不動産でのコンテンツマーケティングとは?成功させるためのコツやおすすめの手法を紹介

デジタルマーケティングを紐解くカギ ブログ

不動産コンテンツマーケティング

不動産会社によっては、コンテンツマーケティングでの集客方法を採用しているところがあるでしょう。本記事では、不動産でコンテンツマーケティングを成功させるためのポイントを解説。さらに、おすすめの手法も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

不動産業界におけるコンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、WEBサイトやブログ、SNS、メルマガなどのさまざまな媒体を活用して、ユーザーが興味関心を抱くようなコンテンツで集客に結び付けるマーケティング手法のことです。

ユーザーにとって有益な情報を提供することで、見込み客獲得はもちろんのこと、ファン化や会社に対する信頼性アップ、競合との差別化などのさまざまなメリットが得られます。

不動産がコンテンツマーケティングを実施するメリットとデメリット

不動産でコンテンツマーケティングを実施するメリットは、ブランドの認知拡大や広告宣伝費のコストカット、会社の信頼性アップなどさまざまです。より魅力的なコンテンツを発信し続ければ集客ツールとしても活用できます。

長期的な集客ツールとして活用できる

コンテンツマーケティングのメリットは、長期的な集客ツールとして活用できるところです。WEB上で作成したコンテンツは、アーカイブとして残されます。より多くのユーザーから注目されるようになれば、高い費用対効果が期待できるでしょう。

ただし同業の不動産会社でもコンテンツマーケティングを実施しているため、競争率の激しさから効果が出るまでに時間がかかってしまうのがデメリットです。

サイトで検索上位を狙うためには、SEO対策や質の高いコンテンツ作り、メルマガやSNSなどの媒体での転用などさまざまな工夫策を凝らすことが必要でしょう。

低コストでのコンテンツ作りが可能

チラシや広告などで宣伝をする場合は、制作するのにコストがかかってしまいます。

しかしコンテンツマーケティングの場合は、WEBサイトやSNS上でコンテンツを作成することが可能であるため、集客コストがかかりにくいです。とくにSNSの場合は無料で利用できるので、魅力的なコンテンツを作成すれば高い費用対効果が見込めるでしょう。

ただし成果を出すためには、時間がかかってしまいます。WEBサイトの場合はSEO対策を行わなければ上位表示をするのが難しく、SNSの場合は最初からアカウントを作成するとフォロワーの獲得や情報拡散にもかなりの時間がかかるでしょう。

会社の信頼性が上がりやすい

コンテンツマーケティングのメリットは、会社の信頼性が上がりやすいところです。例えば賃貸不動産の場合、物件の探し方や賃貸物件の相場、エリアの紹介などさまざまなコンテンツを発信することで、顧客にとっては有益な情報が得られやすくなります。

顧客にとって満足のいく情報が得られれば、会社に対する信頼性が上がるかもしれません。

ただし有益なコンテンツを発信するためには、顧客がどのような内容に興味を示すのかしっかりリサーチすることが重要です。

適当に情報を発信したとしても空振りする可能性もあるので、ユーザーがどのような情報を求めているのか口コミやSNS、検索結果などさまざまな媒体から調べましょう。

不動産でのコンテンツマーケティングで取り扱う内容

不動産でコンテンツマーケティングを実施しようとした際、どのような内容を取り扱っているのか気になっている方もいることでしょう。主に不動産で取り扱っているコンテンツは以下の通りです。

・物件の紹介

・暮らし

・住まい

・地域

・不動産売買

物件の紹介

不動産でのコンテンツマーケティングの王道といえば、物件紹介でしょう。エリアに特化したおすすめの物件紹介はもちろんのこと、物件の探し方や注意するべきポイントなどの情報を入れることで、質の高いコンテンツに仕上がりやすくなります。

さらに物件紹介をする際のポイントは、画像や動画などのビジュアルで情報を伝えることです。物件情報を得たいユーザーの中には、外観や内装空間、間取りなどの詳細を実際の目で確かめたい方もいます。

そのためテキストで情報を伝えるよりも、写真や動画などを活用するとユーザーにとっては有益な情報が得られるかもしれません。

暮らし

暮らしのコンテンツは、生活の知恵や住まいづくり、おすすめの施設、地域コミュニティ、具体的な生活シーンなど取り扱うジャンルは豊富です。そのため人によっては、テーマ決めで苦戦するかもしれません。

暮らしのコンテンツ作りのポイントは、生活のイメージがしやすいコンテンツを作ることです。生活に関わるコンテンツを提供することで、ターゲット層は実際に物件に住んだ際の具体的なイメージが想像しやすくなります。

住まい

住まいのコンテンツは、家具の選び方やインテリアデザイン、リノベーションなど住まいに関する情報を発信します。これらのコンテンツはリフォームサービスを行っている事業者がメインに取り扱っているジャンルといえるでしょう。

顧客によっては、「よりよい住まいにしたい」と考えている方もいるので、住まいに関するアイデアを提供することで、リフォームのイメージがしやすくなります。

魅力的なコンテンツを発信すれば、もしかしたら顧客獲得につながりやすくなるかもしれません。

地域

地域のコンテンツは、主に地域の特徴や歴史、文化、イベント、コミュニティなどさまざまなジャンルが豊富にあります。テーマが豊富にあるので、テーマ選びがしやすいといえるでしょう。

地域に関する情報を届けることで、ユーザーに物件に住み始めた後の暮らしのイメージを想像してもらいやすくなります。

もしグルメや施設、観光地など豊富なスポットが点在している場合は、地域コンテンツを積極的に発信してみるとよいかもしれません。

不動産ビジネス

不動産投資や不動産M&A、物件売却など、不動産ビジネスを取り扱う場合もコンテンツには向いています。不動産ビジネスは基礎的な知識やノウハウがないと運用するのが難しいため、コンテンツを通してユーザーに有益性の高い情報を提供できます。

より有力な情報を届けられれば、信頼できる会社としてユーザーに認めてもらいやすくなるでしょう。

不動産でコンテンツマーケティングを成功させるための手法4選

不動産でコンテンツマーケティングを始める際、具体的に何をすればよいのか分からないと迷走に陥っている方もいることでしょう。ここからは、不動産でコンテンツマーケティングを成功に近づけるためのポイントを紹介します。

1. 目的を明確にする

不動産でコンテンツマーケティングを成功に導くには、実施目的を明確にすることが重要です。

例えば「物件紹介のみならず暮らしの知識を届けたい」「地域に関するコンテンツを届けてエリアに対する興味関心を持ってもらいたい」というように具体的な目的があると、コンテンツマーケティングを実施する方向性が定まりやすくなります。

施策の方向性が定まれば、その後のコンテンツ作りがスムーズに進みやすくなるでしょう。

2. ターゲット層を絞る

不動産でのコンテンツマーケティングで成果を出すには、ターゲット層の絞り込みが欠かせません。例えば「ファミリー層に向けて、物件紹介や地域紹介をしたい」というようにターゲット層を決めることで、誰に向けて情報発信するべきなのか定まりやすくなります。

ターゲット層の絞り込みをスマートにしたい場合は、ペルソナを設定するのがおすすめです。ペルソナとはターゲット層を具体的にした人物像のこと。性別や年齢、職業、ライフスタイル、趣味、悩みなど細かく設定することで、アプローチしたいターゲット層が明確になりやすくなります。

ペルソナの具体例を下記にまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

【賃貸物件を探している家族を集客する場合】

・年代:30~40代

・職業:会社員、フリーランスなど

・ライフスタイル:子連れで共働きをしている

・理想の賃貸物件:職場から近い、家賃が安い

・悩み:家族で住める家が見つからない、賃貸でも広い物件に住みたいなど

3. 分かりやすい内容で情報を届ける

不動産に関するコンテンツを作成する際は、ユーザーに分かりやすいように内容を作ることが重要です。どんなに有力な情報を提供したとしても、難しい表現が使われていたり、長文で読みにくくなったりしていると、ユーザーによってはストレスを感じやすくなってしまいます。

場合によっては、「よく分からないコンテンツだった」ということで、ページを離脱してしまうかもしれません。

分かりやすい内容のコンテンツに仕上げるためには、簡潔な文章でまとめるのがポイントです。よりコンテンツの見栄えをよくしたい場合は、画像や動画、図、表などの素材を活用してみてください。

4. 定期的に効果測定と改善を実施する

質の高いコンテンツに仕上げるためには、効果測定を活用したPDCAサイクルが必要です。コンテンツ作りは最初から、完璧な状態に仕上げるのは難しいです。コンテンツのクオリティーの低さによる離脱率の高さや低いコンバージョン率など、さまざまな課題があります。

課題を改善するためには、Googleアナリティクスのように専用のアクセスツールを活用した効果測定が欠かせません。専用のアクセスツールを活用することで、ページの離脱率やコンバージョン率、ページの滞在時間などユーザーの具体的な動向を分析できます。

具体的なユーザーの行動パターンが把握できれば、コンテンツのどの部分を改善するべきなのか明確になるでしょう。

改善するべきポイントを踏まえた上で、徐々に質の高いコンテンツに仕上げてみてください。

Googleアナリティクスを使ってみる

不動産のコンテンツマーケティングで注意するべきポイント

不動産に関するコンテンツを作成する際は、いくつか注意しなければならないポイントがあります。もし誤った方法でコンテンツを作成してしまうと思わぬトラブルに発展するかもしれません。

著作権の取り扱い

不動産に限らず、コンテンツ作りで注意しなければならないのが著作権の取り扱いです。より質の高いコンテンツにするために、書籍や専用サイトから情報を参考にする方もいることでしょう。

しかしサイトや書籍などによっては引用禁止を設けているところもあるため、引用のやり方には注意が必要です。

もし参考文献やサイトなどの情報を引用したい場合は、必ずコンテンツの分かりやすい箇所に引用元を掲載しましょう。

コピペはしない

当然ながらコンテンツを作成する際は、コピペはNGです。効率よくコンテンツを作成するために外部サイトの内容をそのままコピペしてしまうと、著作権法違反に引っかかる可能性があります。

場合によっては罰則を受けることもあり、会社の信頼度も下がってしまうことになりかねません。参考文献やサイトなどの情報の引用は可能ですが、丸々コンテンツをコピーするのは避けましょう。

不動産のコンテンツマーケティングで苦戦したら『吉和の森』

不動産のコンテンツマーケティングで苦慮するときは、『吉和の森』がおすすめです。

『吉和の森』は、東京港区にあるデジタルマーケティング会社でWEB集客に関連するサポートを行っている企業になります。サイトの制作やリスティング広告、SNSの運用などさまざまな施策の支援をしており、コンテンツマーケティングも得意としています。

さらにコンテンツの制作のみならず、アクセス解析や改善案の提案も実施。施策の見直しについても相談してくれるので、より高いクオリティーのコンテンツ作りができます。

質の高いコンテンツマーケティングを実施したい方は、ぜひ『吉和の森』を活用してみてください。

吉和の森の詳細を見る

不動産のコンテンツマーケティングを成功させよう

本記事では、不動産でコンテンツマーケティングで成果を出すためのポイントを解説しました。不動産でのコンテンツマーケティングで成果を出すためには、どのような情報をユーザーが求めているのか分析した上で、質の高いコンテンツで情報提供することが重要です。不動産でのコンテンツマーケティングを成功させ、さらなる集客率アップを狙いましょう。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。
特に不動産業が強く、デジタルマーケティングを使って、不動産投資クラウドファンディングで25万人の会員・出資額50億円を1年間で集めたり、不動産投資の累計販売額は100億を記録する。

◆著書◆
日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」…第3刷
https://amzn.asia/d/4fMhaK8
自社サイトをコストで終わらせないために ウェブ解析士の事例発表集(47) Kindle版
https://amzn.asia/d/br065Wk

◆株式会社吉和の森◆
https://yoshikazunomori.com/

関連記事

最近の記事

  1. コラムページに新シリーズがスタート!『初級者のためのやさしくLookerStudioを説明する18回』の最初の5回分を追加しました。

  2. 第5回 :Looker StudioでGA4ダッシュボードを作成してみよう「ディメンションと指標をマスターしよう!」

  3. 第4回 :Looker StudioでGA4ダッシュボードを作成してみよう「表作成をマスターしよう!」

おすすめ記事

  1. 【4刷決定】書籍『日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」』

  2. 株式会社吉和の森 青森県DX総合窓口にサポートIT企業として参加

  3. 【メディア掲載】『東奥日報』10月4日(水)朝刊に、代表取締役 森和吉のインタビューが掲載されました(2023年10月4日)

おすすめ記事2

  1. 『DIGICON ACADEMY~デジタルマーケティング・コンサルタント養成塾~』の募集を4月20日(土)よりはじめました

  2. 『Googleビジネスプロフィール運用アドバイスメニュー』を4月8日(月)よりはじめました

  3. 森和吉のオンラインサロン【デジタルマーケティング塾】が1月8日にオープン

ピックアップ記事

  1. 第1回:LookerStudioでGA4ダッシュボードを作成しよう(LookerStudio概論 LookerStudioとは?)

  2. 第1回 Googleアナリティクス4(GA4)とは?

  3. デジタルマーケティングにおすすめ!東京の会社17選

カテゴリー

アーカイブ