資産運用

資産運用に潜む5つの落とし穴

今のままの昇給ペースやほとんど金利の付かない預金では将来に不安があることから、投資を始めようと思っている人、あるいは始めてみたという人もいることでしょう。しかし、投資に成功した人の話を見聞きして投資を始めた人は、儲かったときのことしかイメージできていない場合があります。ここに投資の落とし穴があります。投資にもさまざまな種類がありますが、今回は投資の代表ともいえる株式投資で失敗するパターンを考え、注意すべき点について確認しておきましょう。

投資の5つの失敗・落とし穴を知ろう

株式投資をする時には今からお伝えする5つの失敗について考えてみましょう。失敗を意識すれば、あらかじめ対策をすることもできます。

一ヵ所に大きく投資してしまう失敗

初心者にありがちな失敗が、一ヵ所に集中して投資してしまうことです。株式投資でいえば、1銘柄に投資資金を全額投入してしまうということになります。たまたま、その銘柄の株価が上昇していけば良いのですが、下落した場合は大きな損失が生じます。

株を買うときに株価が上がることしか考えていない人は、下がったときの対処法を決めていないかもしれません。また、1つの銘柄に集中投資してしまうと、自分の失敗を認めたくないなどの心理から、すぐに持ち直すだろう、と期待をしてしまう人もいます。そうすれば、損切りできずに損害を大きくすることになります。

相場の変化に一喜一憂する失敗

資金を1つの銘柄に集中させたり、生活に影響したりするような余裕のない資金で投資をしていると、心にも余裕がないため相場の変化に振り回され短期の売買を繰り返してしまうかもしれません。

また、損切り回数が増えることにより売買手数料がかさみます。わずかな上昇でもすぐに売却して次の銘柄を購入するといったことを繰り返していくうちに損失が増える可能性が高まります。そうすれば、さらに焦ってしまい、ますます短期売買を続けることになります。

このような売買姿勢は投資をマネーゲーム化してしまい、株価がわずかに動いただけですぐに現金化するという方向へつながるので注意が必要です。

周りに煽られて手を出す失敗

株式投資を始めるきっかけは、「まわりに株式投資を始めた人が増えた」「儲けたという話を聞いた」、あるいは、テレビや新聞で株価の調子が良いという報道に触れたときが多いようです。しかし、このような報道が行われるときにはすでに株価が上がっています。そのため、株式投資初心者が高掴みして、その後株価が下落して損してしまう可能性が高まります。

これは参入のタイミングが悪いということになります。株式投資を始めるときに、そのことを知っているかいないかの差は大きいでしょう。

投資をギャンブルと考える失敗

その企業の事業内容や経営状態、あるいはその企業が参加している市場のことなどを自分で調べることもなく、なんとなく上がりそうだとか、たまたま社名を知っているなどという無根拠な投資は避けるようにしたいものです。

株価が上がったり下がったりしても、その値動きの理由がわからないため、たとえ、一時的に利益が出てもそれは単なるギャンブルであり、結局損するまで続けることになります。

余裕を持たずに投資する失敗

まわりの成功談にあおられて、資金作りから始めることをせずに生活資金を投資に回してしまうと、失敗は許されないという心理的に追い詰められた状態になります。そのため、冷静に情報を分析して投資したり、淡々と損切りのルールを守ることができなくなります。

また、株で出した損は株で取り返すというように意地をはって、冷静な投資活動が難しくなる可能性も秘めています。

知識と冷静な心で堅実な資産運用を

投資をいたずらに怖がる必要はありませんが、失敗するパターンを肝に銘じておくことで、より堅実な資産運用を実現しやすくなります。投資の基本は、投資先の分散と投資タイミングの分散によりリスクを小さくすることです。また、目先の値動きに振り回されない知識と冷静さも必要です。

そして、最も注意しなければならないのは、投資は生活費に影響しない余裕のある資金で行うということです。これらのことを心がけることで、より堅実な投資が可能となるでしょう。