不動産業なら実施すべきMEOとは|実施手順や成功のポイントも紹介

ブログ 不動産のデジタルマーケティング

不動産meo

MEOとは、主に地図アプリでの検索結果で上位表示をさせる施策のこと。とくに地域に密着した実店舗を持つ不動作業との親和性が高く、来店見込み顧客への集客におすすめです。本記事では不動産業でMEOを利用する上で知っておきたいメリット・デメリットや、MEOを始めるための手順について解説します。

不動産業なら実施しておきたいMEOとは

MEOとは「Map Engine Optimization(マップ検索エンジン最適化)」の略で、主にGoogleマップの検索結果を上位表示させる施策のことを指します。Googleマップによる集客効果を高めるため、事業者を中心に利用されています。

不動産業におけるMEOのメリット

不動産業におけるMEOの以下のメリットについて解説します。

  • 不動産業と相性がよい
  • 顧客がコンタクトを取りやすい
  • 客観的な情報も記載される
  • Googleマップの登録と利用は無料

不動産業と相性がよい

MEOは地図アプリを利用した施策のため、地域に密着したビジネスと相性がよいです。Googleマップで検索する顧客は、その地域にある不動産に関して検討が進んでいると考えられるため、検索していない顧客に比べて成約が期待できます。

顧客がコンタクトを取りやすい

Googleマップ上で簡単に企業の場所や連絡先を確認できるため、顧客が円滑にコンタクトを取れるという利点があります。プラットフォーム上で同じ業種を並列で比較できるので、求めている店舗が見つけやすい点もビジネスの発展を後押ししてくれます。

客観的な情報も記載される

Googleマップには口コミが掲載されており、客観的な意見を求める顧客の来店につながります。マーケティング業界では「UGC(User Generated Contents)」と呼ばれる、一般のユーザーによって生成されたコンテンツの有用性が高いとされています。

口コミはUGCであり顧客にとっても店舗選びに役立ち、集客する側にとっても活用しやすい機能です。

Googleマップの登録と利用は無料

Googleマップの登録は無料なので、気軽にMEO施策を実施できるのもメリットのひとつです。MEO上位を狙う本格的な対策を実施する場合は、信頼性のあるMEO業者に依頼しましょう。

不動産業におけるMEOのデメリット

不動産業におけるMEOの以下のデメリットについて解説します。

  • 競合に埋もれる可能性がある
  • 口コミへの対応が必要

競合に埋もれる可能性がある

競合の業者も同様にMEO施策を行っている場合、自社の対策が不足していると店舗情報が上位に表示されず埋もれてしまう可能性があります。上位表示されるためには、施策を継続しながら競合の調査や効果測定といった地道な作業が必要です。

口コミへの対応が必要

口コミには企業にとって好意的な内容だけではなく悪い内容のものもあるため、対策が行われない場合、悪評が強調されてしまう場合があります。悪い口コミが投稿された場合は、投稿内容に対して返信や謝罪を行い改善に活かし、真摯に対応する姿勢をアピールすることが重要です。

Googleビジネスプロフィール登録手順【マップ未表示の場合】

Googleビジネスプロフィールを登録する前に、店舗のビジネス情報が既にGoogle上に存在するかどうか確認する必要があります。店舗情報が出て来ない場合は、以下の手順で登録しましょう。ユーザーニーズを満たすために、なるべく多くの情報を掲載することがポイントです。

  1. 名前の入力
  2. 業種の選択
  3. サービス提供地域の入力
  4. 住所の入力
  5. 電話番号・URLを入力
  6. オーナー確認の方法を選択

Googleビジネスプロフィール登録手順【マップ未表示の場合】

すでに登録済の場合でも、店舗の情報を再度確認して入力することが推奨されています。登録後は、以下のいずれかの方法でオーナー確認を完了させましょう。

  • 電話またはテキスト メッセージ
  • メール
  • ビジネスを実施していることを示す動画のアップロード
  • Google担当者とのライブビデオ通話
  • 郵便

不動産業におけるMEO上位表示のポイント

MEO施策において上位表示されるための方法は以下の通りです。それぞれについて解説します。

  • NAP情報の統一
  • キーワードに対して関連性が高い
  • ローカルパックに表示されているかチェックする

NAP情報の統一

NAPとは「Name(名前)」「Address(住所)」「Phone(電話番号)」の頭文字を合わせた言葉で、WEB上にある店舗のNAP情報が一致していることが重要とされています。

GoogleのクローラーがWEB上の店舗情報を集めて同一のものであると認識し、店舗を上位表示するために必要な「知名度」「関連性(検索ワードとの関連)」の評価に役立てているためです。

統一するために各WEBサイトの表記に、半角やスペースの有無といった記載のズレがないかチェックして、必要に応じてサイト管理者に修正の申請を行いましょう。

キーワードに対して関連性が高い

Google検索したキーワードに対して関連性が高まるような情報を記載しましょう。例えば「地名」「マンション」「物件」といった関連するキーワードです。

検索エンジン最適化である「SEO」と共通した方法で、ターゲットであるユーザーがどのようなキーワードで検索しているかリサーチして設定しましょう。

ローカルパックに表示されているかチェックする

ローカルパックとはGoogleマップ検索時に上位3件のみ表示されるポップアップのようなもののことです。視認性が高まり、ビジネスの認知や集客に繋がりやすくなります。

表示されるためにはこれまで紹介してきたMEO対策を行い、アルゴリズム上で高い評価を受けることが重要です。ローカルパックに表示されているかどうかを施策の指標にして、改善を行いGoogleからの評価をアップさせていきましょう。

不動産業界のマーケティングは株式会社吉和の森がおすすめ

ビジネスにおけるマーケティングやWEB制作なら東京都港区にある「株式会社吉和(よしかず)の森」がおすすめです。さらにITコンサルティングやインターネットメディアの運営も対応しているので、事業における、WEB関連の施策立案や運用にお困りの方に役立つ企業です。

公式HPはこちら

ワンストップでマーケティング施策を実施

株式会社吉和の森ならデジタルマーケティングにおける以下の業務を、まるごと依頼することができます。

  • WEBにおける集客・PR・キャンペーン・サイト・メディア運用
  • 広告運用・代理店との窓口業務
  • 広報
  • データ分析・数値のアウトプット
  • サイト改善の提案(SEO施策・顧客管理・開発会社やツールの紹介など)

更新が滞っているサイトの運用や広告代理店との窓口業務まで、WEBに関するありがちな悩みに対応。デジタルマーケティング領域から事業の発展をサポートしてくれます。

不動産クラウドファンディングも可能

株式会社吉和の森では不動産業のサポートにも対応しており、中でも不動産クラウドファンディングやソーシャルレンディングの集客を得意としています。不動産クラウドファンディングでは80,000人の会員を集客した実績を持っているため、資金調達にお悩みの方におすすめです。

クラウドファンディングに関する料金を以下にまとめました。

  • 広告運用のみの場合:広告費の30%(最低110,000円(税込)から)
  • コンサルティング(集客、PR、事業一般、業界全般の調査など):1か月440,000円(税込)より相談可能
  • コンサルティング+広告運用:1か月440,000円(税込)+広告運用費として広告費の20%から相談可能

興味がある方は以下のリンクより問い合わせてみてください。

公式HPはこちら

不動産業に相性がいいMEOを実施して効果的に集客しよう

地域とのつながりが深い業種である不動産業は、Googleマップとの親和性があり、高い集客効果が見込めます。ビジネスプロフィール自体は無料で登録できて、MEOの施策の方法によっては広告費用を抑えた集客も可能です。成果を上げるためにポイントを押さえる必要があるので、集客施策を検討している不動産業の方はこの記事を参考に行ってみてください。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。

著書:日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」(https://amzn.asia/d/4fMhaK8)

株式会社吉和の森:https://yoshikazunomori.com/

関連記事

カテゴリー

アーカイブ