不動産でのデジタルマーケティングとは?成功させるポイントとおすすめのアイデアを紹介

ブログ 不動産のデジタルマーケティング

不動産でのデジタルマーケティングとは?成功させるポイントとおすすめのアイデアを紹介

スマホやインターネットなどの普及に伴い、不動産業界でもデジタルマーケティングが必要となりました。しかしデジタルマーケティングに対して、イメージしにくい方もいることでしょう。本記事では、不動産でデジタルマーケティングが必要とされる理由と成功させるポイント、おすすめのアイデアを紹介します。

そもそもデジタルマーケティングとは?

デジタルマーケティングとは、デジタルを活用したマーケティング活動全般のことです。インターネットやAI、IoTなどさまざまなIT技術を活用し売れる仕組みを構築します。

例えばVR空間で店舗の魅力を伝えたり、スマホアプリで商品販売をしたりするなどというようなイメージです。

さまざまなシーンでデジタルマーケティングは活用できるので、売上アップにはおすすめの手法といえます。

WEBマーケティングと異なる点

デジタルマーケティングと聞いてWEBマーケティングと混合してしまう方もいることでしょう。WEBマーケティングはWEBサイトを中心としたマーケティングで、サイトにいかにアクセスを集めるのか、顧客を集めるのかに注力しているのが特徴です。

一方デジタルマーケティングはWEBサイトやAI、VR、IoT、ビッグデータなどさまざまなツールを活用しているのが特徴。WEBマーケティングと比較して、幅広い領域で施策を練れるというのがポイントです。

不動産業界にデジタルマーケティングが必要な理由

不動産業界でも、デジタルマーケティングが注目されています。企業によってはIT重説やVR内見などデジタルを活用した施策が進められているため、不動産でより売上を伸ばすためにはデジタルマーケティングはなくてはならない存在になるかもしれません。

スマホやインターネットの普及

不動産業界でもデジタルマーケティングが必要になった背景は、スマートフォンやインターネットの普及が考えられます。

総務省の令和2年通信利用動向調査の結果によると2020年の地点で世帯のスマートフォン保有率は8割、インターネット利用者は7割に達したことが明らかになっています。(※)

このようなことからも、不動産業界でさらなる顧客の獲得やブランドの認知拡大を図るためにはデジタルマーケティングが必要不可欠といえるでしょう。

※“総務省 公式HP”参照

DXの推進

不動産企業では、デジタルマーケティングを実施するために業務のDX化が進められています。

例えばExcelで不動産の顧客情報を管理していたところ、専用の管理ツールを活用して一元管理したり、AIチャットを活用して顧客とのコミュニケーションをスムーズにしたりするなど、さまざまなシーンで業務のDX化を推進。

企業によっては複数のツールを活用してDX化を進めているので、導入しないとますます競合企業との差が広がりやすくなるでしょう。

不動産のデジタルマーケティングを成功させるポイント

不動産でデジタルマーケティングを実施する際、どのように施策の企画を組むべきなのか迷っている方もいることでしょう。ここからは、不動産のデジタルマーケティングを成功させるポイントを紹介します。

デジタルマーケティングを実施する目的を明確化

不動産でデジタルマーケティングを実施する際は、デジタルマーケティングを実施する目的を明確にしましょう。とにかくテクノロジーを活用したいという理由で施策を進めてしまうと、何を目的にデジタルマーケティングを始めたのか分からなくなってしまいます。

デジタルマーケティングの目的を決める際は、企業で抱える課題点を踏まえた上で施策を練るのがポイントです。

例えば「顧客とのコミュニケーションが取れず物件契約の機会を逃す」というような課題を抱えていた場合、「デジタルツールを活用して顧客との円滑なコミュニケーションを図りたい」というように具体的な目的を練ることで施策の方向性が定まりやすくなります。

具体的な目的が明確になると、どのように施策を打つべきかプランが練りやすくなるのでおすすめです。

ターゲット層の明確と選定

デジタルマーケティングを実施する際は、ターゲット層の明確化は欠かせません。ターゲットを決めずに施策を打ち出してしまうと、誰に向けて情報発信やサービスのPR、物件の紹介などをするべきなのか見失いやすくなってしまいます。

デジタルマーケティングでターゲット層を決める際は、カスタマージャーニーマップという手法を活用するのがおすすめです。ここでペルソナと混合する方もいることでしょう。

ペルソナとは、ターゲット層の人物像を具体的にしたもので、カスタマージャーニーとはサービスを利用する人物像を想定した上で、認知から購買に至るまでのシナリオを可視化したものです。

ターゲット層の心理状況や購買行動などを細分化できるので、どのように戦略を練るべきなのか策が打ち出しやすくなります。

不動産の売上を伸ばすためにはサービスの認知から物件の購入に至る必要があるので、デジタルマーケティングの戦略を練る上では、ペルソナよりもカスタマージャーニーでターゲット層を考えるのが望ましいでしょう。

目的に合った手法を選定する

デジタルマーケティングの手法は、WEB広告やSEO、AI、VRなど多岐にわたります。すべての手法を実施しようとすると、費用がかかりすぎたり、途中で施策とは異なる方向性に進みすぎたりというようなことが起こりやすくなります。

さまざまな施策を試したいかもしれませんが、目的達成のためにどのような施策がベストなのか選定することが重要です。それぞれの施策の特徴を踏まえた上で、どのような手法が目的達成につながるのかしっかり見極めましょう。

定期的に施策の見直しをする

不動産のデジタルマーケティングで成功するためには、定期的に施策の見直しをすることが重要です。施策を実施したままの状態にしてしまうと、問題があることに気が付かず誤った方向でマーケティングを実施してしまいます。状況次第では、不動産の売上にも響いてくるかもしれません。

WEB広告であれば効果測定で訪問者の分析をしたり、VR内見の場合は顧客の口コミから問題点がないかチェックをしたりするなどして、今のマーケティングに問題がないか定期的に見直しをしましょう。

不動産のデジタルマーケティングでおすすめのアイデア9選

ここからは、不動産のデジタルマーケティングでおすすめのアイデアを紹介します。SEOを活用したホームページ作成やWEB広告、VR内見などさまざま施策をピックアップしたみたので、ぜひ参考にしてみてください。

1. SEOを活用したホームページ作成

ほとんどの不動産会社では、ホームページを開設していることでしょう。より多くの人にホームページを見てもらうためには、SEOを活用したホームページ作りが欠かせません。

「渋谷 物件 おすすめ」や「マンション 不動産売却」、「不動産投資 やり方」など不動産に関するキーワードを入れ込んだ質の高いサイト作りを徹底することで、GoogleやYahooなどで上位表示が狙いやすくなります。

不動産のWEBサイトが上位に表示されれば、さらなる集客率アップにもつながりやすくなるでしょう。

2. WEB広告

不動産のデジタルマーケティングには、WEB広告の活用もおすすめです。WEB広告には検索結果に連動して表示されるリスティング広告や広告枠に表示されるディスプレイ広告、動画広告などさまざまな手法があり、ターゲットに合わせて不動産の宣伝ができます。

広告費用は発生するものの魅力的な広告コンテンツであれば多くの人に注目されやすくなるので、短期間で成果を出したい場合にはWEB広告も有力でしょう。

3. SNS

より多くの人に不動産の存在を知ってもらいたい場合は、SNSを積極的に活用してみましょう。X(旧Twitter)やInstagram、LINEなどさまざまなツールが充実しており、それぞれの機能を活かして不動産の情報を発信できます。

またSNSのメリットはユーザーと直接コミュニケーションが取れるので、DMに対して積極的に返信すれば顧客獲得につながるかもしれません。

4. コンテンツマーケティング

ターゲット顧客に向けて有力な情報を発信したい場合は、ブログや動画、SNSなどを活用したコンテンツマーケティングがおすすめです。不動産投資のポイントや賃貸住宅の選び方などターゲット顧客に向けて有力な情報を発信することで、ブランドの認知拡大や成約率の向上などが期待できます。

コンテンツマーケティングを成功させるためには、ターゲット顧客層が何を求めているのかしっかりリサーチすることが重要です。どんなに魅力的なコンテンツであっても、ターゲット顧客が求めている情報でなければそのままスルーされる場合があります。

質の高いコンテンツにするためにも、顧客が求めている情報をリサーチしましょう。

5. ポータルサイト

不動産のデジタルマーケティングには、ポータルサイトの活用もおすすめです。ポータルサイトとは同業種の情報が集まった専用サイトのこと。不動産業界でも「suumo(スーモ)」や「homes(ホームズ)」「athome(アットホーム)」などのポータルサイトがあり、顧客獲得に欠かせないツールとなっています。

もし売り込みたい物件が多数ある場合は、このようなポータルサイトが有効かもしれません。しかしほかの企業でもポータルサイトを活用しているため、競争率に勝てるような対策を施さないと物件契約につなげるのは難しいでしょう。

suumoを使ってみる

homesを使ってみる

athomeを使ってみる

6. 自社アプリ

不動産のデジタルマーケティングの成功には、自社アプリの導入もおすすめです。自社アプリのメリットは、ブランドの認知拡大につながりやすいところ。オリジナリティ溢れるアプリにすることで、競合他社との差別化が図りやすくなります。

さらに自社アプリを利用してもらうためには、利便性の高さも重要です。どんなにビジュアルのよいアプリであっても、使いにくいと使用を控えようとする方が増えやすくなってしまいます。

アプリで簡単に物件探しができたり、簡単な方法で相談の予約ができたりするなど、顧客にとって利用しやすいアプリをめざしましょう。

7. VRを活用した物件内見

VR歯、仮想空間上でさまざまな体験ができるツールです。専用のゴーグルを着用することで、リアルな仮想体験ができます。

不動産業界でも、VRを活用した物件内見のサービスを導入。実際に現場まで足を運ばなくても物件の様子が見られるので、移動の負担を軽減できます。また移動負担が減らせる分、内見できる物件も増えるので、顧客にとっては理想の部屋が見つかりやすくなるでしょう。

8. AIチャットボット

デジタルマーケティングの成功には、顧客とのコミュニケーションも重要です。しかし不動産業務の多忙さから、「顧客対応に時間を割けない」と頭を抱えている方もいることでしょう。

多忙な状態でも顧客との円滑なコミュニケーションを図りたい場合は、AIチャットボットの導入がおすすめです。コミュニケーションの取り方をAIチャットボットに学習させることで、顧客の質問や応答に対して柔軟な返答がしやすくなります。

さらにAIチャットボットのメリットは、いつでもコミュニケーションが取れることです。何かメッセージを送れば即時で返答してくれるので、深夜や早朝などでも顧客を待たせる時間を削減できます。

顧客とより柔軟なコミュニケーションを取りたい場合は、ぜひAIチャットボットの導入を検討してみてください。

9. オンラインセミナー・イベント

頻繁にセミナーやイベントなどを開催する場合は、オンライン型で企画するのがおすすめです。オンラインセミナーやイベントなどを開催することで、オフラインよりも多くの参加者が集まりやすくなります。

さらにセミナーやイベントのために会場を確保する必要がなくなるので、コスト削減にもつながりやすくなるでしょう。

不動産デジタルマーケティングで苦戦したら『吉和の森』

思うように不動産のデジタルマーケティングが進まない場合は、『吉和の森』がおすすめです。『吉和の森』は、東京都港区にあるWEB集客を得意としている広告運用代行会社。WEBサイトやリスティング広告、SNSなど幅広いWEB集客のサポートを行っており、予算や要望に合わせたプランを練ってくれます。

具体的な集客プランの立案はもちろんのこと、アクセス解析や改善案の提案もしてくれるため、精度の高いWEB集客が実施しやすくなるでしょう。

デジタルマーケティングについてのサポートも行ってるので、不動産デジタルマーケティングで何か困ったことがあれば、ぜひ『吉和の森』のサービスを活用してみてください。

詳細はこちら

不動産のデジタルマーケティングを成功させよう

本記事では、不動産でデジタルマーケティングが必要とされる理由と成功させるポイント、おすすめのアイデアを紹介しました。不動産のデジタルマーケティングを成功させるためには、具体的な戦略を練った上で施策を実行することが重要です。不動産のデジタルマーケティングを成功させ、顧客の獲得や売上アップなどを狙いましょう。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。

著書:日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」(https://amzn.asia/d/4fMhaK8)

株式会社吉和の森:https://yoshikazunomori.com/

関連記事

カテゴリー

アーカイブ