ネット検索で上位になるためには?SEO対策の仕組みと検索順位の上げ方を解説!

デジタルマーケティング ブログ

キーワードを入力して検索した際、かなり下までサイトを探すというより、上位の目についたサイトを開くという方が多いでしょう。つまり、自社サイトを多くの人に見てもらうためにはネット検索で上位表示にする必要があります。

そこで今回は、SEO対策の仕組みと検索順位の上げ方を解説します。

ネット検索で上位表示されるのはなぜか

ネット検索をすると、上位表示されやすいサイトがあります。では、どのようなサイトが上位表示されるのでしょうか。

まずは、ネット検索で上位表示される仕組みを確認しましょう。

どんな記事が上位表示されるのか

上位表示されやすい記事は、ユーザーの検索意図に合致している可能性の高い情報と、Googleが評価した記事です。なぜなら、ユーザーの検索意図に合致している記事は検索者に一番喜ばれる情報だからです。

つまり、Googleから、ユーザーが早く的確に情報を得られるよいページと判断された順に表示されます。逆に、ユーザーの検索意図に合致していると判断されにくい記事は下位表示になり、その分ユーザーの目に留まりにくくなるのです。

検索エンジンの仕組み

検索エンジンでは、短いキーワードから目的を汲み取って結果を表示します。

検索エンジンはクロール・インデックス・ランキングの3つの作業を主としています。クロールとは情報を探すことを指す言葉で、クローラーがWebサイトを「クローリング(巡回)」します。インデックスとは情報整理のことで、クローリングした内容を「インデックス」によって情報を整理、保存します。最後にインデックスからランキング、つまり情報の順位づけをして検索順位が決まるという仕組みです。

検索エンジンで上位記事が決まる仕組み

検索エンジンでの順位付けは、ページの重要度を決める評価基準アルゴリズムで決まります。評価基準アルゴリズムとは、検索順位を決める基準のことです。検索意図の把握・ウェブページの関連性・コンテンツの品質・ユーザビリティなどの項目があり、最終的には総合で評価が決まります。

評価が高いサイトは上位表示されやすく、逆に評価が低いサイトは上位表示されにくくなるという仕組みです。

Google検索とYahoo!検索の違い

Google検索とYahoo!検索は、かつては検索システムが異なっていました。そのため、どちらの検索エンジンを優先するかを判断し、それぞれの基準に沿ってサイトを構築しなければならなかったのです。

しかし、2010年12月1日にYahoo!がGoogleの検索エンジンを導入しました。これにより、表示項目や広告は異なるものの、判断基準は同じため、どちらかのサイトでだけ対応しなければならないような項目はありません。

グーグル検索の仕組み

Googleで上位表示するためには、Google検索の仕組みを知る必要があります。そこでここからは、Google検索の仕組みについて網羅的に解説します。

Googleのガイドラインを把握する

まずは、Googleのガイドラインを把握することから始めましょう。

そもそもGoogleの根本的な考え方は、ユーザーの喜ぶ情報を表示することです。キーワードを入力して検索した際に、ユーザーのニーズに合ったサイトを表示させることがユーザーの喜ぶ情報の表示につながります。

つまり、Googleが公開している検索品質ガイドラインでユーザーの検索ニーズを満たしているか、ユーザーにとって信頼できるものなのかが重視されるということです。また、Webサイト・ページの見た目や使いやすさも重視されます。ニーズに合ったサイトでも使いにくいサイトは、ユーザーが喜ぶサイトではありません。

クロールとインデックス

Googleでは、「クローラー(Googlebot)」という巡回ロボットが世界中から情報を探しています。被リンクがあるとクローラーが自社のWebサイトに移動しやすくなり、情報収集をしてニーズに合っていれば上位表示されやすくなる仕組みです。

クローラーがたどり着いたサイトは、「キーワード」や「情報の鮮度」からユーザーが探している情報と関連性が高いか判断し、インデックスに登録されます。インデックスに登録されたサイトを、さらにユーザーが喜ぶ順番に並べ替えるのです。

GoogleのHP評価基準を知る

Googleで上位表示されやすくするためには、GoogleのHP評価基準を知る必要もあります。

そもそもGoogleのHP評価基準は、PageRankと呼ばれるアルゴリズムの総合得点によって順位が決まります。最も優先されているポイントは、ユーザーが知りたい情報か、使いやすいかという点で、ユーザーが知りたい情報、かつ使いやすいサイトほど順位が高くなります。

Googleにとって情報は商品のため、ユーザーの満足度を上げる情報を上位表示する情報が当然上皮に表示されるということです。

ネット検索で上位表示を目指す対策

ここまで、ネット検索で上位表示される理由とGoogle検索の仕組みについてご紹介してきました。ここからはご紹介したないよを踏まえて、ネット検索で上位表示を目指す対策について具体的に解説します。

ユーザーにとって有益なコンテンツを作成する

最も重要なのはユーザーに役立つ良質なコンテンツを作ることです。なぜなら、Google検索ではユーザーのニーズに合った情報を掲載しているサイトほど上位表示されるからです。

特に、顕在ニーズだけではなく潜在ニーズも満たすコンテンツは、ユーザー満足度が高く上位検索されやすくなります。現代は情報の多さより、確実さや信頼性が重視されていることを把握しておきましょう。

検索ニーズに合ったコンテンツの作成

検索ニーズに合ったコンテンツを作成しましょう。この際、検索クエリ、検索ニーズに合致したコンテンツ作りを心がけることで、Googleからの評価を得られます。

検索クエリとは、ユーザーが検索窓に打ち込むワードのことです。そもそもGoogle検索する際は、何かしらのキーワードを入力して検索します。つまり、ターゲットが検索すると予測されるキーワードを把握することが大切です。

このように、コンテンツを作る際は検索クエリと関連性が高い情報になっているかを意識しましょう。

コンテンツの専門性を高める

コンテンツの専門性を高めることも大切です。なぜなら、「専門性」「権威性」「信頼性」のあるWebサイトの構築はGoogleの評価を高めるポイントだからです。

E-A-Tの3つの要素で特に重要なのが「専門性」です。つまり、専門性を高めることでGoogleの評価は高くなりやすい仕組みになっています。

領域・分野に関する情報を深く掘り下げ、サイト全体の専門知識の量を増やしましょう。

ユーザーにとって使いやすいコンテンツにする

ユーザーにとって使いやすいコンテンツ作りを意識しましょう。なぜなら、「ユーザビリティの良さ」は、Googleが重視している要素のひとつだからです。

ユーザーにとって使いやすいコンテンツ作りとしてすべきことは、読みやすいテキストにしたりページスピードの最適化をすることです。また、最近ではスマホの普及によってスマホからWebサイトを閲覧する人が増えました。これにより、スマホなどのモバイル対応も重視されています。

クローラビリティを高める

クローラビリティを高めるために、自社Webサイト内をクローラーがクローリングしやすいように整備しておきましょう。具体的には、URLを正規化してサイト内のページを内部リンクしたり、XMLサイトマップ作成するなどが挙げられます。

Google のクローラーは、クロールする前に対象サイトの robots.txt をダウンロードして解析するため、robots.txtを設置しておくと尚良いです。

ネット検索で上位表示されるメリット

ネット検索で上位表示されるメリットは、多くの人の目に止まりやすくなることです。なぜなら、上位に表示されるということはWebサイトの表示回数が増えることで、自社Webサイトへの流入も増えるきっかけになるためです。

また、宣伝広告費が少なく済み、ブランディング効果も高くなったり、サイトのビューが増えることで顧客との交流も効率よく行えるというメリットもあります。

まとめ

ネット検索で上位表示されるためには、上位表示される仕組みを知り、ユーザーのニーズに合った情報を提供したり、使いやすいサイトにすることが大切です。上位表示されなくてお悩みの場合は、今一度SEO対策を見直してユーザーのニーズに合ったサイトを構築しましょう。

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。

著書:日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」(https://amzn.asia/d/4fMhaK8)

株式会社吉和の森:https://yoshikazunomori.com/

関連記事

最近の記事

  1. コラムページに新シリーズがスタート!『初級者のためのやさしくLookerStudioを説明する18回』の最初の5回分を追加しました。

  2. 第5回 :Looker StudioでGA4ダッシュボードを作成してみよう「ディメンションと指標をマスターしよう!」

  3. 第4回 :Looker StudioでGA4ダッシュボードを作成してみよう「表作成をマスターしよう!」

おすすめ記事

  1. 【4刷決定】書籍『日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」』

  2. 株式会社吉和の森 青森県DX総合窓口にサポートIT企業として参加

  3. 【メディア掲載】『東奥日報』10月4日(水)朝刊に、代表取締役 森和吉のインタビューが掲載されました(2023年10月4日)

おすすめ記事2

  1. 『DIGICON ACADEMY~デジタルマーケティング・コンサルタント養成塾~』の募集を4月20日(土)よりはじめました

  2. 『Googleビジネスプロフィール運用アドバイスメニュー』を4月8日(月)よりはじめました

  3. 森和吉のオンラインサロン【デジタルマーケティング塾】が1月8日にオープン

ピックアップ記事

  1. 第1回:LookerStudioでGA4ダッシュボードを作成しよう(LookerStudio概論 LookerStudioとは?)

  2. 第1回 Googleアナリティクス4(GA4)とは?

  3. デジタルマーケティングにおすすめ!東京の会社17選

カテゴリー

アーカイブ