不動産投資クラウドファンディング

不動産BANKの魅力解説!不動産投資クラウドファンディング活用法【PR】

  • 再生回数:41
  •    

不動産BANKの魅力解説!不動産投資クラウドファンディング活用法【PR】

不動産BANKが魅力的に感じる、不動産投資クラウドファンディングのメリットと効果を解説!不動産投資を身近にする新時代の仕組みをご紹介します。

不動産BANKとは何か

『不動産BANK』というサービスはご存じでしょうか。

2022年11月1日にオープンされた、株式会社ファミリーコーポレーションが運用する不動産投資クラウドファンディングになります。
正直、不動産投資クラウドファンディングのサービスは多くなり、特徴を出すのは難しくなっています。

よくよく見ますと、似たような触れ込みが多いですよね。
その中で、ファミリーコーポレーションさんの特徴を出した面白いサービスになっています。

不動産BANK TOPページ

不動産BANK TOPページ

不動産BANKサイトより

不動産投資を始めたい方へのサービス提供

不動産投資、興味のある人は多いと思います。

イメージとしまして、大家さんになっての家賃収入ですからね。

不労所得です。

ただ、費用が掛かります、元手も必要です、未経験者にとって誰に相談したらいいかわかりません。

そして、ネットで調べてみると、ネガティブな意見もあります。

そんな時には、ローリターンになりますが、ローリスクではじめられる不動産投資クラウドファンディングをオススメしております。

不動産BANKの特徴とメリット

不動産BANKの運営は、株式会社ファミリーコーポレーションが行っております。

大手調査会社の調査によりますと、2019年度中古アパート販売実績No.1とのことです。

これは結構重要なことでして、不動産の用語で言うところの「出口」がしっかりしているということです。

「出口」というのは最後の投資した不動産の売却になります。

→不動産BANKに興味のある方はこちらより←

不動産投資クラウドファンディングとは何か

いきなり、この記事を見た方にとっては、不動産投資クラウドファンディングって何と思う方もいるかもしれません。

不動産投資クラウドファンディングについて、ご説明いたします。

不動産投資クラウドファンディングの仕組みとメリット

不動産投資クラウドファンディングとは、不動産に特化し、1口1万円から投資が可能になるものです。

数多くの不動産から投資家自身が、投資物件を選択することができます。

また、投資家自身が自ら投資ポートフォリオを組むことができます。

不動産投資クラウドファンディングは勝手にできるものではなく、国土交通省からの許認可が必要になります。

内情を知っているのでわかりますが、書類を持って行ってすぐ許認可を得られるものではなく、何回何十回も納得してもらうためのやり取りが必要になります。

クラウドファンディングでの不動産投資の可能性

通常の不動産投資ですと、自分で数千万数億円の予算を用意しなければなりません。

また、管理業務や空室管理の負担もあります。

売却を考えている場合は、売ってもらわなければなりません。

不動産投資クラウドファンディングは、物件を選択して、少ない元手で、極論ほったらかしで投資ができるというものです。

また、ネットで完結しますので、自分のタイミングでスマートフォンから気軽にはじめることができます。

スマートフォン対応で初心の方でもできますので、感覚的に操作できるUIになっています。

ローリスクで不動産投資を味わうことができます。

不動産BANKとクラウドファンディングの組み合わせの利点

不動産BANKとクラウドファンディングの組み合わせの利点

不動産BANKとクラウドファンディングの組み合わせの利点

ここでは不動産BANKの特徴を記していきます。
数多ある不動産投資クラウドファンディングから、なぜ不動産BANKをおすすめするかについてご説明します。

不動産BANKでの投資案件の多様性・特徴の解説

少額で投資可能・ネットで完結

これまでの不動産投資と違い、1口1万円から少額投資が可能ですので、投資初心者の方でも気軽に始めることができます。

申込や契約、分配金支払いなどの煩わしい契約実務がすべてオンライン上で完結します。

クリアな物件詳細情報

不動産投資において重要な判断基準となる、物件の所在地や立地環境はもちろん、豊富なデータや画像を用いて物件の詳細を開示しています。

豊富な情報の中から投資対象物件を選定し、納得した上で投資判断をすることが可能です。

年利6.0%超の利回りファンド

不動産BANKのファンドを見ると、利回りは6.0~8.0%となっています(2023年12月現在)。

個人的には、利回りが高くなると、先着に漏れたり、抽選に外れたりする確率も高くなり、また、実際問題、運用側も数字上大変になるのでどうなのかなと思う部分はありますが、同じ1万円を投資するならば、利回りは高い方がいいですよね。

首都圏の中古一棟不動産を取り扱う

この部分が不動産BANKの大きな特徴だと思います。

先ほど、利回りが年利6.0%を超えているという話をしましたが、ここに秘密があります。

中古一棟不動産を取り扱うということは、低価格で物件を購入でき、新築物件に比べ利回りが高く設定することができます。

また、賃貸物件の家賃は築20年で底を打つため、収益が悪化しづらくなります。

これは、売る時に価格が下がらない物件を、適切な価格で購入することで、資産価値を最大化することができます。

また、中古物件は減価しきっており、土地価格に近いためという背景もあります。

そして、首都圏の不動産を扱っているということは、賃貸の需要もあります。

首都圏(東京、千葉、埼玉、神奈川)は日本国内でも人口流入数が多く、今後の人口増加も見込まれるため、賃貸物件の需要は堅調に推移していくといわれています。

この賃貸需要の高さから、他の地域と比べて、家賃を高く設定することが可能となっています。

不動産投資クラウドファンディングの利点を活かした不動産投資の魅力

先ほども説明しましたが、ローリスクで気軽に投資できるということは、非常に大きなことです。

また、投資した後も手間はかかりませんので、ほったらかしで投資ができます。

これこそが、不動産投資クラウドファンディングの最大の魅力だと思います。

不動産BANKと不動産投資クラウドファンディングの成功事例

不動産BANKと不動産投資クラウドファンディングの成功事例

不動産BANKと不動産投資クラウドファンディングの成功事例

実際に利用した人々の体験談と成果~ファンドの確認

ここでは過去行われたファンドを振り返ってみます。

ファンド一覧に掲載されているものを記しています。

◆国分寺市1棟マンション

 2022年11月1日募集開始

 予定利回り:6.0%(年利)

 想定運用期間:12か月

 募集総額:¥36,000,000

 先着式/ファンド成立

◆鎌ヶ谷市1棟マンション

 2023年1月25日募集開始

 予定利回り:6.0%(年利)

 想定運用期間:10か月

 募集総額:¥36,000,000

 先着式/ファンド成立

◆船橋市1棟アパート

 2023年2月21日募集開始

 予定利回り:6.0%(年利)

 想定運用期間:12か月

 募集総額:¥25,000,000

 先着式/ファンド成立

◆平塚市1棟アパート

 2023年4月25日募集開始

 予定利回り:6.0%(年利)

 想定運用期間:約12か月

 募集総額:¥36,000,000

 先着式/ファンド成立

 ※Amazonギフト券キャンペーン開催

◆横浜市1棟アパート

 2023年6月9日募集開始

 予定利回り:6.0%(年利)

 想定運用期間:約12か月

 募集総額:¥67,000,000

 先着式/ファンド成立

 ※Amazonギフト券キャンペーン開催

◆船橋市1棟アパート

 2023年9月7日募集開始

 予定利回り:6.0%(年利)

 想定運用期間:12か月

 募集総額:¥39,000,000

 先着式/ファンド成立

◆松戸市1棟アパート

 2023年9月15日募集開始

 予定利回り:6.0%(年利)

 想定運用期間:12か月

 募集総額:¥83,000,000

 先着式/ファンド成立

 ※Amazonギフト券キャンペーン開催

◆川崎市1棟アパート

 2023年12月6日募集開始

 予定利回り:6.0%(年利)

 想定運用期間:12か月

 募集総額:¥25,000,000

 先着式/ファンド成立

 ※Amazonギフト券キャンペーン開催

2022年11月からサイトでのファンド募集をスタートして、全てファンド成立になっているのはすごいと思います。

また、コンスタントにファンドの組成も行っていますね。

着実に運用もしております。

キャンペーンも開催していたりと、不動産BANKの本気度が伝わってきます。

不動産BANKとクラウドファンディングの相乗効果の実例

不動産BANKが選ばれる4つの理由があります。

①分配利回りが6.0%以上で、銀行預金の6,000倍

銀行普通預貯金の金利は通常0.001%です。100万円投資の場合、不動産BANK=6万円、銀行預金=10円となり、その差はなんと6,000倍になります。

②資産価値が落ちにくく、安定した収益が見込める

株やREIT(不動産投資信託)のように上場しておらず、日々の値動きを心配する必要はありません。土地価格に近い中古不動産を取り扱っているため、資産価値が落ちにくいです。

③手間なく手軽に、1口1万円から始められる

通常の不動産投資は初期費用が高く、銀行の融資が必要となり、ハードルが高いです。不動産BANKであれば、1口1万円から不動産投資に手軽に取り組むことができます。

④安全性を高め、リスクを抑える仕組み

優先劣後構造による元本の安全性に配慮しています。さらに、投資委員会で決議された案件のみご紹介しています。お客様の未出資金をより安全に管理するために、信託銀行へ分別管理しています。

不動産BANKに興味のある方はこちらより

まとめ~不動産投資クラウドファンディング運用経験者からの目線

筆者は不動産投資クラウドファンディング黎明期から運用とシステム・集客に携わっていました。
その目線からワンポイントメッセージになります。

不動産投資クラウドファンディングのウリは「手間なく手軽に1口〇万円の少額投資からできる」「リスクを抑えます」というのは、各事業者さんで共通のものになっています。

プレスして、その事業者さんの特徴をどう出すかというのが試行錯誤している部分です。

正直、これがなかったり、無理矢理取ってつけた場合とあります。

『不動産BANK』は、「首都圏の中古不動産を扱うため、年利6%が可能となっている」「首都圏は人口流入数が多く、今後も人口増加が見込まれるため、賃貸需要が高く、家賃を高く設定することができる」、この2つは強力なウリではと思っています。

うまく自社の強みを使っている、今後が楽しみな不動産投資クラウドファンディングです。

個人的には、不動産BANKのファビコン(→「産」の字にしている)が好きです。

不動産BANK_ファビコン

不動産BANK_ファビコン

→不動産BANKのサイトはこちらから←
~より深い情報が見られます~