デジタルマーケティングとは?種類や手法を紹介

デジタルマーケティング ブログ

さまざまなものがデジタル化される中、マーケティングもデジタルマーケティングが主流になりつつあります。そこで今回は、デジタルマーケティングの基礎知識と種類や手法をご紹介します。

デジタルマーケティングの種類や手法10選

デジタルマーケティングと一言で言っても、複数の種類や手法があります。主な種類や手法は以下の通りです。

・IoT活用
・アクセス解析
・Webサイト運用
・リスティング広告
・SNSマーケティング
・SEOマーケティング
・動画マーケティング
・メールマーケティング
・マーケティングオートメーション
・コンテンツマーケティング

それぞれの概要や特徴をご紹介します。

IoT活用

IoTとは「Internet of Things」の頭文字を取った言葉で、「モノのインターネット」の意味があります。家電や車、ゲーム機などさまざまなものをインターネットにつなげることがIoTです。
IoTの活用は身近な場所でも進められており、例えば離れた場所から家電を遠隔で操作できます。自動運転や産業ロボットなどはIoTによるものです。
デジタルマーケティングにおいてIoTを活用することで、ユーザーとの接点を増やしたり、行動データを収集できたりします。これは、IoTの技術によって膨大なデータを容易に収集できるようになったことで、消費者の読みづらかった行動まで予測できるようになるためです。

アクセス解析

アクセス解析とは、その名の通りGoogleアナリティクスをはじめとしたアクセス解析ツールを用いて分析することです。自社サイトを訪れたユーザーの行動や流入経路、属性を分析することで、サイトにおける課題の改善や効果検証につなげられます。
自社サイトを制作したら終わりではありません。多くのユーザーを獲得するためにはアクセス解析をして、サイトの改善を繰り返すことが大切です。アクセス解析ツールは複数あり、それぞれで機能が異なるため、必要な機能や予算、使いやすさなどから最適なツールを選びましょう。

Webサイト運用

Webサイト運用とは企業情報やブログの更新、アクセス解析など、目的達成のための施策・改善サイクルを回すことです。
インターネット広告やSNSマーケティングなどさまざまな集客方法を用いて、ユーザーを自社サイトに誘導させます。そのユーザーに対して、商品購入や問い合わせなど、自社の目的に合った行動へつなげるために行うのがWebサイト運用です。

リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!など検索エンジンの検索結果に表示されるテキスト広告のことです。広告を出稿する際にキーワードを指定しておき、ユーザーがそのキーワードを入力して検索した際に、検索結果の広告スペースに自社の広告が表示される仕組みです。
表示されるのみでは広告費が発生せず、ユーザーが広告をクリックした場合にのみ発生します。そのため費用対効果が高く、ユーザーが検索しそうなキーワードを指定しておくことで、多くのユーザーを自社サイトに誘導しやすいでしょう。

SNSマーケティング

SNSマーケティングとは、FacebookやX(旧Twitter)、InstagramなどのSNSを活用したマーケティング手法のことです。ブランド力の強化や自社イメージの向上、認知度拡大などを図ります。
SNSマーケティングはデジタルマーケティングでも高い注目を集めています。なぜなら、SNSを利用する消費者は年代を問わず増え続けているためです。
SNSごとに利用する年代層が異なるため、ターゲットに合わせて活用するSNSを選ぶことが大切です。

SEOマーケティング

SEOとは「Search Engine Optimization」の頭文字を取った言葉であり、日本語に訳すと検索エンジン最適化の意味があります。SEOマーケティングとは検索エンジンにおけるWebサイトの評価を高めることです。
SEOマーケティングでは、検索エンジンでの上位表示を目指すことが目的です。ユーザーが自社サイトをどのようなキーワードで検索しているか分析したり、見やすいサイトを構築したりすることでWebサイトの評価を高めます。
Webサイトは、上位表示されることでより多くの人の目に留まるため、多くのユーザーが自社サイトを訪れやすくなるのです。

動画マーケティング

動画マーケティングとは、動画コンテンツを活用したデジタルマーケティング手法のことです。動画共有サイトに動画コンテンツを投稿したり、テレビCMに使用する動画を広告枠に表示したりするマーケティングです。
動画はテキストや画像に比べて、ユーザーに伝えることのできる情報量が多いため、効果的に商品やサービスへの理解を促進させられるでしょう。

メールマーケティング

メールマーケティングとは、メールを通じて顧客と一対一でコミュニケーションを取るデジタルマーケティング手法のことです。商品やサービスのリリース情報、セール情報やキャンペーン情報などを配信したり、顧客の属性や購買意欲に合わせて情報を配信したりできるため、顧客との関係構築ができます。
メールマーケティングの主な手法は、メールマガジンと広告メールです。どちらも投資収益率と費用対効果が高いため、注目を集めているマーケティング手法の一つです。

マーケティングオートメーション(MA)

マーケティングオートメーション(MA)とは、マーケティングの自動化です。顧客リストの更新やスコアリング、ニュースレターの配信など、マーケティング業務における反復的な行動の自動化を指します。
マーケティングオートメーションで、的確にマーケティング業務が実行可能になったり、業務の効率化が可能になったりします。大企業だけではなく、人手不足の中小企業にもおすすめです。

コンテンツマーケティング(オウンドメディア)

コンテンツマーケティング(オウンドメディア)とは、独自コンテンツでユーザーに働きかける手法のことです。独自コンテンツとは、ブログやホワイトペーパー、セミナーなどのことです。独自コンテンツで見込み顧客にリーチし、購買や既存顧客への成長を促します。
先ほどご紹介したメールマーケティングや動画マーケティングも、コンテンツマーケティングの一種です。

デジタルマーケティングの基礎知識

ここまで、デジタルマーケティングの種類や手法をご紹介しました。デジタルマーケティングはどのような特徴があり、どのような目的で行うのでしょうか。ここからは、デジタルマーケティングの基礎知識を解説します。

デジタルマーケティングの目的

デジタルマーケティングとは、デジタルテクノロジーを活用したマーケティング手法の総称です。デジタル施策をもとに営業やマーケティング業務の最適化を目的としており、現代のビジネスにおいて重要な戦略のひとつとされています。
前述の通り、デジタルマーケティングにはさまざまな手法があります。ターゲット層に適している、あるいは目的に適している手法を選びましょう。

デジタルマーケティングの特徴

デジタルマーケティングは、ターゲティング能力が高いという特徴があります。なぜなら、デジタルマーケティングはオムニチャネルとデータドリブンで膨大なデータを蓄積できます。
オムニチャネルとは、オンラインとオフラインをシームレスに連携、融合させることです。
データドリブンとは、収集・蓄積された情報に基づいて意思決定をすることです。

Webマーケティング、インバウンドマーケティングとの違い

デジタルマーケティングとWebマーケティング、インバウンドマーケティングは別物です。違いを把握するために、それぞれの概要を確認しましょう。

・デジタルマーケティング:Webマーケティングを包括した手法
・Webマーケティング:Webサイトに特化したマーケティング手法
・インバウンドマーケティング:メディアを使って顧客側から自社を見つけてもらう戦略

このように、それぞれ異なるマーケティングであることから混同しないように注意しましょう。

まとめ

SNSやデジタル広告、メールなどさまざまなものを活用するデジタルマーケティング。多種多様なものがデジタル化される中、マーケティングでも高い注目を集め、重要視されています。
目的とターゲット層を明確にし、適切な手法でデジタルマーケティングを施策しましょう。

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。

著書:日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」(https://amzn.asia/d/4fMhaK8)

株式会社吉和の森:https://yoshikazunomori.com/

関連記事

最近の記事

  1. コラムページに新シリーズがスタート!『初級者のためのやさしくLookerStudioを説明する18回』の最初の5回分を追加しました。

  2. 第5回 :Looker StudioでGA4ダッシュボードを作成してみよう「ディメンションと指標をマスターしよう!」

  3. 第4回 :Looker StudioでGA4ダッシュボードを作成してみよう「表作成をマスターしよう!」

おすすめ記事

  1. 【4刷決定】書籍『日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」』

  2. 株式会社吉和の森 青森県DX総合窓口にサポートIT企業として参加

  3. 【メディア掲載】『東奥日報』10月4日(水)朝刊に、代表取締役 森和吉のインタビューが掲載されました(2023年10月4日)

おすすめ記事2

  1. 『DIGICON ACADEMY~デジタルマーケティング・コンサルタント養成塾~』の募集を4月20日(土)よりはじめました

  2. 『Googleビジネスプロフィール運用アドバイスメニュー』を4月8日(月)よりはじめました

  3. 森和吉のオンラインサロン【デジタルマーケティング塾】が1月8日にオープン

ピックアップ記事

  1. 第1回:LookerStudioでGA4ダッシュボードを作成しよう(LookerStudio概論 LookerStudioとは?)

  2. 第1回 Googleアナリティクス4(GA4)とは?

  3. デジタルマーケティングにおすすめ!東京の会社17選

カテゴリー

アーカイブ