不動産SEOで成果を出すポイントとは?質の高いサイト作りのコツを紹介

ブログ 不動産のデジタルマーケティング

不動産seo

より多くのユーザーに不動産サイトに訪れてもらうためには、SEO対策を徹底することが必要です。しかし具体的にどのような対策を行うべきか、迷っている方もいることでしょう。本記事では、不動産SEOで成果を出すポイントについて解説します。

不動産サイトでSEO対策が必要な理由

不動産の公式ホームページやブログなどのサイトで多くのユーザーに訪問してもらうためには、SEO対策が欠かせません。SEO対策を怠ってしまうと検索エンジンから評価されにくくなり、サイトの露出が少なくなってしまいます。

Yahoo!やGoogleなどで検索上位を占めている不動産サイトは、SEO対策を徹底しているのがほとんどです。そのためユーザーに注目されやすくなるためには、SEO対策を徹底したサイト作りが必要となります。

検索ユーザーの獲得につながりやすい

例えば「赤羽 賃貸」「仲介手数料 相場」など、不動産にまつわるキーワードで検索するユーザーは、物件に対して興味を持っていたり、物件購入を検討していたりと不動産に対して強い興味と関心を持っている可能性があります。

そのためユーザーのニーズに合ったサイト作りを徹底すれば、見込み顧客の獲得につながりやすくなるでしょう。

中長期的な集客が期待できる

SEO対策のメリットは、中長期的な集客が期待できることです。不動産に限らずコンテンツが長期間にわたって上位表示され続けると、継続的に顧客を獲得しやすくなります。また上位表示されるコンテンツはユーザーにとっては有益なサイトと認識しているので、信頼度が上がり集客効果に期待が持てるでしょう。

ただしアルゴリズムの変更によってサイトの順番が変わることがあるため、編集なしで1位をキープさせることは難しいです。継続的に上位をキープさせるためには、定期的にコンテンツの見直しを実施することが欠かせません。

ブランディング強化が図りやすい

不動産サイトでSEOを最適化させるメリットは、ブランディング強化が図りやすいところです。Yahoo!やGoogleなどでサイトを公開した場合は、会社名やブランド名などが表示されます。例えば「渋谷 物件」というように検索をした場合、ユーザーのほとんどは『SUUMO』や『アットホーム』というように不動産関連のブランドを目にした方がいることでしょう。

このようにサイトを公開した場合は不動産の会社名などが表示されるため、SEOで上位表示を狙えば多くのユーザーにブランド名を認識してもらいやすくなります。

集客コストが抑えられやすい

SEO対策の魅力は、低コストで集客施策が実行できることです。例えばリスティング広告の場合は1回のクリックで広告費が発生してしまいますが、SEOの場合はクリックしてもコストは発生しません。費用がかかるとすれば、ドメイン名の取得費用やサイトの掲載する素材などでしょう。

より多くのクリック数を獲得すれば、高い費用対効果が見込めます。

不動産でのSEO対策で覚えるべきポイント

不動産でSEO対策を実施する際は、いくつか覚えるべきポイントがあります。では具体的にどのようなポイントを押さえるべきか、1つずつ見ていきましょう。

複数のキーワードでSEO対策を練る

不動産サイトで上位表示を狙う際は、複数のキーワードでSEO対策を練ることが重要です。SEOのキーワードには、検索の人気度が高い「ビックキーワード」と複数のキーワードで構成されたロングテールキーワード(ミディアムワード、スモールワード)があります。

1語のキーワードのみでもSEO対策は可能ですが、競合サイトが多い場合はビックキーワードのみで上位表示させることは難しいです。しかし「渋谷 マンション おすすめ」というようにロングテールキーワードで対策をすれば、競合サイトは減りSEO対策がしやすくなります。

検索ボリュームは減少してしまいますが、特定のターゲット層を呼び込みやすくなるでしょう。

「エリア名」をキーワードに入れる

不動産サイトでSEO対策を実施する際は、「エリア名」をキーワードに入れましょう。「エリア名」を入れる理由は、ユーザーのほとんどが地域名で検索するためです。特定の地域名をキーワードに入れることで、狙っている顧客層の獲得にもつながりやすくなります。

SEO対策で成果を出したい方は、積極的にエリア名を活用してみてください。

物件名を活用する

不動産サイトでのSEO対策には、物件名を活用するのもおすすめです。ユーザーの中には物件名で調べる方もいるため「シティ ハウス」や「ザ パーク ハウス」などというように固有名詞を入れることで顧客獲得につながりやすくなります。

もし有名な物件名を取り扱っている場合は、ぜひ積極的に活用してみてください。

不動産でSEO対策を成功させるポイント

不動産サイトでSEO対策を行う際、“何から始めればよいのか分からない”と迷っている方もいることでしょう。ここからは不動産でSEO対策を成功させるポイントを解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

キーワードツールの活用

不動産サイトでSEO対策を実施する際は、まずはキーワード選定が必要です。想像でキーワード選定を実施する方がいますが、おすすめできません。誤ったキーワードでSEO対策を行ってしまうと、ニーズとはずれたミスマッチなコンテンツを作ってしまい、アクセス数が獲得できなかったり上位表示が難しくなったりというようなことが起こりやすくなります。

正確にキーワードを選定するためには、キーワードツールを活用するのがポイントです。キーワードツールを活用することで、不動産業界のキーワードトレンドを正確に把握できます。

『Ubersuggest』や『Google キーワードプランナー』など、さまざまなキーワードツールがあるので、気になるツールがあれば活用してみてください。

Ubersuggestを使ってみる

Google キーワードプランナーを使ってみる

キーワードのリストアップ

キーワードツールで算出したキーワードは、ExcelやGoogleスプレッドシートなどを活用してリストアップしましょう。キーワードにもよりますが多くの語句が算出されることがあるため、検索結果をリストアップすることで検索ボリュームがひと目で把握できます。

検索結果の中からSEO対策に役立てられそうなキーワードを見つけて、サイト内に入れましょう。

物件情報を詳細に掲載

不動産サイトを上位表示させるためには、物件情報を詳細に掲載することが重要です。キーワードだけを入れたとしても物件情報が少なすぎると、ユーザーは離脱しやすくなってしまいます。

サイトに訪れるユーザーは物件について詳しく情報を知りたいので、家賃や間取り、築年数、階数、専有面積、建物種別、駅からのアクセスなど細かく情報を入れましょう。

リンクの設置

不動産サイトでのSEO対策では、リンクの設置が欠かせません。リンクの種類は、サイト内でページをつなげる内部リンクと、外部サイトから自サイトに接続する外部リンクの2種類です。これらのリンクを適切な場所に配置することで、検索エンジンからは質のよいコンテンツと評価されやすくなります。

リンクの設置ポイントは、コンテンツに関する内容のリンクを設置することです。例えば不動産サイトであるにも関わらず料理のレシピのリンクを設置してしまうと、適切ではないと検索エンジンから認識されやすくなっています。

不適切なリンクの設置は販売機会の損失にもつながりやすくなるので、不動産に関するリンクを設置するようにしましょう。

モバイルデバイスに対応したサイト作り

不動産サイトに訪れるユーザーは、スマホやタブレットなどのモバイル経由で閲覧するのがほとんどです。そのためモバイルでも閲覧できるように、サイト内でもモバイル最適化を図らなければなりません。

レスポンシブデザインの導入やコンテンツの圧縮、AMPページの作成などでモバイル最適化を図り、モバイルユーザーでも使いやすいサイトにしましょう。

口コミの掲載

質の高い不動産サイトにするためには、口コミの掲載もおすすめです。実際にサービスを利用した顧客の口コミを掲載することで、不動産会社に対する信頼度が高くなりやすくなります。

物件契約した顧客の感想を掲載してみるのもよいですが、物件契約に至るまでの経緯をストーリー仕立てで紹介するとサービス利用のイメージがしやすくなるのでおすすめです。

アクセス解析ツールを活用した効果測定

上位表示を狙ったサイト作りには、アクセス解析を活用した効果測定が必要です。アクセス解析をすることで、アクセス数やサイトの滞在率、コンバージョン率などが明確に分析できます。より詳細にデータを分析できるので、サイトから離脱する原因も把握しやすいでしょう。

アクセス解析には、Google Analyticsがおすすめです。豊富な機能でユーザーの具体的な行動パターンが詳細に分析できるので、SEO対策の際は活用してみてください。

Google Analyticsの詳細

不動産向けコンテンツSEOのポイント

コンテンツSEOとは、WEBサイトとは別に記事コンテンツで上位表示を目指すSEO対策のことです。物件の選び方やおすすめのエリア物件の紹介など、検索ユーザーが関心や興味あるような役に立つコンテンツを発信することで検索結果での露出が増やせます。

不動産向けコンテンツSEOを作成する際、どのようなポイントを押さえるべきか1つずつ見ていきましょう。

情報収集し質の高いコンテンツにする

質の高いコンテンツSEOを作成する際は、情報収集が欠かせません。情報収集が徹底されていないと、内容の薄いコンテンツになってしまいます。

情報のソースは、自分の体験や口コミ、競合サイト、インタービューなどさまざまです。また取り扱う情報が最新のものであれば、検索エンジンから評価されやすくなります。情報収集を徹底し、少しでも質の高いコンテンツにしましょう。

不動産周辺エリアの話題をテーマにしてみる

コンテンツSEOのネタ作りに苦戦した場合は、不動産周辺のエリアの話題をテーマにしてみましょう。例えば街の商店街や商業施設、イベントなどを紹介することで、ユーザーはエリアに対する興味を抱きやすくなります。

不動産周辺で街の話題が豊富にあれば、ぜひコンテンツSEOで紹介してみてください。

物件情報も紹介する

コンテンツSEOを作成する際は、物件情報も紹介しましょう。取り扱ったテーマに加えておすすめの物件を紹介することで、ユーザーに物件の存在を認知してもらいやすくなります。魅力的な物件であれば、契約に踏み込むかもしれません。

例えば話題のイベントを紹介した後に、エリア周辺の物件を紹介するといったように物件情報も掲載してみましょう。

読みやすいコンテンツにする

コンテンツSEOを作成する際は、読みやすいコンテンツ作りを意識することが重要です。どんなに魅力的なコンテンツであっても、文章が長くなってしまったり、専門用語を使ってしまったりすると、ユーザーは読みにくさを感じやすくなってしまいます。

文章慣れしていないユーザーは、クリックしてすぐに離脱してしまうかもしれません。

読みやすいコンテンツにするためには、シンプルかつ簡潔に文章をまとめることがポイントです。もし内容がまとまらない場合は書きたい内容をリスト化してから、文章を書いてみてください。

記事のタイトルや見出しにもキーワードを盛り込む

記事のタイトルや見出しなどを作成する際は、キーワードを盛り込みましょう。タイトルや見出しなどにキーワードを盛り込むことで、検索エンジンから評価され上位表示されやすくなります。

ただし過度に入れ過ぎてしまったり、無理やり入れてしまったりすると、視認性が悪くなったり、評価が下がりやすくなったりするので、適切な場所にキーワードを入れるようにしましょう。

不動産のSEO対策で苦戦したら『吉和の森』

不動産のSEO対策で苦戦した場合は『吉和の森』がおすすめです。株式会社吉和の森(よしかずのもり)は、東京都港区にあるWeb集客に強みのあるデジタルマーケティング企業です。SEOはもちろんのこと、WEB広告やSNS集客など幅広いサービスを展開しており、WEB集客を一貫してサポートをしてくれます。

不動産向けのWEB集客も対応可能なので、集客で苦戦している不動産会社にはぴったりでしょう。気になった方は、ぜひ吉和の森のサービスをチェックしてみてください。

株式会社吉和の森の公式HPはこちら

SEO対策を徹底し不動産サイトを上位表示させよう

本記事では、不動産SEOで成果を出すポイントについて解説しました。不動産向けのSEOで成果を出すためには、ユーザーが求めている質の高いコンテンツに仕上げることが重要です。またアクセス解析を通して、サイトの改善を定期的に実施する必要があります。SEO対策を徹底し、不動産サイトを上位表示させましょう。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。

著書:日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」(https://amzn.asia/d/4fMhaK8)

株式会社吉和の森:https://yoshikazunomori.com/

関連記事

カテゴリー

アーカイブ