不動産業のDXの成功導入事例6選|推進のポイントやメリット・デメリットも

ブログ 不動産のデジタルマーケティング

不動産業のDXの成功導入事例6選|推進のポイントやメリット・デメリットも

不動産業界では、DX化が推進されています。背景として、業界におけるさまざまな慣習が根強く残っていることによる、スタッフへの負担が問題視されることがあります。多くの業界でオンラインによるサービスが浸透しており、顧客満足度を高めるために不動産業界でもDXの導入が求められています。本記事では不動産業におけるDX導入事例と導入ポイントについて解説します。業務改善を目指す不動産業の方は、ぜひ参考にしてみてください。

不動産業界にDXが必要な理由

DXはデジタル技術を用いてビジネスにおける業務フローの改善や効率化を行い、ビジネスとしての底上げを目指すものです。不動産業界においてDXの推進が求められており、DXの推進が求められる以下のような理由があります。

  • アナログな業務が根強く残っている
  • さまざまな業界でオンラインのサービスが主流になっている

ここでは、不動産業界においてDX化が必要とされる上記の理由について解説します。

アナログな業務が根強く残っている

不動産業は生活に欠かせない不動産を扱い、長い歴史を持つ業種であるため、業務の中には現代でもアナログなものが数多く存在しています。アナログな業務として紙の書類やFAXの使用、対面による内見や来客への対応があり、それらが営業活動を停滞させ、従業員の負担を増加させていると考えられています。

さまざまな業界でオンラインのサービスが主流になっている

不動産業においてアナログな慣習が多く残る中、他の業界ではオンラインサービスの導入が進んでいます。

例としては、非対面での食品デリバリーやオンライン診療といったものがあり、顧客もデジタルを利用したサービスの利便性を理解し慣れてきています。不動産業界の生産性を高めるためには、デジタル化の流れに取り残されないよう、サービスの変革を行うことが求められています。

DX導入のメリット

不動産業にDXを推進するメリットには以下のような点があります。

  • 生産性が向上する
  • サービスの利便性がアップする

それぞれについて解説していきます。

生産性が向上する

業務フローの改善や効率化を目指すDX化を行うことで、事務作業や雑務を効率化し、営業活動に集中することが期待できます。不動産業において利益を生むのは営業活動であり、事務作業や雑務が効率化されている方が、商談に集中しやすく質が高まるはずです。営業とバックオフィスが分担されている場合においても、業務に余裕が生まれ職場環境の改善が図れるため、生産性の向上が期待できます。

サービスの利便性がアップする

不動産業における接客に対してデジタル化して非対面で行うことにより、顧客はわざわざ出向いて物件に移動することなく物件を確認することが可能です。業者側としても内見の効率化が行えて、幅広い提案が行えるため成約率アップが期待できます。

DX導入のデメリット

不動産業にDXを推進するデメリットには以下のような点があります。

  • 初期費用がかかる
  • 社内に浸透するまで時間がかかる

それぞれについて解説していきます。

初期費用がかかる

DX化のデメリットのひとつとして、導入には費用がかかる点があります。ビジネスとしての底上げが期待できるものの直接利益を生むわけではないため、投資する際にリスクを感じるケースは少なくないでしょう。事業規模や範囲が大きいほどDX化の費用は膨らむため、計画的に行う必要があります。

社内に浸透するまで時間がかかる

DX化を行うことで業務環境が変化するため、システムの改変や従業員への教育など、社内に浸透させるための移行期間が必要になります。導入までにマニュアルや研修を行い、スムーズに移行できるよう準備をしていくことが重要です。

不動産業界のDX導入事例6選

不動産業における以下のDX導入事例について解説していきます。

  • システム導入による効率化
  • 来場者管理アプリ導入によるイベント運営効率化
  • LINEを活用した顧客サポート
  • バーチャル展示場による利便性の向上
  • 賃貸管理システムの導入による効率化
  • 管理システムのクラウド化によるリモートワークの推進

1. システム導入による効率の事例

大手不動産デベロッパーの事例では、請求書や契約書といった書類の管理や入力を手作業で行っており、事務スタッフの大きな負担となっていました。負担を解決するために、業務データをクラウド上で統合することで効率化に成功しました。会計業務の自動化やペーパーレス化により、リモートワークへの対応もスムーズに行えた事例です。

2. 来場者管理アプリ導入によるイベント運営効率化の事例

住宅展示会やイベント開催時に、来場者管理アプリを導入することで運営の効率化に成功した事例があります。来場者管理アプリとは申込みから受付、来場者情報などをシステム上で一元管理して、当日の入場管理や運営をスムーズに行うことができるシステムのことです。イベント終了後の入場者の集計も行えるため、次回以降のイベント運営の改善にも役立てることができます。

3. LINEを活用した顧客サポートの事例

一部の不動産企業においてLINEを利用した非対面による見学会の実施という事例があります。リモート環境でモデルルームを紹介し、顧客を現地に呼ぶことなく提案を行うといった形です。顧客が気軽にモデルルームの見学を行えることから、見学予約数の増加に成功しています。

4. バーチャル展示場による利便性の向上の事例

デジタル技術を利用したバーチャルのモデルルームを用意して、オンライン環境による住宅見学の実施という事例があります。ネット環境とPCやスマホさえあれば、サイト上からモデルルームの見学が行え、リアルな1人称視点での見学を自宅にいながら行うことができます。バーチャルのメリットは実際に建築するコストがかからないため、費用を抑えた展示会が実施できる上、顧客の利便性も高められる点にあります。

5. 賃貸管理システムの導入による効率化の事例

EXCELによる帳票入力やポータルサイトへの物件情報の入力作業などを、賃貸管理システムで一元管理して効率化した事例があります。改善前まで別々のアプリやサイト上で行っていたことを同一のシステム上で情報共有することができるため、入力の手間や確認作業が減り、業務時間の大幅カットに成功しています。

6. 管理システムのクラウド化によるリモートワークの推進の事例

業務に必要な管理システムをクラウド化することによって自宅での作業が可能になり、事務作業のリモートワークを実現した事例があります。ワークライフバランスが保ちやすくなり、職場環境の改善につながっています。

不動産業界のDX導入のポイント

不動産業界における以下のDX推進のポイントについて解説します。

  • DXを推進するための体制を整える
  • 導入目的にあったツールを選んで導入する

DXを推進するための体制を整える

DX化をスムーズに推進させるためには、DX専門の部門を立ち上げるといった準備を行うことが重要です。異なる組織間のやり取りや研修をスムーズに行うために、橋渡しとなる部門が主導して進めていくのが効果的です。自社にDXの専門的な知識を持った人的リソースがない場合は、IT分野に強い人材の育成や獲得を検討しておきましょう。

導入目的にあったツールを選んで導入する

DX化の際は自社に必要なツールを選択することが重要です。不動産業の企業は賃貸管理から土地開発など業種の違いがあり、必要とされるツールにも違いがあります。自社が抱える問題点を整理して、DX化に必要な機能を備えたツールの導入を心がけましょう。

不動産業のDX推進は株式会社吉和の森がおすすめ

ビジネスにおけるマーケティングやWEB制作なら東京都港区にある「株式会社吉和(よしかず)の森」がおすすめです。さらにITコンサルティングやインターネットメディアの運営も対応しているので、事業における、WEB関連の施策立案や運用にお困りの方に役立つ企業です。

公式HPはこちら

ワンストップで不動産マーケティング施策を実施

株式会社吉和の森ならデジタルマーケティングにおける以下の業務を、まるごと依頼することができます。

  • WEBにおける集客・PR・キャンペーン・サイト・メディア運用
  • 広告運用・代理店との窓口業務
  • 広報
  • データ分析・数値のアウトプット
  • サイト改善の提案(SEO施策・顧客管理・開発会社やツールの紹介など)

更新が滞っているサイトの運用や広告代理店との窓口業務まで、WEBに関するありがちな悩みに対応。デジタルマーケティング領域から事業の発展をサポートしてくれます。

不動産クラウドファンディングも可能

株式会社吉和の森では不動産業のサポートにも対応しており、中でも不動産クラウドファンディングやソーシャルレンディングの集客を得意としています。不動産クラウドファンディングでは約80,000人の会員を集客した実績を持っているため、資金調達にお悩みの方におすすめです。

クラウドファンディングに関する料金を以下にまとめました。

  • 広告運用のみの場合:広告費の30%(最低110,000円(税込)から)
  • コンサルティング(集客、PR、事業一般、業界全般の調査など):1か月440,000円(税込)より相談可能
  • コンサルティング+広告運用:1か月440,000円(税込)+広告運用費として広告費の20%から相談可能

興味がある方は以下のリンクより問い合わせてみてください。

公式HPはこちら

不動産業務を効率化したいならDXを推進しよう

不動産業界における業務にはアナログなものが多く存在しており、DXを推進することで多くの業務を効率化することができます。DXの推進を成功させるためには、ポイントを理解することが重要です。これから業務の効率化を推進したい不動産業の方は、本記事で紹介した事例を参考に導入を進めてみてください。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。
特に不動産業が強く、デジタルマーケティングを使って、不動産投資クラウドファンディングで25万人の会員・出資額50億円を1年間で集めたり、不動産投資の累計販売額は100億を記録する。

◆著書◆
日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」…第3刷
https://amzn.asia/d/4fMhaK8
自社サイトをコストで終わらせないために ウェブ解析士の事例発表集(47) Kindle版
https://amzn.asia/d/br065Wk

◆株式会社吉和の森◆
https://yoshikazunomori.com/

関連記事

最近の記事

  1. コラムページに新シリーズがスタート!『初級者のためのやさしくLookerStudioを説明する18回』の最初の5回分を追加しました。

  2. 第5回 :Looker StudioでGA4ダッシュボードを作成してみよう「ディメンションと指標をマスターしよう!」

  3. 第4回 :Looker StudioでGA4ダッシュボードを作成してみよう「表作成をマスターしよう!」

おすすめ記事

  1. 【4刷決定】書籍『日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」』

  2. 株式会社吉和の森 青森県DX総合窓口にサポートIT企業として参加

  3. 【メディア掲載】『東奥日報』10月4日(水)朝刊に、代表取締役 森和吉のインタビューが掲載されました(2023年10月4日)

おすすめ記事2

  1. 『DIGICON ACADEMY~デジタルマーケティング・コンサルタント養成塾~』の募集を4月20日(土)よりはじめました

  2. 『Googleビジネスプロフィール運用アドバイスメニュー』を4月8日(月)よりはじめました

  3. 森和吉のオンラインサロン【デジタルマーケティング塾】が1月8日にオープン

ピックアップ記事

  1. 第1回:LookerStudioでGA4ダッシュボードを作成しよう(LookerStudio概論 LookerStudioとは?)

  2. 第1回 Googleアナリティクス4(GA4)とは?

  3. デジタルマーケティングにおすすめ!東京の会社17選

カテゴリー

アーカイブ