不動産の良いキャッチコピー25選!作り方とは?

ブログ 不動産のデジタルマーケティング

不動産の良いキャッチコピー25選!作り方とは?

不動産においてキャッチコピーは重要です。魅力的なキャッチコピーが作れず悩んでいる方もいるでしょう。本記事では、不動産のキャッチコピーの作り方について詳しく解説します。本記事を参考に、魅力的なキャッチコピーを作ってみてください。

不動産にはキャッチコピーが重要な理由

不動産にはキャッチコピーが重要です。その理由は主に2つあります。

・物件の特徴が伝わりやすい

・お客様の心を掴みやすい

それぞれ詳しく解説します。

物件の特徴が伝わりやすい

端的なキャッチコピーをつけることで物件の特徴が伝わりやすいです。「駅から徒歩3分」「日当たり良好」など、物件が持つ魅力をキャッチコピーに取り入れれば、お客様は自分が求めている物件をより見つけやすくなります。

物件を探す際にキャッチコピーを参考にするお客様もいるはずです。物件の特徴をストレートに伝えられるのは、キャッチコピーが重要な理由の1つです。

お客様の心を掴みやすい

わかりやすいキャッチコピーはお客様の心を掴んでくれます。キャッチコピーが目に入ったのがきっかけで物件について調べてくれるお客様もいるかもしれまえせん。

物件を探す際に全ての物件について詳しく調べるのは難しいです。キャッチコピーがないと、どのような物件かわからずに調べてもらえないかもしれません。お客様に物件を契約してもらうためにも、キャッチコピーは重要といえるでしょう。

不動産のキャッチコピー25選!

どのようなキャッチコピーにすれば良いかわからない方もいるでしょう。ここでは不動産のキャッチコピーの一例を紹介します。

・今だけ大幅プライスダウン!

・あなたが今、家賃を5万円以上払っているなら、ぜひ引越しをご検討ください

・遊びも勉強も両立できる住まい

・駅から徒歩3分なのに家賃が5万円!?

・小さなお子さんがいらっしゃる方へ

・子育て世代のパパやママへ

・あなたもこの街でもう一度暮らそう

・子供が遊べる公演がすぐそこに!

・日当たりを気にする方にはおすすめ!

・徒歩3分圏内にコンビニやスーパーが!

・周辺に高い建物なし!

・急な雨漏りでも駅直結だから安心

・南向きのリビングでは暖かみが感じられる

・日々の生活にゆとりを与えてくれます

・都心へのアクセスが良好!

・おしゃれな外観で毎日が楽しく

・ペットと一緒に幸せな暮らし

・和室で心穏やかな生活を!

・追い焚き機能付きのお風呂あり!

・調理動線を考慮したシステムキッチン付き!

・防音性能が高く小さなお子様がいても安心

・目の前に広がる開放感とゆとり

・クレジットカード決済も可能!

・6月以内の入居の大学生限定で賃料5万円

・今ならもれなく電動自転車プレゼント

・内見から入居まで徹底サポート

キャッチコピーは様々な角度からつけることができます。具体的なキャッチコピーの作り方は、後述しているのでご確認ください。

不動産のキャッチコピーの作り方

不動産のキャッチコピーを作る際は、以下のポイントが重要です。

・ターゲットを決める

・物件の特徴を明確にする

・自社の強みを分析する

・競合他社のキャッチコピーをチェックする

・過去に効果があったキャッチコピーを分析する

・具体的なワードや数字を入れる

・第三者の声を入れる

それぞれ詳しく解説します。

ターゲットを決める

まずは入居してほしい方がどのような人かイメージしましょう。子育て世代や独身の男性など、入居者には様々な特徴があります。

ターゲットを決めることで、より心を掴みやすいキャッチコピーを作りやすくなります。性別や年齢、職業などを具体的に考えておきましょう。

物件の特徴を明確にする

キャッチコピーには必ず物件の特徴を盛り込まなければいけません。他の物件と比べて、どのような強みがあるのかを明確にしましょう。

ターゲットに合わせて特徴を考えることも重要です。例えば、家族向けの物件であれば、防音性能の高さや部屋数の多さなどは強みとなるでしょう。

自社の強みを分析する

キャッチコピーの中には、自社の特徴を盛り込むのもおすすめです。仲介手数料が安い、手続きが簡単など、自社の強みを分析しておきましょう。

不動産会社がどのような対応をするかは、お客様にとって重要なポイントです。お客様が利用したいと思われるような、自社の強みを見つけてください。

競合他社のキャッチコピーをチェックする

ゼロからキャッチコピーを考えるのは難しいので、競合他社のキャッチコピーをチェックして参考にするのはおすすめです。しかし、完全にコピーしてしまうと、トラブルの原因となる可能性があるため注意しましょう。

キャッチコピーのテイストや長さなどを分析すると、どのようなキャッチコピーにすれば高い効果が得られるかがわかります。キャッチコピーを設定するうえで参考になるため、競合他社のチェックは欠かさないようにしましょう。

過去に効果があったキャッチコピーを分析する

過去に効果があったキャッチコピーを分析するのも効果的です。先ほど紹介した競合他社のキャッチコピーの分析と合わせて行うと、より高い効果を発揮するでしょう。

しかし、物件自体が魅力的だった可能性もあります。本当にキャッチコピーの効果が高かったかどうかは、しっかりと分析しなければいけません。

具体的なワードや数字を入れる

「駅から徒歩3分」「浴室乾燥付き」といった数字や具体的なワードを入れるのも重要です。曖昧なキャッチコピーだと、お客様の心を掴むことはできません。

キャッチコピーを見て物件の様子がすぐに思い浮かぶような内容にしましょう。

第三者の声を入れる

今まで住んでいた方の声を入れるのもおすすめです。退去時にアンケートに回答してもらえれば、物件に対しての率直な感想を集められるでしょう。

ただし、良い感想が少なかったとしても、嘘を書いてはいけません。言い方を工夫して、魅力的に見えるような伝え方をしましょう。

不動産のキャッチコピーで注意するべきポイント

不動産のキャッチコピーでは、以下のポイントに注意する必要があります。

・誤情報を記載してはいけない

・使えない表現がある

それぞれ詳しく解説します。

誤情報を記載してはいけない

不動産のキャッチコピーを記載する際は、情報の正確性に注意しましょう。誤情報の記載は法律によって禁止されています。

お客様とのトラブルに発展し、不動産会社としての評価を落とすことにもなりかねません。情報の正確性はもちろん、誤解を与える表現でないかもよく確認しましょう。

使えない表現がある

不動産のキャッチコピーには、合理的根拠のない言葉を使用してはいけません。具体的には以下のような表現をするのが禁止されています。

・絶対

・完璧

・日本一

・厳選

・最高

・激安

参照:不動産公正取引協議会連合会「不動産の表示に関する公正競争規約

不動産の表示に関する公正競争規約で、使用してはいけない表現は定められています。キャッチコピーを作成する際は、必ず確認するようにしましょう。

不動産のキャッチコピーに悩んだら吉和の森に相談!

不動産のキャッチコピーに悩んだ際は、吉和の森にご相談ください。吉和森ではキャッチコピーの作成はもちろん、WEBサイトやWEB広告の作成なども対応しています。質の高いコンテンツを作成しておりますので、安心してご利用いただくことが可能です。

キャッチコピー作成を通して、集客に繋げたいと考えている方は、ぜひ吉和の森をご利用ください。

公式HPはこちら

不動産の魅力的なキャッチコピーを考えよう!

不動産を契約してもらうためには、キャッチコピーが重要です。不動産の魅力がストレートに伝わるようなキャッチコピーを考えましょう。その際には本記事で紹介した注意点を参考に、記載してはいけない表現に気をつけてください。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。

著書:日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」(https://amzn.asia/d/4fMhaK8)

株式会社吉和の森:https://yoshikazunomori.com/

関連記事

カテゴリー

アーカイブ