不動産顧客管理におすすめのシステム20選|選ぶ際のポイントも紹介

③不動産のデジタルマーケティング ブログ

不動産顧客管理におすすめのシステム20選|選ぶ際のポイントも紹介

不動産会社が経営を円滑に進めるためには、適切な顧客管理が欠かせません。顧客管理はミスが起こりやすい業務であり、複雑な作業もあります。スムーズな顧客管理を行うためには、不動産顧客管理システムが必要です。本記事では、不動産顧客管理システムについて詳しく解説します。

不動産顧客管理システムの選び方

不動産管理システムを選ぶ際のポイントは以下の3つです。

  • 料金
  • 使いやすさ
  • 機能の充実度

それぞれ詳しく解説します。

料金

不動産管理システムの多くは月額制です。決められた額を払い続けなければいけないため、高額だと会社の経営を圧迫してしまうかもしれません。もちろん、自社に適したシステムを導入しなければいけないため、安ければ良いというわけではありません。

負担にならない程度の金額であるのが望ましいでしょう。金額と性能のバランスを考えた上で、導入するべきか検討するようにしてください。

使いやすさ

不動産管理システムは使いやすさも重要です。今まで不動産管理システムを使用したことのない会社は、使いづらいシステムだと従業員に受け入れてもらえないかもしれません。理解するまでに時間がかかるのもデメリットです。

直感的に操作がしやすいシステムを導入するようにしましょう。可能であれば導入する前にシステムを利用してみて、使いやすさをチェックすることが大切です。

機能の充実度

自社に必要な機能を有しているかも重要なポイントです。例えば、アパートやマンションの管理を行っている会社であれば、入居者の情報を一覧でチェックできる機能があるシステムが望ましいでしょう。

不動産顧客管理システムを導入する前に、自社の業務を洗い出してみてください。その中から時間がかかっている業務を円滑にしてくれるシステムを導入しましょう。

不動産顧客管理を行うメリット

不動産会社が顧客管理を行うメリットは以下の3つです。

  • 営業効率が上がる
  • 顧客のニーズを把握しやすくなる
  • 精度の高いアプローチが可能になる

それぞれ詳しく解説します。

営業効率が上がる

そもそもですが、営業活動はどれだけ利益に繋げられるかが大切です。闇雲に顧客に対して商談を持ちかけたり、アポを取ったりしても利益には繋がりません。

顧客管理を行えば、不動産に強く興味を示しているユーザーを把握しやすくなります。確度の高いユーザーにのみ営業活動を行うことで、営業効率を高めることが可能です。

顧客のニーズを把握しやすくなる

顧客管理によって集めた情報を分析することで、現在のニーズを把握しやすくなるのもポイントです。不動産であれば、一軒家よりも賃貸の方が需要が高い、駅から少し離れていても安い物件が求められやすいなど、どういった物件が求められているのかがわかります。

ニーズを把握すれば、需要の高い物件のみを取り扱うことも可能です。より魅力的な物件を揃えやすくなるでしょう。

精度の高いアプローチが可能になる

顧客それぞれの属性を理解することで、アプローチの精度が上がるのもポイントです。例えば、家族連れに対しては子供部屋が設けられている物件を紹介したり、大学生にはなるべく家賃の安いアパートを紹介したりといったアプローチ方法が考えられます。

ユーザーに喜んでもらいやすいアプローチがしやすくなるのも、顧客管理を行うメリットです。

不動産顧客管理システムおすすめ20選

不動産顧客管理システムには様々な種類があります。以下はその中でもおすすめの不動産管理システムです。

  1. いえらぶCLOUD
  2. みらいえ
  3. いい物件営業支援
  4. ラクアポ
  5. 不動産システム
  6. 楽楽販売
  7. ATBB顧客管理
  8. ESいい物件One
  9. 顧客管理
  10. 売買革命
  11. KASIKA
  12. NEOS
  13. PropoCloud
  14. Digima
  15. スモッカCRM
  16. ESいい物件One 賃貸
  17. 管顧客理 CRM
  18. ノマドクラウド
  19. カナリークラウド
  20. Taski

それぞれのシステムの特徴について解説するので、導入する際の参考にしてみてください。

1.いえらぶCLOUD

いえらぶCLOUDは不動産顧客管理システムの代表格ともいえるシステムであり、賃貸・売買・管理の全ての業務に対応しているのが特徴です。顧客管理による業務の効率化はもちろんですが、各ポータルサイトと連動することで売上アップを期待できるのも魅力といえます。

どのシステムを導入するか迷ったら、ぜひいえらぶCLOUDの導入を検討してみてください。

2.みらいえ

みらいえは不動産顧客管理システムの中で、HP制作機能を備えているのが特徴です。不動産のHPは物件の情報をこまめに更新しなければいけません。みらいえにはAIを使った入力アシスト機能が備わっているため、物件情報の更新がしやすいです。

HPの管理に悩んでいる方には、おすすめのシステムといえるでしょう。

3.いい物件営業支援

いい物件営業支援は、顧客とのコミュニケーションを一画面で管理できるシステムです。メールはもちろん、LINEのようなツールにも対応しているため、円滑にユーザーとコミュニケーションを取ることができます。

ウェブチャットにも対応しているため、顔を合わせたミーティングにも利用しやすいです。

4.ラクアポ

ラクアポは顧客管理機能の一環として、自動でHTMLメールを配信する機能を備えています。定期的にメール配信を行うことで、顧客の興味を別の会社に移すことなく、契約してもらえる可能性を高めることが可能です。

ユーザーが閲覧した物件をAIによってデータ化し、類似物件を自動で勧める機能も備わっています。

5.不動産システム

不動産システムには登録した顧客情報とあわせて、登録済み物件情報を関連させて管理する機能が備わっています。どの顧客がどの物件に興味を示しているかが把握しやすいシステムとなっており、精度の高いアプローチを行う際に役立つでしょう。

6.楽楽販売

楽楽販売は顧客管理システムの中でも、使いやすいのが特徴です。操作画面や設定、カスタマイズなどが複雑ではなく、感覚的に操作がしやすいため専門知識がなくても使うことができます。初めて顧客管理システムを導入する方にはおすすめといえるでしょう。

7.ATBB顧客管理

ATBB顧客管理は反響メールの取り込みを行い、自動で顧客情報を登録する機能が備わっています。自動返信メール機能によって、顧客の興味を他社に移すことなく、早期に対応することが可能です。

お客様サイトを設けているのも特徴であり、物件情報を顧客に提供しやすいため、成約率の向上が見込めます。

8.ESいい物件One

ESいい物件Oneは、空室の物件の集客業務をカバーしてくれるシステムです。顧客の管理はもちろん、これから入居を考えている方にもアプローチができるため、空室が多い賃貸物件のオーナーの方にはおすすめのシステムといえるでしょう。

9.顧客管理システム

顧客管理システムは、顧客管理機能の一環として、商談や営業活動の管理や日報管理などの機能が備わっています。顧客管理業務と並行して行わなければならない事務作業を大幅に簡略化できるのが特徴です。

システム上からアンケート用紙を出力して、記入してもらった情報を管理する機能も備わっています。それらの情報を元にして、より効果的なアプローチを行うことも可能です。

10.売買革命

売買革命は見込み顧客を成約に繋げるサポートを行っているシステムです。物件の管理はもちろん、見込み客の追客活動もシステム上で行えるため、顧客を逃す心配が少ないといえるでしょう。

顧客のランクに合わせた内容のメールを配信したり、物件情報を送付したりできるのも特徴です。

11.KASIKA

KASIKAは不動産販売に特化したマーケティングツールであり、問い合わせや資料請求をした顧客を自動で登録してくれます。顧客の登録作業は単純であるものの時間がかかるため、それを自動化できるのは大きなメリットといえるでしょう。

顧客別に行動履歴をチェックできるため、より効果の高いアプローチができるのも特徴です。

12.NEOS

NEOSは顧客管理機能に加えて、不動産に特化したホームページ制作機能を備えているのが特徴です。不動産会社において、物件情報を掲載できるホームページは欠かせません。紹介している物件が魅力的に見えるホームページを制作できるのが、NEOSの強みといえるでしょう。

13.PropoCloud

 PropoCloudはクラウド型のシステムであり、物件提案メールを自動で配信する機能が備わっています。メールの開封にかかる時間や紹介した物件に対する興味を数字化できるため、より精度の高い提案が可能です。

14.Digima

Digimaは不動産会社の営業支援に特化したシステムであり、顧客管理機能だけではなく、営業担当者と顧客のやり取りを時系列で記録しておく機能が備わっています。これによってお客様の関心や興味を把握しつつ、適切なアプローチを行うことが可能です。

担当者の引き継ぎがしやすいのもメリットといえるでしょう。複数の営業担当者が在籍している会社にとっては、メリットが大きいシステムです。

15.スモッカCRM

スモッカCRMは顧客管理機能が反響から契約までの全てのフローにおいて行えるのが特徴です。それぞれのフローで顧客管理が可能なため、より効果的な追客ができます。他にもタスク管理機能も備わっているため、業務効率化に役立つのも特徴です。

16.ESいい物件One 賃貸

ESいい物件Oneの賃貸版のサービスです。顧客管理機能はもちろん、追客機能も備えているため反響を逃しづらいです。物件を登録すれば、ポータルサイトや自社サイトにすぐに反映できるため、業務効率化にも繋がります。

17.管顧客理 CRM

管顧客理 CRMは賃貸不動産会社専用の顧客管理システムであり、営業担当者の追客状況を見える化しているのが特徴です。見込み顧客からの反響に対して適切なアプローチがしやすいシステムとなっているため、新規顧客の確保もしやすいといえるでしょう。

18.ノマドクラウド

ノマドクラウドは、IT企業が開発しているシステムであり、賃貸ポータルサイトからの反響を自動で取り込めるのが特徴です。入居希望者からの問い合わせや、反響が大きかった物件などを一元で管理して顧客管理を行えます。

入居希望者の情報を元にして、最適な物件を提案してくれる機能も備わっているため、契約率の向上も期待できるでしょう。

19.カナリークラウド

カナリークラウドは、不動産仲介業者向けの顧客管理システムです。機能性が豊富でありながら、操作性がシンプルで使いやすいため、初めて導入するシステムとしておすすめです。

ポータルサイトからの反響を取り込むことが可能であり、自動でメール返信ができるため、休日でも見込み顧客を契約に向けて誘導することができます。メールや電話などのやり取りを一元で管理できるのもカナリークラウドの強みです。

20.Taski

Taskiは賃貸仲介業者向けのシステムであり、メールの自動返信機能によって、スピーディな対応を実現し、見込み顧客が離れるのを防止できます。反響を管理できる機能も備わっているため、顧客からの問い合わせを見逃す可能性も少ないです。

顧客の情報をグラフや表で確認できるため、どういった特徴があるのかを把握しやすいのも魅力といえるでしょう。

不動産顧客管理システムを導入するなら「吉和の森」に相談!

不動産顧客管理システムを導入するなら、「吉和の森」にご相談ください。吉和の森ではIT技術を活用した不動産会社の業務効率化や営業支援などのサポートを行なっています。どのような顧客管理システムを導入すれば良いかアドバイスも行なっているため、顧客管理の方法に悩んだらぜひ「吉和の森」にお声がけください。

公式HPはこちら

不動産顧客管理システムを導入しよう

不動産顧客管理システムを導入すれば、今までよりもスムーズな顧客管理が可能になります。顧客に応じた適切なアプローチを行うことで、売上の向上も見込めるでしょう。ぜひ、本記事を参考に不動産顧客管理システムを導入してみてください。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。
特に不動産業が強く、デジタルマーケティングを使って、不動産投資クラウドファンディングで25万人の会員・出資額50億円を1年間で集めたり、不動産投資の累計販売額は100億を記録する。

◆著書◆
日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」…第3刷
https://amzn.asia/d/4fMhaK8
自社サイトをコストで終わらせないために ウェブ解析士の事例発表集(47) Kindle版
https://amzn.asia/d/br065Wk

◆株式会社吉和の森◆
https://yoshikazunomori.com/

関連記事

カテゴリー

アーカイブ