものもあります。地元の方々に対して、不動産会社の認知度を高めたい場合はおすすめです。

一方で、特定のターゲット層を狙って情報を届けることができません。集客に繋がる可能性もありますが、あくまでも認知度の拡大が主な目的と考えておきましょう。

不動産ポータルサイト

運用しているコンテンツが多い場合は、不動産ポータルサイトを開設するのもおすすめです。ポータルサイトがあれば、お客様は興味のあるコンテンツにアクセスしやすくなるでしょう。

一般的にはある程度規模が大きな会社が開設する傾向にあります。ゼロから集客方法を考えていく場合は、まずホームページの作成から行った方が良いでしょう。

不動産一括査定サイト

不動産一括査定サイトを作成し、お客様が気軽に利用できる窓口を設けるのもおすすめです。不動産を売却したいと考えているお客様にとって、気軽に査定ができるのは嬉しいサービスでしょう。

アプリ

自社アプリをリリースして、お客様の満足度を高めるのもおすすめです。既存のお客様の満足度を高められれば、不動産会社としての評判が良くなり集客に繋がります。

直接的に集客につながる方法ではありませんが、長い目で見ると効果が出る可能性があるでしょう。

新聞

新聞に不動産会社の情報について掲載するのもおすすめです。新聞は年配の方が購読している傾向にあるため、不動産投資を検討しているユーザーとは親和性が高いかもしれません。

雑誌

新聞と同様に雑誌に広告を掲載するのもおすすめです。雑誌によってターゲットとなっている年齢層は異なるため、どの雑誌に広告を掲載するかは慎重に判断しなければいけません。

口コミ

先ほども述べたように、お客様に口コミをお願いするのも効果的です。口コミが多く集まれば、信頼できる不動産会社と思ってもらえる可能性は高まるでしょう。

電話営業

電話営業をかけるのも1つの集客方法です。しかし、闇雲に電話をかけても取り合ってもらえる可能性は低いため、営業を行う相手は良く考えなければいけません。

チラシやティッシュ配りで反応が良かったお客様の連絡先を集め、電話営業を行えば成功確率は高いでしょう。

ティッシュ配り

ティッシュの中に広告を入れて配るのもおすすめです。子供に配ったとしても、親御さんが広告を確認して不動産会社を利用してくれるかもしれません。

不動産投資の集客なら吉和の森!

不動産投資の集客について悩んでいる方は、ぜひ「吉和の森」をご利用ください。吉和の森ではデジタルマーケティングのお手伝いをしており、Webサイトを使った集客やリスティング広告の掲載などもサポートを行っています。

集客を効率良く行う上でインターネットの活用は重要です。ぜひ、吉和の森と一緒にWeb集客を行ってみてください。

公式HPはこちら

不動産投資の集客は難しい

不動産投資の集客は比較的難しいです。競合も多く、不動産投資を行う層は多くありません。その中で集客するには、様々な工夫を設ける必要があります。ぜひ、本記事を参考に集客を行ってみてください。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。
特に不動産業が強く、デジタルマーケティングを使って、不動産投資クラウドファンディングで25万人の会員・出資額50億円を1年間で集めたり、不動産投資の累計販売額は100億を記録する。

◆著書◆
日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」…第3刷
https://amzn.asia/d/4fMhaK8
自社サイトをコストで終わらせないために ウェブ解析士の事例発表集(47) Kindle版
https://amzn.asia/d/br065Wk

◆株式会社吉和の森◆
https://yoshikazunomori.com/

関連記事

最近の記事

  1. コラムページに新シリーズがスタート!『初級者のためのやさしくLookerStudioを説明する18回』の最初の5回分を追加しました。

  2. 第5回 :Looker StudioでGA4ダッシュボードを作成してみよう「ディメンションと指標をマスターしよう!」

  3. 第4回 :Looker StudioでGA4ダッシュボードを作成してみよう「表作成をマスターしよう!」

おすすめ記事

  1. 【4刷決定】書籍『日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」』

  2. 株式会社吉和の森 青森県DX総合窓口にサポートIT企業として参加

  3. 【メディア掲載】『東奥日報』10月4日(水)朝刊に、代表取締役 森和吉のインタビューが掲載されました(2023年10月4日)

おすすめ記事2

  1. 『DIGICON ACADEMY~デジタルマーケティング・コンサルタント養成塾~』の募集を4月20日(土)よりはじめました

  2. 『Googleビジネスプロフィール運用アドバイスメニュー』を4月8日(月)よりはじめました

  3. 森和吉のオンラインサロン【デジタルマーケティング塾】が1月8日にオープン

ピックアップ記事

  1. 第1回:LookerStudioでGA4ダッシュボードを作成しよう(LookerStudio概論 LookerStudioとは?)

  2. 第1回 Googleアナリティクス4(GA4)とは?

  3. デジタルマーケティングにおすすめ!東京の会社17選

カテゴリー

アーカイブ