不動産屋になるにはどの資格が必要?独立する方法を紹介!

③不動産のデジタルマーケティング ブログ

不動産屋になるにはどの資格が必要?独立する方法を紹介!

不動産屋になるための方法がわからない方は多いでしょう。本記事では、ゼロから不動産屋を目指す際に取得しておいた方が良い資格や独立する方法について紹介します。不動産屋として働きたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

不動産屋になるには?

不動産屋になるには?

不動産屋になるには主に2つの方法があります。

  • 不動産会社に就職する
  • 独立開業する

それぞれ詳しく解説します。

不動産会社に就職する

最も簡単に不動産屋になる方法は、不動産会社への就職です。不動産会社への就職は建築学科を卒業していないと難しいと思われがちですが、必ずしも建築関連の知識が必要とは限りません。

詳しくは後述しますが、不動産業界には様々な職種があります。職種次第では、建築系の知識がなくても不動産会社に就職可能です。就職してから不動産関連の知識を身につけることもできます。

不動産会社は数多くあるため、求人サイトをチェックして未経験募集の求人はないか確認してみましょう。

独立開業する

不動産会社として独立する方法もあります。賃貸マンションやアパートを保有している場合は、その管理業務を行う会社を立ち上げるのがおすすめです。保有している不動産がない場合は、不動産仲介業を営む方法もあります。

しかし、不動産に関する知識が乏しいと独立開業しても失敗する可能性が高いです。多額の負債を抱える恐れもあるため、ゼロから不動産屋を目指すのであれば、先ほど紹介した不動産会社に就職をするのがおすすめです。

不動産屋になるには資格があると有利

不動産屋になるには資格があると有利

不動産会社に就職をする場合でも、スキルや知識がないと断られてしまう可能性があります。不動産屋になる確率を上げるためには、資格を取得するのがおすすめです。

  • 宅地建物取引士
  • マンション管理士
  • 宅地建物取引業免許
  • 不動産鑑定士

それぞれの資格について詳しく解説します。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は、不動産業界における代表的な資格であり、宅地や建物の売買・賃貸の契約を行う際に必要になります。多くの不動産会社では、宅地建物取引士の資格取得を推奨しているため、不動産会社に入社した後で取得しなければいけなくなる可能性が高いです。

不動産屋を目指すのであれば、取得しておいて損はない資格といえるでしょう。

マンション管理士

マンション管理士はマンションの管理や運営に関する知識を保有していることを証明する資格です。マンション管理士を取得している方は、マンション管理に関するアドバイスやサポートなどを主に行います。

不動産を保有しているものの管理の方法がわからないという方は少なくありません。そういった方の手助けができるのがマンション管理士と考えておきましょう。

宅地建物取引業免許

宅地建物取引業免許とは宅地建物取引業を営む際に必要となる資格です。不動産の売買や賃貸の仲介業務などで独立を考えている方は、宅地建物取引業免許の資格が必須になると考えておきましょう。

不動産会社に就職する際に必要になるケースはそれほど多くありません。しかし、大手の不動産会社で様々な事業所での勤務が想定される場合は、宅地建物取引業免許の取得が求められる可能性があります。

不動産鑑定士

不動産鑑定士は土地や建物の価格を査定するプロフェッショナルであることを証明する資格です。不動産鑑定士の独占業務として「不動産鑑定評価書」の作成があります。不動産取引に関する公的な手続きを行う際には必須となる書類であるため、不動産業界において不動産鑑定士の資格は重宝されるといえるでしょう。

一方で、不動産鑑定士の資格は他の資格と比べると難しいです。資格を取得したのにそれに見合った報酬で働けていないという声もあります。そのため、ゼロから不動産業界で働く方は、他の資格の取得を優先した方が良いでしょう。

不動産屋になるには資格を取得するのがおすすめ?

不動産屋になるには資格を取得するのがおすすめ?

不動産に関連する資格は、先ほど紹介したもの以外にも数多くあります。不動産屋になる際には、どれか1つでも良いので資格を取得しておくのがおすすめです。

資格を取得してもすぐに業務ができるようになるわけではありません。しかし、不動産に関する基礎的な知識は有していると判断されます。そのため、不動産会社に就職がしやすくなるのは間違いありません。

年齢や職歴などを理由に就職を断られる可能性も低くなります。ゼロから不動産会社で働こうと考えている方は、ぜひ資格の取得を目指してみてください。

不動産屋として独立する流れ

不動産屋として独立する流れ

不動産会社に就職する以外に、独立開業という形で不動産屋になる方法もあります。その際の流れは以下の通りです。

  • 経営形態を決める
  • 業種を決める
  • 開業資金の計算を行う
  • 事務所を確保する
  • 会社を設立する

それぞれ詳しく解説します。

経営形態を決める

まずは不動産屋の経営形態を決めます。経営形態には個人経営と法人経営の2種類があり、ゼロから不動産屋を開業する場合は個人経営になるケースが多いです。

しかし、法人経営の方が税率が低く社会的な信用も高いため、可能であれば法人経営で開業を行いましょう。

業種を決める

不動産業界には様々な業種があります。例えば、不動産の販売や買取や賃貸物件の管理などが挙げられます。

幅広い業種に手を出すことも可能ですが、中途半端な結果になりやすいです。独立する際には、注力する業種を1つ決めておくべきでしょう。

開業資金の計算を行う

開業資金としてどれくらいの費用が必要かを計算します。基本的に独立には多額の費用が必要です。不動産屋の場合は、取り扱う不動産を用意しなければいけません。そのため、数千万円から数億円の費用がかかる場合もあります。

もちろん、自社で不動産を保有しなければいけないわけではありません。オーナーと交渉をして代理人として販売する方法もあります。しかし、移動用の車を用意したり、パソコンや机などの備品が必要だったりと、費用がかかるのは間違いありません。

銀行からお金を借りなければいけない場合も多いため、開業資金の計算は必ず行っておきましょう。

事務所を確保する

不動産屋を営む際は、事務所が必要となります。お客様が来店することも考えて、ある程度利便性の良い場所を選ぶようにしましょう。

賃貸物件を事務所として借りる場合は、家賃にも注意しなければいけません。事務所にかかる費用は事業を続けていく上で負担になりやすい要素であるため、よく考えて選ぶようにしましょう。

会社を設立する

すべての準備が整ったら会社を設立して業務を開始します。最初は集客ができずに赤字が続く可能性が高いため、手元にある程度の資金を確保した状態で営業を始めるようにしましょう。

不動産業界の職種

不動産業界の職種

不動産会社に就職する場合は、職種についての理解が欠かせません。不動産業界には、主に以下のような職種が存在します。

  • 営業
  • 仕入れ
  • 管理
  • 事務

それぞれ詳しく解説します。

営業

営業は住宅やマンションなどの販売を行ったり、お客様に連れ添って物件を案内したりする仕事です。不動産業界の職種の中で、利益に直結する仕事となります。

不動産業界において欠かせない職種といえるでしょう。しかし、営業のスキルさえあれば、不動産に関する知識がなくても働きやすいという特徴もあります。他人と会話をするのが好きという方は、不動産の営業マンを目指してみるのも良いかもしれません。

仕入れ

営業マンが不動産を販売するためには、仕入れを行う必要があります。不動産を開発・建築している会社にかけあって、販売してもらうのが仕入れの仕事です。利益を出すためにはなるべく安く仕入れる必要があるため、営業マンと同じくコミュニケーション能力が必要といえるでしょう。

管理

アパートやマンションなどの管理を行い、家賃収入で利益を得るという方法もあります。主な仕事は入居者への対応になるため、アパートやマンションの1階に事務所を構えるケースも多いです。

住民同士でトラブルが起きた場合も対応しなければいけません。入居者がいない場合は、新規で入居者を募集する必要があります。対応しなければならない仕事は多いですが、毎月ある程度決まった金額が手に入るため、安定して稼ぎやすい職種ともいえるでしょう。

事務

事務と聞くと経理や人事などを思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、不動産業における事務とは契約事務や営業支援を指します。

契約事務とは不動産契約における書類の作成や、お客様への説明を行う仕事です。宅地建物取引士の資格がないと業務を行うことができないので注意しましょう。

営業支援とは広告を作成したり、来店したお客様の接客を行ったりする仕事です。もちろん、一般的な企業と同じく経理や人事を行う場合もあります。

不動産業界ならではの事務作業が存在することは理解しておきましょう。他社で事務員として働いた経験が活きる場合もありますが、基本的には不動産に関する専門的な知識が求められる仕事です。

不動産屋の集客なら「吉和の森」に相談!

不動産屋の集客なら「吉和の森」に相談!

不動産屋を開業しても集客が思うようにできないケースは多いです。不動産屋の集客に悩んだ際は、ぜひ『吉和の森』にご相談ください。『吉和の森』ではデジタルマーケティングを活用した不動産屋の集客を行っています。

不動産屋が集客できない原因の1つに、知名度の低さがあります。そもそも、不動産屋を営んでいることを知らない方が多いのかもしれません。多くの方に存在を認知してもらうためには、SNSを活用したデジタルマーケティングが重要となります。

デジタルマーケティングを自社独自で行うのは、専門的な知識が要求されるので難しいです。ぜひ『吉和の森』に相談してみてください。

不動産屋になるには資格の取得がおすすめ

不動産屋になるには資格の取得がおすすめ

不動産屋になるには資格を取得するのがおすすめです。しかし、資格を取得していなくても不動産に関する知識やノウハウがあれば、不動産屋を目指すことはできます。ぜひ、本記事を参考にして不動産屋を目指してみてください。

【監修】森 和吉

株式会社吉和の森 代表取締役
青森県八戸市出身。2019年11月、ライフワークとしてデジタル・マーケティングに携わり、人の役に立ちたいたいと思い起業。さまざまな業態・業種の事業案件を手掛けている。コンテンツ立ち上げ後の集客や運用、コンテンツを持っている事業者との「アライアンス業務」、「Webを使った集客」を強みとするウェブ解析士マスター、チーフSNSマネージャー、提案型ウェブアナリスト。
特に不動産業が強く、デジタルマーケティングを使って、不動産投資クラウドファンディングで25万人の会員・出資額50億円を1年間で集めたり、不動産投資の累計販売額は100億を記録する。

◆著書◆
日本一詳しいWeb集客術「デジタル・マーケティング超入門」…第3刷
https://amzn.asia/d/4fMhaK8
自社サイトをコストで終わらせないために ウェブ解析士の事例発表集(47) Kindle版
https://amzn.asia/d/br065Wk

◆株式会社吉和の森◆
https://yoshikazunomori.com/

関連記事

カテゴリー

アーカイブ