不動産業界のDXとは|具体的な活用例も紹介

ブログ 不動産のデジタルマーケティング

不動産業界のDX

社会全体でDX化が進む中、不動産業界においてDX化を検討している方もいるかもしれません。本記事では、不動産業界が抱えるDX化の課題や事例のほか、DX化を進めるときのポイントについても紹介します。自社でDX化を検討している方は参考にしてみてください。

不動産DXとは?DX化によるメリット

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、デジタル技術の活用により、業務効率を改善したり、効率的に利益を上げるための仕組みを構築したりすることです。

不動産企業においては、契約システムの電子化や、不動産管理・顧客管理システムの活用、オンライン内見などのDX化が挙げられます。

DX化により業務が効率化されれば、経営者や社員がマネジメントやコア業務に専念しやすくなるでしょう。また、マーケティングや集客においてもDXを活用することにより、売上拡大につながるメリットもあります。

不動産DXのメリット・業務改善につながる・郵送費・交通費などの削減につながる・顧客満足度・利便性の向上につながる・売上拡大につながる

不動産テックとの違い

「不動産DX」のほかに、「不動産テック」という言葉を聞いたことのある方もいるかもしれません。

イメージが似ているため混同しがちですが、不動産DXは既存の不動産会社がデジタル技術を用いてビジネス効率を上げるための取り組み自体を指すのに対し、不動産テックは不動産業界の課題解決・商習慣の改善を目指したサービスや手段のことを指します。

不動産DXの枠組みの中に不動産テックが含まれていると考えるとイメージが沸きやすいかもしれません。

不動産業界におけるDX化の現状と課題

続いて、不動産業界におけるDX化の現状と課題を紹介します。

・DX化が進みづらい背景

・業界全体のノウハウ・知識不足

DX化が進みづらい背景

DX化が進みづらい背景として、紙の書類を用いた契約や対面での打ち合わせなど、アナログなやり取りが根付いていることが挙げられます。これは、不動産取引に用いる契約書類について、2022年までは書面による工夫が義務付けられていた(※1)ことが影響していると考えられます。

2022年5月に電子契約が全面解禁となった(※2)ものの、根強い商習慣が残っており、DX化がなかなか進まないといった不動産会社もあるようです。

※1、2: “国土交通省 公式HP” 参照

業界全体のノウハウ・知識不足

これまで不動産業界全体にアナログの商習慣が根付いていたため、業界全体がDX化のノウハウ・知識不足に陥っていることもDX化が進まない原因の一つでしょう。

不動産DXにおいては、テクノロジーと不動産業界の専門性を掛け合わせて仕組みを構築する必要があります。社内にDXに関する知識・ノウハウが蓄積されていない場合、外部の力を借りるのも有効な手段の一つです。

不動産業界におけるDX化の例

続いて、不動産業界におけるDX化の例を紹介します。DX化のイメージが沸かない方や、何から手をつけてよいかわからない方は参考にしてみてください。

・電子契約システム

・不動産管理システム

・顧客情報管理システム

・オンライン接客システム

それぞれ詳しく解説します。

電子契約システム

2022年5月に不動産業界においても電子契約が可能となった(※)ことで、電子契約システムを導入する不動産会社が出てきています。電子契約システムを使えば契約がオンラインで完結できるため、業務効率化はもちろん、郵送や交通費のコスト削減にもつながります。

“国土交通省 公式HP” 参照

電子契約システムのメリット・契約にかかる時間・人員コストを削減できる・郵送費・交通費を削減できる・不動産売買時に印紙税が発生しない・保管場所に困らなくなる

不動産管理システム

不動産会社では不動産物件の管理が必要です。不動産管理システムを導入することで、物件管理における人為的ミスを削減できたり、過去の履歴の閲覧が容易になったりするメリットがあります。

不動産管理システムのメリット・人為的ミスを削減できる・過去の履歴を辿りやすくなる・セキュリティの強化につながる・保管場所に困らなくなる

顧客情報管理システム

顧客情報管理システムは、不動産会社に限らず幅広く活用されているシステムです。自社の顧客情報をデータ化して一元管理できるほか、たとえばメールアドレスを取得している顧客に対してメールマガジンの配信をおこなうといったように、集客にも活用できます。

業務効率化を進めたい場合はもちろんのこと、顧客との関係構築により売上拡大につなげたい企業にもおすすめです。

顧客情報管理システムのメリット・集客の効率化につながる・人員コストを削減できる・セキュリティの強化につながる

オンライン接客システム

オンライン接客システムは、主に内見に活用されるシステムです。不動産会社によって使用ツールは異なりますが、チャットや音声で顧客とやり取りしながら、動画を映して実際に内見しているような感覚で物件の詳細を案内することが可能です。

非対面で案内できるため、スケジュールを調整しやすくなるほか、遠方顧客の対応も容易になる点が魅力です。

オンライン接客システムのメリット・遠方顧客の対応が容易になる・アポイントが取りやすくなる

不動産業界におけるDX化のポイント

ここからは、不動産業界におけるDX化のポイントを解説します。

・目的を明確にする

・人員・リソースの確保

・余裕をもったスケジュールで進める

・定期的に運用方法を見直す

目的を明確にする

「トレンドだから」という理由だけでDX化を進めると、施策にかかるコストを回収できなかったり、成果を測れないまま計画が頓挫してしまったりするリスクがあります。まずは自社がかかえている課題や問題点を洗い出し、DX化を進める目的を明確に設定しましょう。

また、一口にDX化といっても使用するツールやサービスはさまざまなので、目的に応じて導入システムを選定するのもポイントです。

人員・リソースの確保

DX化を進めるにあたり、人員・リソースの確保も欠かせません。特に社内で対応できそうな担当者が見つからない場合、DX化の目的に応じてノウハウ・知見を持った人材を外部から新たに確保する必要があります。

余裕をもったスケジュールで進める

DX化の実現によりさまざまなメリットを得られますが、既存の仕組みや対応方法を変えるには時間がかかります。また、いきなり急速な変革を進めてしまうと従業員が戸惑ってしまうこともあるかもしれません。

通常業務に支障を与えないためにも、目的に沿ったDX推進計画を立てて、余裕をもったスケジュールを組むことが大切です。また、各システムを導入したり、電子契約化を進める際は、ある程度段階的な導入を心がけるようにしましょう。

定期的に運用方法を見直す

DX化を進めた後も、定期的な運用方法の見直しは必要です。DX化を進める目的と現状を照らし合わせて、効果測定と改善を繰り返すことで効率的な業務を目指しましょう。

また、計画が順調に進んでいる場合は、どのような方法でどのような効果を得られたのかについて、成功データを蓄積していくこともポイントです。

不動産DXなら「吉和の森」におまかせ

不動産会社によっては、自社だけでDX化を進めることが難しいケースもあるかもしれません。新しく人材を採用する手段もありますが、戦略に悩んだときには外部の専門家を頼ってみるのも一つです。

「吉和の森」は各企業の状況に応じて、ITコンサルティングからマーケティングまでを包括的にサポートしています。

提供しているサービスの一例

・デジタルマーケティング

・webサイト制作

・ITコンサルティング

・インターネットメディア運営

吉和の森 公式HP

中小企業デジタル化応援隊事業の「IT専門家」が包括的にサポート

「吉和の森」では、中小企業デジタル化応援隊事業の「IT専門家」がITコンサルティングからデジタルマーケティングまでを包括的にサポート。Webを使って業務効率化を進めるためのノウハウを持っているだけでなく、マーケティング戦略や集客後の顧客をどのように契約まで誘導するかのアプローチまで、多角的な観点からコンサルティングをおこなっています。

ていねいなフォローで初心者にもぴったり

また、サービス利用にあたってていねいなフォローがあるので、IT初心者でも運用に困ることがありません。Webに関する知識を持ち合わせていない場合でも、気軽に相談しやすいところが大きな魅力です。

DX化の計画が進まない場合や、何から手をつけてよいかわからない方は、まず相談してみることをおすすめします。

吉和の森 公式HP

不動産業界で業務改善・利益拡大を目指すにはDX化がおすすめ

不動産業界が抱えるDX化の課題や事例、DX化を進めるときのポイントについて紹介しました。不動産業界におけるDX化では、契約システムや顧客管理システムなどの運輸により、アナログで行っている業務を効率化できる可能性があります。DX化を進める際には、目的を明確化して余裕をもったスケジュールで進めるようにしましょう。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。
特に不動産業が強く、デジタルマーケティングを使って、不動産投資クラウドファンディングで25万人の会員・出資額50億円を1年間で集めたり、不動産投資の累計販売額は100億を記録する。

◆著書◆
日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」…第3刷
https://amzn.asia/d/4fMhaK8
自社サイトをコストで終わらせないために ウェブ解析士の事例発表集(47) Kindle版
https://amzn.asia/d/br065Wk

◆株式会社吉和の森◆
https://yoshikazunomori.com/

関連記事

最近の記事

  1. コラムページに新シリーズがスタート!『初級者のためのやさしくLookerStudioを説明する18回』の最初の5回分を追加しました。

  2. 第5回 :Looker StudioでGA4ダッシュボードを作成してみよう「ディメンションと指標をマスターしよう!」

  3. 第4回 :Looker StudioでGA4ダッシュボードを作成してみよう「表作成をマスターしよう!」

おすすめ記事

  1. 【4刷決定】書籍『日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」』

  2. 株式会社吉和の森 青森県DX総合窓口にサポートIT企業として参加

  3. 【メディア掲載】『東奥日報』10月4日(水)朝刊に、代表取締役 森和吉のインタビューが掲載されました(2023年10月4日)

おすすめ記事2

  1. 『DIGICON ACADEMY~デジタルマーケティング・コンサルタント養成塾~』の募集を4月20日(土)よりはじめました

  2. 『Googleビジネスプロフィール運用アドバイスメニュー』を4月8日(月)よりはじめました

  3. 森和吉のオンラインサロン【デジタルマーケティング塾】が1月8日にオープン

ピックアップ記事

  1. 第1回:LookerStudioでGA4ダッシュボードを作成しよう(LookerStudio概論 LookerStudioとは?)

  2. 第1回 Googleアナリティクス4(GA4)とは?

  3. デジタルマーケティングにおすすめ!東京の会社17選

カテゴリー

アーカイブ